ポルシェジャパンは2016年3月1日、ジュネーブショー2016で世界初公開された限定モデル「911R」の予約受け付けを、3月2日に開始すると発表した。世界限定991台で、日本での車両価格は2629万円。(関連ニュースはこちら)

911Rは、1967年にデビューした初代911Rと同様に、軽量設計とそれに伴う動力性能の改善を特徴としている。ボンネットとフェンダーにはカーボン、ルーフにはマグネシウムを用いるなどして、車重は「911 GT3 RS」より50kg軽い1370kgに抑えた。

リアに搭載されている4リッターの水平対向6気筒エンジン(500ps、460Nm)はGT3 RSから継承したもの。ただし、トランスミッションは7段PDKではなく6段MTのみの設定となる。0-100km/h加速は3.8秒で、最高速は323kmhと発表されている。(webCG)

関連記事 ホームへ戻る