シトロエンC5ツアラー ファイナルエディション(FF/6AT)

たまらなく いとおしい 2015.11.02 試乗記 ハイドラクティブサスペンションを搭載する最後のモデル「C5ツアラー ファイナルエディション」に試乗。シトロエン独自の油圧サスペンションシステムがもたらす、乗り心地の妙味を報告する。

もう新車では買えない!?

シトロエンの“ハイドロ”の歴史がもうすぐ終わる。ここでいうハイドロとはシトロエンマニアのかたがたが使う俗称であり、1955年の「シトロエンDS」で初登場した“ハイドロニューマチック”と、89年の「XM」からの電子制御版“ハイドラクティブ”を合わせた総称の意味をもつ。

現行のハイドロ・シトロエンは「C5」だけだが、その次期モデル、および今後の新型シトロエンのいずれにも、ハイドロが搭載されないことが、公式にアナウンスされたのだ。
欧州では現在もC5(のディーゼルモデル)が販売中であるものの、日本仕様の生産はすでに終了。その日本向け最終ロットを特別装備の「ファイナルエディション」として、セダンとワゴン(ツアラー)でそれぞれ30台ずつ、計60台が売り出された。

聞くところでは、インポーターのプジョー・シトロエン・ジャポンにファイナルエディションの在庫はすでにない。ディーラーの市中在庫を公式に確認するすべはないが、発売時期(2015年5月19日)やネットの書き込みなどを見ると、完売した可能性が高い。つまり、日本ではもうC5正規モデルの新車を購入することはできず、日本におけるハイドロの歴史はすでに終わった……ということになる。

ちなみに、今回の試乗車となったファイナルエディションは、従来の上級グレード「エクスクルーシブ」をベースに18インチホイール(本来は17インチ)を履かせたもの。外板色には人気のメタリック/パールカラーの2種類あり、延長保証2年プランがオマケについた。メタリック/パールカラーと延長保証で、合計で約22万~25万円相当のオマケがついて、セダンで480万円、ツアラーで502万5000円というファイナルエディションの価格は、従来のエクスクルーシブより10万6000円も安かった。……という説明をしたところで、シツコイようだが、もう買うことはできない。

今回のテスト車は、日本向けの「シトロエンC5」が生産終了となるのに伴って設定された限定モデル。セダンとワゴンのうち、後者に試乗した。
今回のテスト車は、日本向けの「シトロエンC5」が生産終了となるのに伴って設定された限定モデル。セダンとワゴンのうち、後者に試乗した。
「C5ツアラー ファイナルエディション」の運転席まわり。ステアリングホイールは本革巻きになっている。
「C5ツアラー ファイナルエディション」の運転席まわり。ステアリングホイールは本革巻きになっている。
シートは本革仕立てとなる。基本的な電動調節機構に加えて、背もたれ上部の角度調節機能も備わる。
シートは本革仕立てとなる。基本的な電動調節機構に加えて、背もたれ上部の角度調節機能も備わる。
荷室の容量は、標準状態で505リッター。6:4分割可倒式の後席(ダブルフォールディング機構付き)を倒すことで、最大1462リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は、標準状態で505リッター。6:4分割可倒式の後席(ダブルフォールディング機構付き)を倒すことで、最大1462リッターにまで拡大できる。(写真をクリックすると、荷室のアレンジが見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C5ツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る