クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】XC90 3.2 AWD:全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2250kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(243ps/6400rpm、32.6kgm/3200rpm)/燃費=8.0km/リッター(JC08モード)/価格=659万円(テスト車=694万5000円/R-DESIGNパッケージ=25万円/メタリックパールペイント=8万円/ETC車載器=2万5000円)(写真右)

ボルボXC90 3.2 AWD/S60 T6 AWD R-DESIGN/XC70 オーシャンレース・エディション【試乗記】

“ボルボ革命”の現場を見た!(後編) 2012.12.05 試乗記 ボルボXC90 3.2 AWD(4WD/6AT)/S60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)/XC70 オーシャンレース・エディション(4WD/6AT)
……694万5000円/648万7000円/677万5000円


秋の終わりの裏磐梯で、最新ボルボに試乗。計6台を乗り比べて、筆者の出した結論は?

年輪を重ねた重厚モデル

(前編からのつづき)
ボルボ試乗会の2日目は、前日の雨も上がって気持ちのいい晴天となった。まず試乗したのは、「XC90 3.2 AWD」である。いちばん大きなボルボで、現行ラインナップの中ではいちばん古いモデルでもある。発表されたのは、10年前の2002年なのだ。

乗ってみると、すぐに新世代との違いを発見する。まず、スタートボタンがない! 前日乗った3台はすべて同じ場所にボタンがあったので、機械的に同じ動作をしてしまった。キーシリンダーを見つけて、無事エンジンを始動する。ダッシュボードの様子もずいぶん違う。何より、フリーフローティングセンタースタックではないことに面食らった。シフトセレクターのヘッドも透明ではない。ライトな感覚のインテリアに慣れたせいか、もっさりした形がゾウっぽく見えてしまった。フリーフローティングセンタースタックが登場したのは2004年のことだったが、今やボルボらしさの重要なアイテムとなった感がある。

「V60」や「XC60」が都会的なオシャレ坊やなら、XC90は年輪を重ねた堂々たる体格のおやじのようだ。全幅は1.9メーター超で車重は2トンを優に上回る超ヘビー級なので、3.2リッターエンジンをもってしても軽快に走るというわけにはいかない。そもそも飛ばそうなどとは思わせないクルマなのだ。エンジンは着実にゆったりと回転を上げ、必要以上の加速を促すことはない。懐かしい感覚である。以前のボルボは、そういうクルマだったのだ。

テスト車の「XC90 3.2 AWD」はオプションの「R-DESIGNパッケージ」を装備していた。
テスト車の「XC90 3.2 AWD」はオプションの「R-DESIGNパッケージ」を装備していた。 拡大
「XC90」のインテリア。写真のスポーツステアリングホイールやアルミニウムベゼル付きメーターパネルは「R-DESIGNパッケージ」の専用品。
「XC90」のインテリア。写真のスポーツステアリングホイールやアルミニウムベゼル付きメーターパネルは「R-DESIGNパッケージ」の専用品。 拡大
ボルボXC90 3.2 AWD/S60 T6 AWD R-DESIGN/XC70 オーシャンレース・エディション【試乗記】の画像 拡大

“反逆の青”が似合うチューンドカー

3台目なので慣れてしまったのか、レーベル・ブルーの「S60 T6 AWD R-DESIGN」にはもはや違和感はなかった。というより、このクルマにこそ似合うカラーなのだろうか。S60はV60のセダン版だから、これも最新モデルということになる。試乗車は、ラインナップ中の最上位である直列6気筒エンジンと4WD を備えたモデルだ。この6気筒はXC90に搭載されていたものとは違い、3リッターターボで304psというハイパワーエンジンである。

しかも、このクルマはさらにチューニングが施されていた。「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」を適用してあったのだ。ボルボのレース活動のオフィシャルパートナーであるポールスター社が開発したソフトウエアを導入することで、プラス25psのパワーを得ている。T6エンジン搭載モデルが対象になっていて、価格は20万円だ。このクルマにはそもそも599万円というプライスタグがついていて、これを加えると大きなXC90とさほど変わらなくなる。ポールスターの青いバッジが付くのだが、ボディーカラーがレーベル・ブルーだとまったく目立たないのが寂しい。

