4代目トヨタ・プリウス、米国で世界初公開

2015.09.09 自動車ニュース
「トヨタ・プリウス」
「トヨタ・プリウス」

4代目「トヨタ・プリウス」、アメリカ国内で世界初公開

トヨタ自動車は2015年9月8日、ハイブリッドカー「プリウス」の新型を、米国ネバダ州ラスベガスで世界初公開した。

トヨタが推進する新しいクルマづくりの方針「Toyota New Global Architecture」(関連ニュース)を基に開発された、4代目プリウス。2015年の年末に日本で発売、世界各国にも順次展開される予定だが、その姿は、まずアメリカ国内で披露された。

エクステリアは、これまでの“トライアングルシルエット”を継承しつつ、先進的でエモーショナルなデザインを追求したというもの。ルーフやエンジンフードの位置をこれまでより低く抑えることで、一段とスタイリッシュなシルエットを実現したとアピールされる。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4540×1760×1470mm。現行型(3代目)に比べて60mm長く、15mm幅広く、20mm低い。ホイールベースは変わらず、2700mmとなっている。

インテリアは、機能性と美しさの両立が目指された、ワイドなインストゥルメントパネルが特徴。その下部は、磁器を思わせるプレミアムホワイトのオーナメントで飾られる。

技術的なハイライトとしては、「熱効率を40%以上に高めたエンジン」「小型軽量化されたモーターやバッテリー」などが挙げられる。
優れた燃費性能を実現したのはもちろんのこと、ボディー剛性の強化やパワートレインの低配置化などにも取り組み、操縦安定性と乗り心地を向上させたという。

安全面では、ミリ波レーダーと単眼カメラを使った「歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティー」を含む、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が採用されている。

(webCG)

→新型プリウスのフォトギャラリーはこちら
 

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記