ルノー、RRとなった新型「トゥインゴ」を日本に導入

2016.07.13 自動車ニュース
「ルノー・トゥインゴ インテンス」
「ルノー・トゥインゴ インテンス」 拡大

ルノー・ジャポンは2016年7月13日、新型「トゥインゴ」の日本導入を発表した。同年9月15日に販売を開始する。

「インテンス キャンバストップ」
「インテンス キャンバストップ」 拡大
新型「トゥインゴ」のインストゥルメントパネルまわり。
新型「トゥインゴ」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
新型「トゥインゴ」のエクステリア。
新型「トゥインゴ」のエクステリア。 拡大

■日本仕様は0.9リッターターボ+6段EDCの組み合わせ

トゥインゴは、ルノーのエントリーモデルを担うAセグメントコンパクトである。今回導入される新型は3代目のモデルにあたり、2014年3月のジュネーブショーで世界初公開され、日本では2015年10月の東京モーターショーで初披露された。実用車の多くがFFの駆動方式を採用している中で、基本設計を同じくする「スマート・フォーフォー」と同じく、リアにエンジンを搭載し後輪を駆動する、RRの駆動方式を用いている点が大きな特徴となっている。

日本仕様のボディーサイズは全長×全幅×全高=3620×1650×1545mmで、ホイールベースは2490mm。エンジンは排気量0.9リッターの直3 DOHC ターボで、最高出力90ps(66kW)/5500rpm、最大トルク13.8kgm(135Nm)/2500rpmを発生。トランスミッションには6段EDC(エフィシェントデュアルクラッチ)と呼ばれるデュアルクラッチ式ATが採用される。

グレードは「インテンス」と「インテンス キャンバストップ」の2種類。ボディーカラーは「ブルー ドラジェ」「ルージュ フラムM」「ジョン エクレール」「ブルー メディテラネM」「カプチーノM」「ブラン クリスタル」の全6色で、メタリックカラー(末尾にMと付いているもの)は3万2400円の有償色となる。インテリアには、これらのボディーカラーに合わせて「ブルー」「ルージュ」「ブラン」の3色の装飾パーツ、シートカラーが組み合わされる。

ハンドル位置は右。価格は以下の通り。
・インテンス:189万円
・インテンス キャンバストップ:199万円

(webCG)

→関連記事「新型『トゥインゴ』に見るルノーの日本戦略」
→新型「ルノー・トゥインゴ」の実車を写真で紹介
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』に2つの限定モデル」
→新型「トゥインゴ」のより詳しい画像はこちら
→関連記事「新型『ルノー・トゥインゴ』発表会の会場から」

関連キーワード:
トゥインゴルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • 第99回:同業者最速(!?)ジムニー試乗 2018.7.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第99回は「同業者最速(!?)ジムニー試乗」。“チビGクラス”と注目の新型「ジムニー」に、ディーラーでいち早く試乗! カッコは? 乗り心地は? 乗り出し価格は? 気になる4AT仕様をチョイ乗りリポートする。 
  • スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ【開発者インタビュー】 2018.7.5 試乗記 実に20年ぶりのフルモデルチェンジによって登場した、4代目となる新型「ジムニー」と新型「ジムニーシエラ」。ラダーフレーム、副変速機、パートタイム4WDという“伝統”をつらぬいた新型に込めた思いを、チーフエンジニアが語った。
ホームへ戻る