第472回:知らぬは日本人ばかりなり!?
ネクセンの最新工場から韓国タイヤの今を読み解く

2018.01.21 エディターから一言
韓国第3のタイヤメーカーであるネクセンタイヤ。今回は同社の昌寧(チャンニョン)工場を取材した。
韓国第3のタイヤメーカーであるネクセンタイヤ。今回は同社の昌寧(チャンニョン)工場を取材した。

欧米では高い評価を得ているものの、わが国ではイマイチ知られていない韓国のタイヤメーカー。その一角を担うネクセンタイヤが、このほど日本市場への本格参入を果たした。最新の生産設備を有する同社への取材を通し、お隣の国のタイヤ産業の“今”を探った。

ネクセンタイヤは、日本では複数の販売会社が個別に輸入を行っていたが、2016年11月にネクセンタイヤと豊田通商のジョイントベンチャーとしてネクセンタイヤジャパンが発足。日本への本格導入が開始された。
ネクセンタイヤは、日本では複数の販売会社が個別に輸入を行っていたが、2016年11月にネクセンタイヤと豊田通商のジョイントベンチャーとしてネクセンタイヤジャパンが発足。日本への本格導入が開始された。
ネクセンのラインナップで、初めてポルシェの標準装着用タイヤとなった「N'FERA RU1」。まずは「カイエン」から採用された。
ネクセンのラインナップで、初めてポルシェの標準装着用タイヤとなった「N'FERA RU1」。まずは「カイエン」から採用された。
桂 伸一氏がフランスで試乗した「アウディRS 5クーペ」には、ハンコックの「ヴェンタスS1エボ2」が装着されていた。
桂 伸一氏がフランスで試乗した「アウディRS 5クーペ」には、ハンコックの「ヴェンタスS1エボ2」が装着されていた。
「カイエン」に続き、標準装着用タイヤとして「ネクセンN'FERA RU1」が採用されたポルシェのSUV「マカン」。
「カイエン」に続き、標準装着用タイヤとして「ネクセンN'FERA RU1」が採用されたポルシェのSUV「マカン」。

日本では影の薄い存在だけど……

読者諸兄姉の皆さまは、韓国のタイヤメーカーと聞いてどんなイメージを持つだろう? ブリヂストンなら“世界シェアNo.1”、ミシュランなら某ガイド本と“顧客満足度No.1”、ピレリなら“F1とスーパーカー”。では、ハンコックは? クムホは?

ちょっと詳しい人なら、DTM(ドイツツーリングカー選手権)にタイヤを供給し、SUPER GTでポルシェを走らせていたハンコックに、モータースポーツのイメージを持っているかもしれない。しかし、ブランドイメージとして個別に挙げられるのはその程度で、後は「アジアタイヤ」という漠然としたくくりで“十把ひとからげ”にされてしまっているのではないだろうか。

恥ずかしながら、記者も深い知識は持ち合わせていなかったので、本稿を書くにあたり少し調べてみた。例えば2017年10月に更新された「ブリヂストンデータ」によると、2016年のグローバル市場(売上高ベース)におけるハンコックのシェアは3.3%。これは横浜ゴムの2.8%より高い数字で、同社は“世界第7位のタイヤメーカー”にあたる。一方、クムホも1.6%と、アメリカなどで人気を博す東洋ゴム(1.8%)に迫るところに位置している。

プロダクトに対する評価という観点で見ても、多くのプレミアムブランドが日欧メーカーの製品と並んで、韓国のタイヤを標準装着品としている。『webCG』の試乗記を掘り起こせば、桂 伸一氏がリポートを寄せた「アウディRS 5クーペ」はハンコックを履いていたし、最近ではネクセンの「N'FERA RU1」が、「ポルシェ・マカン」の標準装着用タイヤに選ばれたニュースがギョーカイをにぎわせた。世界的に見れば韓国タイヤはすでに一定の評価を得ている存在で、日系メーカーが幅を利かせる日本での評価のほうが、どちらかといえばドメスティックなのかもしれない。

このように、日本のユーザーにとって近くて遠い存在である韓国タイヤ。今回のリポートの主役は、そんな韓国主要メーカーのひとつである、ネクセンタイヤである。

あなたにおすすめの記事
新着記事