スバルから小型クロスオーバーのコンセプト【ジュネーブショー2016】

2016.03.01 自動車ニュース
「スバルXVコンセプト」

【ジュネーブショー2016】スバルから小型クロスオーバーのコンセプト

富士重工業は2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~3月13日)において「スバルXVコンセプト」を世界初公開した。

 

XVコンセプトは、スバルの新しいデザインテーマ「ダイナミック×ソリッド」を取り入れたクロスオーバータイプのコンセプトカーであり、ダイナミックかつソリッドな面構成や躍動感あふれるキャラクターラインなどを特徴としている。

また、優れた空力性能を追求するとともに、クロスオーバーモデルに求められる十分なロードクリアランスや荷室スペースを確保するなど、機能性についても考慮されている。

ボディーカラーは、氷河を想起させるブルーグレーを基調とした専用色の「グレイシャーカーキ・シリカ」。フロントバンパーからホイールアーチ、サイドシル、リアバンパーへとつながるマットブラックのクラッディングに加え、フロントグリル、前後バンパー、アルミホイール、ルーフレールにはオレンジのアクセントカラーが用いられている。

【主な仕様】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1920×1570mm
ホイールベース: 2670mm
タイヤサイズ:245/50R19
乗車定員:5名
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。