【スペック】XC90 3.2 AWD:全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2250kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(243ps/6400rpm、32.6kgm/3200rpm)/燃費=8.0km/リッター(JC08モード)/価格=659万円(テスト車=694万5000円/R-DESIGNパッケージ=25万円/メタリックパールペイント=8万円/ETC車載器=2万5000円)(写真右)

ボルボXC90 3.2 AWD/S60 T6 AWD R-DESIGN/XC70 オーシャンレース・エディション【試乗記】

“ボルボ革命”の現場を見た!(後編) 2012.12.05 試乗記 ボルボXC90 3.2 AWD(4WD/6AT)/S60 T6 AWD R-DESIGN(4WD/6AT)/XC70 オーシャンレース・エディション(4WD/6AT)
……694万5000円/648万7000円/677万5000円


秋の終わりの裏磐梯で、最新ボルボに試乗。計6台を乗り比べて、筆者の出した結論は?

年輪を重ねた重厚モデル

(前編からのつづき)
ボルボ試乗会の2日目は、前日の雨も上がって気持ちのいい晴天となった。まず試乗したのは、「XC90 3.2 AWD」である。いちばん大きなボルボで、現行ラインナップの中ではいちばん古いモデルでもある。発表されたのは、10年前の2002年なのだ。

乗ってみると、すぐに新世代との違いを発見する。まず、スタートボタンがない! 前日乗った3台はすべて同じ場所にボタンがあったので、機械的に同じ動作をしてしまった。キーシリンダーを見つけて、無事エンジンを始動する。ダッシュボードの様子もずいぶん違う。何より、フリーフローティングセンタースタックではないことに面食らった。シフトセレクターのヘッドも透明ではない。ライトな感覚のインテリアに慣れたせいか、もっさりした形がゾウっぽく見えてしまった。フリーフローティングセンタースタックが登場したのは2004年のことだったが、今やボルボらしさの重要なアイテムとなった感がある。

「V60」や「XC60」が都会的なオシャレ坊やなら、XC90は年輪を重ねた堂々たる体格のおやじのようだ。全幅は1.9メーター超で車重は2トンを優に上回る超ヘビー級なので、3.2リッターエンジンをもってしても軽快に走るというわけにはいかない。そもそも飛ばそうなどとは思わせないクルマなのだ。エンジンは着実にゆったりと回転を上げ、必要以上の加速を促すことはない。懐かしい感覚である。以前のボルボは、そういうクルマだったのだ。

テスト車の「XC90 3.2 AWD」はオプションの「R-DESIGNパッケージ」を装備していた。
テスト車の「XC90 3.2 AWD」はオプションの「R-DESIGNパッケージ」を装備していた。
「XC90」のインテリア。写真のスポーツステアリングホイールやアルミニウムベゼル付きメーターパネルは「R-DESIGNパッケージ」の専用品。
「XC90」のインテリア。写真のスポーツステアリングホイールやアルミニウムベゼル付きメーターパネルは「R-DESIGNパッケージ」の専用品。
ボルボXC90 3.2 AWD/S60 T6 AWD R-DESIGN/XC70 オーシャンレース・エディション【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その25) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ボルボのブースを画像で紹介する。
ホームへ戻る