第36回:カーマニア人生劇場
ある激安中古車専門店オーナーの夢(その2)

2017.04.11 カーマニア人間国宝への道

まるで廃車置き場

(その1)からのつづき
リュウの店に対する私の第一印象は、「廃車置き場?」だった。

場所は国道のバイパス沿いだが、周囲に建物はまばらで、空がやたら広い。敷地の周囲は枯れたアシで囲まれており、よく見ると天然の水路が敷地の周囲を半周し、国土交通省の「大雨時 冠水注意」という標識も立っている。

「2~3年前だったかなぁ。敷地が水びたしになって、クルマが半分くらいダメになりました。でも、ここから動くつもりは全然ないです」

考えてみれば、原価5万円のクルマが25台水没しても、被害は125万円。いわゆる普通の中古車1台分にしかならない。損害は軽微である。

建物が建てられず、大雨の時は冠水する。実は住所すらないという。そんな土地だからこそ、これだけの広さで地代が月数万円なのだ。

在庫車は、軽が約3分の2を占める。普通車も小型車が大部分。つまりほとんどハッチバック車だ。

そしてなぜか、リアハッチを開けているクルマが多かった。虫干しだろうか。

「いや、こうしておかないと、廃車置き場と間違えられるんで。営業してますよーという合図みたいなものです」

お客さんから「これからそっちへ行く」という連絡が入って待っていても、ここが店だとわからずに、通り過ぎてしまうことも多いという。

一見するとリュウ氏の店は「廃車置き場」のようだ。
一見するとリュウ氏の店は「廃車置き場」のようだ。
冠水の危険があるため、土地の賃貸料は激安。
冠水の危険があるため、土地の賃貸料は激安。
リアハッチを開けているのは、“虫干し”ではなく、“営業中”のアピールだった!
リアハッチを開けているのは、“虫干し”ではなく、“営業中”のアピールだった!
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事