乗ってみれば、やはりごきげんなクルマだった。SUVから乗り換えたこともあって、軽快な動きにほれぼれとする。しかし、スペックをよく見ると、車重は1770kgもあった。軽快に感じられたのは、この気持ちのいいエンジンのおかげだろう。ノーマル車と乗り比べたわけではないから、ポールスター社によるチューニングがどれほど効果があったのかはわからない。もともとT6は素性のいいエンジンだから、どこまでも回転が上がっていきそうな感覚を存分に味わい、しばらく山道を走り回った。

紅葉真っ盛りの裏磐梯を行く「S60 T6 AWD R-DESIGN」。
紅葉真っ盛りの裏磐梯を行く「S60 T6 AWD R-DESIGN」。 拡大
テスト車は「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」の導入によって、最高出力が329psに最大トルクが48.9kgmへと向上。(ノーマルは304ps、44.9kgm)
テスト車は「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」の導入によって、最高出力が329psに最大トルクが48.9kgmへと向上。(ノーマルは304ps、44.9kgm) 拡大
青いバッジがポールスター・チューンの証し。
青いバッジがポールスター・チューンの証し。 拡大
【スペック】S60 T6 AWD R-DESIGN:全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(329ps/5400-6500rpm、48.9kgm/3000-3600rpm)/燃費=8.5km/リッター(JC08モード)/価格=599万円(テスト車=648万7000円/ポールスター・パフォーマンス・パッケージ=20万円/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ=17万2000円/ラミネーテッドガラス、はっ水ガラス、ロックホイールボルト=4万円/パークアシストカメラ<リア>=6万円/ETC車載器=2万5000円)
【スペック】S60 T6 AWD R-DESIGN:全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm/ホイールベース=2775mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(329ps/5400-6500rpm、48.9kgm/3000-3600rpm)/燃費=8.5km/リッター(JC08モード)/価格=599万円(テスト車=648万7000円/ポールスター・パフォーマンス・パッケージ=20万円/チルトアップ機構付き電動ガラスサンルーフ=17万2000円/ラミネーテッドガラス、はっ水ガラス、ロックホイールボルト=4万円/パークアシストカメラ<リア>=6万円/ETC車載器=2万5000円) 拡大

精悍な顔つきの実用車

最後に乗ったのは、「ボルボXC70 T6 AWD」である。このクルマで、東京まで戻ることになる。現在このモデルはT6 AWDのワングレードのみが販売されている。ただし、試乗車は特別限定車の「オーシャンレース・エディション」だ。これはボルボがオーガナイズする世界最大のヨットレース開催を記念するもので、レースが開催された時だけの限定モデルとなる。前回の2008年にも、限定車が発売されていた。

ボディーカラーは専用色の「オーシャンブルーメタリックII」だ。専用エンブレムが付くのはもちろん、シートやフロアマットなどにもロゴが入っている。ラゲッジカバーにも誇らしげにOCEAN RACEの文字が入れられ、ストラップはヨットをイメージしたロープ仕様だ。地球を1周半する過酷なレースを主催するのは誇りであり、欧米では実際ブランドイメージの向上に大きく貢献している。日本ではヨットレースがメジャーではないので、敏感に反応する人が少ないのが残念なところだ。

XC70 は、2007年にV70と同時にモデルチェンジされた。1996年に「クロスカントリー」の名でV70のオフロード性能強化版として誕生し、その後「V70XC」と呼ばれたこともあったが、現在は「XC90」「XC60」とXCシリーズを形作っている。タフでハードな悪路走破力を誇る本格的オフローダーではなく、活動範囲を広げることのできる便利な実用車という位置づけだ。

最低地上高はV70と比べて45mm高い190mmとなっている。それだけでも印象が変わるのだが、バンパー、フェンダーなどに樹脂製のプロテクターが付加されているために精悍(せいかん)さが増している。遠くまで走りますよと言わんばかりの風情を漂わせる。

「XC70 オーシャンレース・エディション」は販売台数30台の限定モデル。
「XC70 オーシャンレース・エディション」は販売台数30台の限定モデル。 拡大
専用のエンブレムがフロントフェンダー左右に貼られる。
専用のエンブレムがフロントフェンダー左右に貼られる。 拡大

ボルボXC90 3.2 AWD/S60 T6 AWD R-DESIGN/XC70 オーシャンレース・エディション【試乗記】の画像 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

最後に乗ったモデルが“ベストボルボ”!?

