走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場

2017.05.24 自動車ニュース
「スバルWRX STI」
「スバルWRX STI」拡大

スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。

ダークガンメタリック塗装を施した19インチアルミホイールは、グレードにより、標準装備またはオプションとして用意される。
ダークガンメタリック塗装を施した19インチアルミホイールは、グレードにより、標準装備またはオプションとして用意される。拡大
運転席&助手席8ウェイパワーシート付きの、レカロ製フロントシート。
運転席&助手席8ウェイパワーシート付きの、レカロ製フロントシート。拡大
 
走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場の画像拡大
 
走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場の画像拡大

今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDを採用し、車両のハンドリング性能を向上。さらに、新開発のブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキや19インチアルミホイール&タイヤでコーナリングの限界性能を高めつつ、サスペンションの設定を最適化させ、操縦安定性とフラットな乗り心地を両立させたという。

ステアリング連動ヘッドランプや、前方視界の確認をサポートするフロントビューモニター、アウトドアライフをより充実させるルーフキャリアブラケットも搭載。安全性能と実用性も強化した。内外装のデザイン刷新もセリングポイントとなっている。

具体的な変更点は、以下の通り。

  • 新デザインのフロントバンパー
  • 19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19タイヤ
  • インストゥルメントパネル部の加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
  • 運転席&助手席8ウェイパワーシート付きレカロ製フロントシート(レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)
  • レッドカラーシートベルト
  • マルチファンクションディスプレイ(高精彩9インチ大型カラー液晶)
  • ディーラー装着オプションとして、8インチモニターのナビゲーションシステムを設定
  • 新電子制御マルチモードDCCD
  • ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ピストン/2ピストン式キャリパー<イエロー塗装、STIロゴ入り>)
  • サスペンション設定の最適化
  •  LED2灯ハイビーム&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
  • フロントビューモニター
  • ルーフキャリアブラケット

エンジンのアウトプット(最高出力308ps、最大トルク422Nm)や燃費値(JC08モードで9.4km/リッター)については、変更はない。

価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、WRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。

(webCG)

関連キーワード:
WRX STIスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • 「スバルWRX STI」にコンプリートカー「タイプRA-R」が登場 2018.7.19 自動車ニュース 「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「タイプRA-R」が500台限定で登場。STIの創立30周年を祝う記念モデルで、最高出力を329psに高めたEJ20型エンジンの採用や、装備を簡素化してまでの軽量化などを通して車両運動性能が高められている。
  • 日本が生んだ孤高のサルーン
    新型「センチュリー」はここがすごい!
    2018.8.10 デイリーコラム 2018年7月、3代目となる新型「トヨタ・センチュリー」の車両説明会が開かれた。脈々と作られてきた国内専用ショーファードリブンカーの、ほかの高級車では得がたい魅力とは何か? 試乗した印象も含めてリポートする。
  • トライアンフ・スピードトリプルRS(MR/6MT)【レビュー】 2018.7.31 試乗記 “ストリートファイター”と呼ばれるジャンルを切り開いた、トライアンフのネイキッドバイク「スピードトリプル」。そのパフォーマンスを一段と高めた「スピードトリプルRS」は、幅広いライダーを楽しませる懐の深いモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る