日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)

刺激がタップリ 2017.02.04 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。

外観よりもシャシーに注目

日産ノートe-POWERは2016年11月に実施されたノートのマイナーチェンジ(日産自身によると一部仕様向上)に合わせて追加されたバリエーションだが、そのときはe-POWERの登場に加えて、外観デザインの刷新も大きなテーマだった。

日産の最新デザイン記号(=Vモーショングリル)による新しいフロントデザインが最大のキモだが、純正カスタム業者のオーテックジャパンがそれを逆手にとって(?)発売したのが、このモード・プレミアだ。

モード・プレミアのフェイスはあえて従来のオリジナルデザインをベースにしている。ノートにVモーションを違和感なく溶け込ませたデザインもさすがの職人仕事だが、ノートのプロポーションはそもそも旧フェイスを前提に構築されているだけに、やっぱりオリジナルフェイスはおさまりがいい。オーテックジャパン自身も「新しいデザインになじめないお客さまに……」と主張。さすが抜け目ない。

モード・プレミアは基本的に純粋な内外装ドレスアップモデルなのだが、e-POWERのモード・プレミア限定で、なんともマニアックなオプションが用意されることは知っておくべきだろう。今回の試乗車にも装着されていたそのマニアックなオプションとは、8万6400円で装着できる「ツーリングパッケージ」である。

専用16インチホイールと専用タイヤ、サスペンション/車体補強/パワーステアリングと全面にわたって専用のシャシー、そして「ファインレスポンスVCM(Vehicle Control Module)」というパワートレインの専用プログラムが、その構成内容だ。
ツーリングパッケージの構成部品は、同じくオーテックジャパンが架装を担当する「ノートe-POWER NISMO」とすべて共通という。つまり、このクルマは“見た目はモード・プレミア、走りはまんまNISMO”というわけで、なんともシブいマニア物件なのである。

「日産ノート」をベースに、オーテックジャパンがカスタマイズを施した「ノート モード・プレミア」は、2016年12月12日に発売された。今回はそのうち、「e-POWER」搭載車に試乗した。
「日産ノート」をベースに、オーテックジャパンがカスタマイズを施した「ノート モード・プレミア」は、2016年12月12日に発売された。今回はそのうち、「e-POWER」搭載車に試乗した。
「モード・プレミア」には、高級感を意識したドレスアップが施される。リアのバックドアには、オリジナルエンブレムも備わる。
「モード・プレミア」には、高級感を意識したドレスアップが施される。リアのバックドアには、オリジナルエンブレムも備わる。
オプションで用意される「ツーリングパッケージ」の装着イメージ。図の赤い部分(フロントクロスバー、前後サスペンションのメンバーステー、センタートンネルステーほか)が補強されるほか、専用の16インチアルミホイールやチューニングサスペンションが装着される。(画像=日産自動車)
オプションで用意される「ツーリングパッケージ」の装着イメージ。図の赤い部分(フロントクロスバー、前後サスペンションのメンバーステー、センタートンネルステーほか)が補強されるほか、専用の16インチアルミホイールやチューニングサスペンションが装着される。(画像=日産自動車)
「ノート モード・プレミア」の16インチアルミホイール。切削光輝仕上げの専用デザインとなっている。テスト車のタイヤは、195/55R16サイズの「ヨコハマDNA S.drive」。
「ノート モード・プレミア」の16インチアルミホイール。切削光輝仕上げの専用デザインとなっている。テスト車のタイヤは、195/55R16サイズの「ヨコハマDNA S.drive」。
関連記事 ホームへ戻る