【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表

2017.02.17 自動車ニュース
「フェラーリ812スーパーファスト」
「フェラーリ812スーパーファスト」

伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像
 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像
 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像
 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像

最高出力は800psへ

外装デザインはフェラーリ社内のスタイリングセンターが手掛けた。シルエットはF12ベルリネッタの進化形ともいえるもので、古くは「365GTB/4(デイトナ)」に通じるハイテールの2ボックススタイルをとる。

ボディーは空力性能の点でも進化を遂げており、フロント部にはアクティブフラップ、側面の後方にはダウンフォースを生み出すエアロダイナミックバイパスなどが設けられている。

フェラーリの70周年を記念した特別なボディーカラー「ロッソ・セッタンタ」(70周年レッドの意)に塗られてデビューする。

エンジンには6.5リッターV12自然吸気ユニットが用いられている。350バールの噴射圧を実現した直噴の燃料噴射システムや可変インテークシステムなどが採用され、800ps(588kW)/8000rpmの最高出力と、73.2kgm(718Nm)/7000rpmの最大トルクを誇る。3500rpmで最大トルクの80%以上を生み出す設定になっており、低回転域におけるドライバビリティー(運転のしやすさ)とピックアップの改善を狙った。

それらに加えて、フェラーリ初の電動アシスト式ステアリングを採用する。これを車両の挙動を電子制御するサイドスリップ・アングル・コントロール(SSC)の最新バージョン5.0と統合させて、より高いレベルの制御を目指した。また、後輪操舵機構のバーチャル・ショートホイールベース2.0システムを採用し、機敏なハンドリングを実現した。

同車の主要諸元は次のとおり。

全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/乾燥車重=1525kg(軽量オプション装着の場合)/重量配分=前47:後ろ53/エンジン=6.5リッター 65度V12(800ps/8000rpm、73.2kgm/7000rpm)/燃費=14.9リッター/100km(約6.7km/リッター、欧州複合サイクル)/最高速=340km/h以上/0-100km/h加速=2.9秒

(webCG)

→「フェラーリ812スーパーファスト」の詳しい写真はこちら。
→「ジュネーブショー2017」の記事一覧はこちら。
 

関連キーワード:
812スーパーファストフェラーリモーターショージュネーブモーターショー2017自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記