クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「BRIDGESTONE ALENZA LX100」にみるSUV専用プレミアムタイヤの真価

わけあって、専用開発 2021.03.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> ブリヂストンがSUV専用コンフォートタイヤ「アレンザLX100」を発売。オンロード向けのSUV用タイヤにはどのような性能が求められ、ブリヂストンの新製品はどれほどのレベルでそれを実現しているのか? 「ボルボXC90」に装着し、その出来栄えを確かめた。

SUV用タイヤもオンロード性能で選ばれる時代に

本稿のテーマは、「いまのSUVの使われ方にふさわしいタイヤ選び」だ。

いまさら書くまでもなく、自動車市場ではあらゆるセグメントにおいてSUVが人気だ。そして、メーカー各社のSUVが出そろって、さまざまなタイプのSUVの使われ方を見て、わかったことがある。それは、冬以外のシーズンだったらオンロード性能が大事ということだ。

かつてのSUVは、乗り心地がゴワゴワしていたり、コーナリングでぎくしゃくしたり、燃費が悪かったり、ノイズが大きかったりといったネガがあった。けれども技術の進歩とは素晴らしいもので、そうした弱点はほぼ克服された。すると、SUVはキャンプやスキーに行くための特別なクルマから、機能的なファミリーカーやちょっとぜいたくなクルマとして、普段使いもされる乗り物へと立ち位置が変わったのだ。

というわけで、今日では幅広い層のSUVオーナーから、オンロード性能に優れたSUV専用タイヤが求められている。ところがいざ探してみると、ブロックのゴツいオフロードタイヤはそうでもないが、オンロードに焦点を当てたSUV用タイヤでは、「これ!」というブランドをなかなか見かけない。

そんな中でいち早く存在感を示すべく、ブリヂストンはSUV専用のオンロードタイヤとして「ALENZA(アレンザ)」というブランドを立ち上げた。アレンザにはふたつのラインがあり、スポーツ性能を磨いたのが「001」、そしてコンフォート性能を重視したのが、この2月に発売された新製品のLX100だ。

今回は最新のオンロード系SUV専用タイヤの実力を確認するために、アレンザLX100を「ボルボXC90」に装着して試走を行った。ラグジュアリーなSUV用タイヤと、コンフォート性能で評価の高いボルボのSUV。両者の組み合わせは、果たしてどのような効果を生むのだろうか。

→「ブリヂストン・アレンザLX100」の詳しい情報はこちら

ブリヂストンが2021年2月に発売した「アレンザLX100」。オンロードでの快適性を重視した、SUV専用コンフォートタイヤだ。
ブリヂストンが2021年2月に発売した「アレンザLX100」。オンロードでの快適性を重視した、SUV専用コンフォートタイヤだ。拡大
今や痛痒(つうよう)なく“普段使い”ができるようになったSUV。「ほぼ舗装路しか走らない」というオーナーも多いはずで、そうした向きからはオンロードで快適なタイヤが求められている。写真は、今回「アレンザLX100」の試走に用いた「ボルボXC90」。
今や痛痒(つうよう)なく“普段使い”ができるようになったSUV。「ほぼ舗装路しか走らない」というオーナーも多いはずで、そうした向きからはオンロードで快適なタイヤが求められている。写真は、今回「アレンザLX100」の試走に用いた「ボルボXC90」。拡大
「XC90」はボルボの最上級SUVであり、快適性の高さや静粛性の高さが特徴。コンフォート性能が自慢の「アレンザLX100」を試すうえで、好適なモデルである。
「XC90」はボルボの最上級SUVであり、快適性の高さや静粛性の高さが特徴。コンフォート性能が自慢の「アレンザLX100」を試すうえで、好適なモデルである。拡大
「ALENZA(アレンザ)」は、ブリヂストンが擁するオンロード向けSUV用タイヤのブランド。これまでは「デューラー」などにも同ジャンルのタイヤが設定されてきたが、今後はアレンザに集約されるという。
「ALENZA(アレンザ)」は、ブリヂストンが擁するオンロード向けSUV用タイヤのブランド。これまでは「デューラー」などにも同ジャンルのタイヤが設定されてきたが、今後はアレンザに集約されるという。拡大

ロードノイズがほとんど聞こえない

まずは、試乗車として選んだ「ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション」について解説したい。XC90は上質さを身上とするボルボの最上級SUVである。「B6」というパワートレインは、2リッターのガソリンターボエンジンに電動スーパーチャージャーを組み合わせ、さらにマイルドハイブリッドシステムを備えることでモーターも駆動に関与する。

このパワートレインを積んだXC90にドライバーが感じるのは、とにかく静かなこと。モーターアシストが働いているときはもちろん、加速の過程でも過給器のアシストによってエンジン回転数が上がらずに速度が伸びていくから、実に静かなのだ。高速巡航の態勢に入って4気筒のうち2つの気筒が休止状態になると、ほぼ無音と言っても過言ではない状態になる。

