「トヨタ・カローラ スポーツ」に6段MT仕様が登場

2018.08.02 自動車ニュース
「トヨタ・カローラ スポーツG“Z”」
「トヨタ・カローラ スポーツG“Z”」拡大

トヨタ自動車は2018年8月2日、「カローラ スポーツ」に6段MT搭載車を設定し、同日販売を開始した。

 
「トヨタ・カローラ スポーツ」に6段MT仕様が登場の画像拡大
 
「トヨタ・カローラ スポーツ」に6段MT仕様が登場の画像拡大
 
「トヨタ・カローラ スポーツ」に6段MT仕様が登場の画像拡大

今回カローラ スポーツに採用された6段MTは、「インテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)」と呼ばれるもので、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて最適な回転数になるようエンジンを制御し、変速・発進操作をアシストする機能が搭載されている。

ドライバーのスムーズな発進を常にサポートし、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、走行中の滑らかな変速をアシストするという。

6段MTが用意されるのは、1.2リッターターボエンジン搭載モデルのFF車のみ。価格はCVT仕様より3万2400円安く設定されている。グレードごとの価格は以下の通り。

  • G“X”:210万6000円
  • G:222万4800円
  • G“Z”:238万6800円

(webCG)

関連キーワード:
カローラ スポーツトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ スポーツG/カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”【試乗記】 2018.7.16 試乗記 「トヨタ・オーリス」がフルモデルチェンジを受け、日本では新型車「カローラ スポーツ」としてデビュー。最新の“つながる機能”を備えた、トヨタが世界で勝負するグローバルモデルの出来栄えは? 千葉の一般道で1.2リッターターボ車とハイブリッド車をテストした。
  • トヨタ・カローラハッチバック【開発者インタビュー】 2018.6.9 試乗記 「オーリス」の後を継ぐモデルとして販売される、次期「カローラハッチバック」。その開発には、どんな思いが込められているのか。チーフエンジニアを務める小西良樹さんと、デザインを取りまとめた宇角直哉さんに話を聞いた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • その名はカローラ スポーツ!
    新型ハッチバックでトヨタは何を狙うのか?
    2018.7.2 デイリーコラム 歴史ある「カローラ」の名を冠して登場した「トヨタ・カローラ スポーツ」とは、どんなクルマなのか? 海外では新型「オーリス」としても扱われるハッチバック車の、立ち位置や存在意義について考えた。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る