ルノー、RRとなった新型「トゥインゴ」を日本に導入

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ インテンス」
「ルノー・トゥインゴ インテンス」

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」の日本導入を発表した。同年9月15日に販売を開始する。

「インテンス キャンバストップ」
「インテンス キャンバストップ」
新型「トゥインゴ」のインストゥルメントパネルまわり。
新型「トゥインゴ」のインストゥルメントパネルまわり。
新型「トゥインゴ」のエクステリア。
新型「トゥインゴ」のエクステリア。

■日本仕様は0.9リッターターボ+6段EDCの組み合わせ

トゥインゴは、ルノーのエントリーモデルを担うAセグメントコンパクトである。今回導入される新型は3代目のモデルにあたり、2014年3月のジュネーブショーで世界初公開され、日本では2015年10月の東京モーターショーで初披露された。実用車の多くがFFの駆動方式を採用している中で、基本設計を同じくする「スマート・フォーフォー」と同じく、リアにエンジンを搭載し後輪を駆動する、RRの駆動方式を用いている点が大きな特徴となっている。

日本仕様のボディーサイズは全長×全幅×全高=3620×1650×1545mmで、ホイールベースは2490mm。エンジンは排気量0.9リッターの直3 DOHC ターボで、最高出力90ps(66kW)/5500rpm、最大トルク13.8kgm(135Nm)/2500rpmを発生。トランスミッションには6段EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)と呼ばれるデュアルクラッチ式ATが採用される。

グレードは「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」の2種類。ボディーカラーは「ブルー ドラジェ」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレール」「ブルー メディテラネM」「カプチーノM」「ブラン クリスタル」の全6色で、メタリックカラー(末尾にMと付いているもの)は3万2400円の有償色となる。インテリアには、これらのボディーカラーに合わせて「ブルー」「ルージュ」「ブラン」の3色の装飾パーツ、シートカラーが組み合わされる。

ハンドル位置は右。価格は以下の通り。
・インテンス:189万円
・インテンス キャンバストップ:199万円

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』に2つの限定モデル」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記