1920kgという車重だが、T6エンジンは強力にパワーを供給する。もちろんS60のような軽快さは望めないが、磐梯吾妻スカイラインを楽しみながら走ることができた。紅葉の盛りでビューポイントの近くに路駐するマナーの悪い観光客が散見されたが、狭い道でのすれ違いでも運転席からの見切りがいいのは助かった。ファミリーでの遠出にふさわしいモデルだろう。十分なパワーがあり、運転も楽しめる。後席には余裕があって、くつろぎのスペースになる。荷室にはラフに荷物や土産物を積み込んでいい。

とはいうものの、電子制御サスペンションの「FOUR-C」で「SPORT」や「ADVANCED」を選ぶと、後席では快適な乗り心地とはいえなかった。「CONFORT」にすればある程度は解決するのだが、ドライバーとしては「SPORT」を選びたい。悩ましいところだ。

高速道路では、ACC(アダプティブクルーズコントロール)を試してみた。試乗車には「セーフティー・パッケージ」のオプションが付けられており、「ヒューマン・セーフティー」などとともにACCが備えられていたのだ。カメラとミリ波レーダーで常に前方の道路状況をモニターすることによって、さまざまな制御を可能にしている。

ACCは走行速度と前車との最低時間差を設定することで、自動的にエンジンとブレーキを操作して走行するシステムだ。ステアリングホイールに備えられたスイッチで操作する。これが実によくできているのだ。前方にクルマがなければ勝手に加速していくし、クルマが現れれば一定の間隔を保って追従する。加速と減速の切り替えがスムーズで、とても上手な運転だ。渋滞が始まれば、ちゃんと停止してくれる。ドライバーはハンドルだけ操作していればいい。しかも、うっかり左右に寄ってしまっても「レーンデパーチャーウォーニング」が働いて音で警告してくれるのだ。

早朝からの長時間の試乗だったが、疲労度が少なく帰ることができたのは幸いだった。帰りのクルマがXC70だったのがラッキーである。どの要素も極端に振れすぎない、中庸をわきまえたモデルだ。クルマ単体で高性能を追求するのではなく、乗る人間の快楽が優先されている。今回の試乗は3人のチームで行ったのだが、帰着した時には全員の意見が一致していた。ベストボルボは、このXC70であると。

……しかし、本当はボルボ車すべてに通ずる快適さを、XC70に投影していただけなのかもしれない。最後に乗ったモデルがどれであっても、それをベストボルボだと感じたに違いないのだ。

(文=鈴木真人/写真=郡大二郎)

ボディーカラーは「オーシャンブルーメタリックII」と呼ばれる専用色となる。
ボディーカラーは「オーシャンブルーメタリックII」と呼ばれる専用色となる。 拡大
「XC70 オーシャンレース・エディション」は、3リッター直6ターボエンジンを搭載。トルコン式の6段ATと組み合わされる。
「XC70 オーシャンレース・エディション」は、3リッター直6ターボエンジンを搭載。トルコン式の6段ATと組み合わされる。 拡大
「XC70」のインテリア。ソフトベージュの本革シートやVORブラック仕上げのアルミニウムパネルは「オーシャンレース・エディション」の専用装備。
「XC70」のインテリア。ソフトベージュの本革シートやVORブラック仕上げのアルミニウムパネルは「オーシャンレース・エディション」の専用装備。 拡大
【スペック】XC70 オーシャンレース・エディション:全長×全幅×全高=4840×1890×1605mm/ホイールベース=2815mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(304ps/5600rpm、44.9kgm/2100-4200rpm)/燃費=9.1km/リッター(JC08モード)/価格=649万円(テスト車=677万5000円/セーフティー・パッケージ=20万円/パークアシストカメラ<リア>=6万円/ETC車載器=2万5000円)
【スペック】XC70 オーシャンレース・エディション:全長×全幅×全高=4840×1890×1605mm/ホイールベース=2815mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(304ps/5600rpm、44.9kgm/2100-4200rpm)/燃費=9.1km/リッター(JC08モード)/価格=649万円(テスト車=677万5000円/セーフティー・パッケージ=20万円/パークアシストカメラ<リア>=6万円/ETC車載器=2万5000円) 拡大

関連キーワード:
XC90S60XC70ボルボ試乗記

あなたにおすすめの記事