走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場

2017.05.24 自動車ニュース
「スバルWRX STI」
「スバルWRX STI」拡大

スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。

ダークガンメタリック塗装を施した19インチアルミホイールは、グレードにより、標準装備またはオプションとして用意される。
ダークガンメタリック塗装を施した19インチアルミホイールは、グレードにより、標準装備またはオプションとして用意される。拡大
運転席&助手席8ウェイパワーシート付きの、レカロ製フロントシート。
運転席&助手席8ウェイパワーシート付きの、レカロ製フロントシート。拡大
 
走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場の画像拡大
 
走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場の画像拡大

今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDを採用し、車両のハンドリング性能を向上。さらに、新開発のブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキや19インチアルミホイール&タイヤでコーナリングの限界性能を高めつつ、サスペンションの設定を最適化させ、操縦安定性とフラットな乗り心地を両立させたという。

ステアリング連動ヘッドランプや、前方視界の確認をサポートするフロントビューモニター、アウトドアライフをより充実させるルーフキャリアブラケットも搭載。安全性能と実用性も強化した。内外装のデザイン刷新もセリングポイントとなっている。

具体的な変更点は、以下の通り。

  • 新デザインのフロントバンパー
  • 19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19タイヤ
  • インストゥルメントパネル部の加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
  • 運転席&助手席8ウェイパワーシート付きレカロ製フロントシート(レッドステッチ+レッドアクセント+STIロゴ入り)
  • レッドカラーシートベルト
  • マルチファンクションディスプレイ(高精彩9インチ大型カラー液晶)
  • ディーラー装着オプションとして、8インチモニターのナビゲーションシステムを設定
  • 新電子制御マルチモードDCCD
  • ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ(ドリルドディスクローター&モノブロック対向6ピストン/2ピストン式キャリパー<イエロー塗装、STIロゴ入り>)
  • サスペンション設定の最適化
  •  LED2灯ハイビーム&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
  • フロントビューモニター
  • ルーフキャリアブラケット

エンジンのアウトプット(最高出力308ps、最大トルク422Nm)や燃費値(JC08モードで9.4km/リッター)については、変更はない。

価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、WRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。

(webCG)

関連キーワード:
WRX STIスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化 2018.5.2 自動車ニュース スバルが「WRX S4/STI」に一部改良を実施。WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避支援機能を強化した。一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
ホームへ戻る