ダイハツ、「タント」を改良し安全性を強化

2016.11.30 自動車ニュース
「ダイハツ・タントX“SA III”
「ダイハツ・タントX“SA III”」

ダイハツ工業は2016年11月30日、軽乗用車「タント」に一部仕様装備の変更を実施し、販売を開始した。

「タントカスタムRS“トップエディションSA III”
「タントカスタムRS“トップエディションSA III”」
ダイハツ車としては初めて、オートハイビームが搭載された。
ダイハツ車としては初めて、オートハイビームが搭載された。

新開発のスマートアシストIIIを搭載

今回の改良では、安全性能については新開発の衝突回避支援システム「スマートアシストIII」や、ダイハツ初のオートハイビーム、および死角となる左右後方の障害物を検知してドライバーに警告するコーナーセンサー(リア2個)が搭載された。また、使い勝手の改善については、パワースライドドアの予約ロック機能や、すでに「ムーヴ」や「キャスト」で採用しているD assist切り替えステアリングスイッチ」などが採用された。

スマートアシストIIIとは、「スマートアシストII」をより進化させた衝突回避支援システム。フロントガラス上部に設置された世界最小サイズの小型ステレオカメラが、前方の車両や歩行者を検知し、危険を認識した場合には衝突回避支援ブレーキが作動する。作動速度域がスマートアシストIIの約4~50km/hから、約4~80km/h(対歩行者は約4~50km/h)に引き上げられており、危険と認識した車両・歩行者との相対速度差も、約4~20km/hから約4~30km/hへと向上している。また、車両が危険を認識した際に、ドライバーによるブレーキの踏み込みがあった場合には、強力なブレーキアシストが作動することで衝突回避・被害軽減を実現する「被害軽減ブレーキアシスト」システムも追加されている。

価格は「L」(FF)の122万0400円から、「カスタムRS“トップエディションSAIII”」(4WD)の187万3800円まで。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る