そして、ここでハッと気づく。パワートレインからのノイズがないのは理解できるとして、タイヤの発するロードノイズもほとんど感じられないのだ。聞こえるのは、ボディーが風を受けて発する、いわゆる風切り音ぐらいだ。クルマの遮音性能が高いこともあるだろうけれど、アレンザLX100が静粛性の高いタイヤだということも間違いないだろう。

ブリヂストンの社内比較では、SUV用タイヤの主力商品だった「デューラーH/L 850」と比較して、アレンザLX100は22%も騒音エネルギーが低減しているという。「REGNO(レグノ)」シリーズを筆頭に、ブリヂストンのタイヤは静かさに定評があるけれど、彼らが培ってきたサイレントテクノロジーは、見事にSUV用タイヤにも応用されている。

車内では、オプションの「Bowers&Wilkins」のプレミアムサウンドシステムが、FM局のDJが選んだ古いソウルミュージックを気持ちよく鳴らしている。長距離ドライブで疲労を感じる理由のひとつに走行中のノイズがあるけれど、このクルマとこのタイヤの組み合わせなら、どこまでも走って行けそうだ。

→「ブリヂストン・アレンザLX100」の詳しい情報はこちら

2基の過給機を搭載したエンジンと、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットは「静か」のひとこと。「アレンザLX100」もロードノイズの小さなタイヤなので、車内は非常に静粛だ。
2基の過給機を搭載したエンジンと、48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワーユニットは「静か」のひとこと。「アレンザLX100」もロードノイズの小さなタイヤなので、車内は非常に静粛だ。拡大
「XC90」に搭載されるドライブモードセレクターの操作画面。今回は主に「Comfort」と「Dynamic」の両モードで「アレンザLX100」を試した。
「XC90」に搭載されるドライブモードセレクターの操作画面。今回は主に「Comfort」と「Dynamic」の両モードで「アレンザLX100」を試した。拡大
「アレンザLX100」のトレッドパターン。太い縦ミゾの間には、側管でつながれた側室(消音器)が設けられており、これにより高周波の共鳴音を減衰させることができるという。
「アレンザLX100」のトレッドパターン。太い縦ミゾの間には、側管でつながれた側室(消音器)が設けられており、これにより高周波の共鳴音を減衰させることができるという。拡大
イン側の消音器は、タイヤが摩耗しても消音効果が持続するよう形状を工夫。ショルダー部には、トレッド面から伝わる振動を和らげる「3Dノイズカットデザイン」という模様が施されている。
イン側の消音器は、タイヤが摩耗しても消音効果が持続するよう形状を工夫。ショルダー部には、トレッド面から伝わる振動を和らげる「3Dノイズカットデザイン」という模様が施されている。拡大

高次元で両立した強さとしなやかさ

試乗車のXC90には、オプションの電子制御式のリアエアサスペンションが装備されていた。これがどんなライドフィールをもたらすかというと、とにかく足がよく動いている様子が伝わってくる。そうしてサスペンションが大きく伸びたり縮んだりするときに感じられるのが、タイヤ(=アレンザLX100)が“丸い”ということだ。

「タイヤが丸いなんて当たり前じゃないか」と思われるかもしれないけれど、その当たり前を実感させるレベルでこなすというのは、相当レベルが高いということだ。凹凸を乗り越えたり、地面に押し付けられたりしても、タイヤは極力丸い形を保とうとし、それがスムーズで滑るような乗り心地につながっている。今回試乗したXC90は2tを軽く超える車重で、タイヤにかかる負荷も相当大きいはずだ。けれども、さすがはSUV専用設計。アレンザLX100はしっかり感と快適な乗り心地を見事に両立している。

コーナーに差しかかると、この「しっかり感と快適性の両立」を、さらに高いレベルで実感できる。XC90の全高は1760mmと、文部科学省が発表した日本の17歳男子の平均身長よりはるかに高い。そのぶん重心も高いはずなのだが、XC90とアレンザLX100は、高速コーナーでもタイトなコーナーでもしっかりと踏ん張り、上屋をグラっと傾かせて乗員にコワい思いをさせることがない。同時に、ステアリングホイールからはしっかりとしたグリップ感が伝わってくるから、ドライバーは自信を持ってハンドルを操縦できる。ハードなブレーキングを敢行しても、タイヤからはつぶれたりねじれたりする印象が一切伝わってこない。

アレンザLX100は、サイドウォールにSUV向けに最適化されたチューニングを施すことで高い負荷にも負けない“強さ”を獲得したという。これが、ふらつきのない正確無比な操縦性につながっているのだ。

→「ブリヂストン・アレンザLX100」の詳しい情報はこちら

重量が重く、重心高も高いSUVを走らせると、タイヤに大きな負荷がかかる。SUV用タイヤには、それに耐えられる剛性が求められるのだ。
重量が重く、重心高も高いSUVを走らせると、タイヤに大きな負荷がかかる。SUV用タイヤには、それに耐えられる剛性が求められるのだ。拡大
負荷がかかった状態でも“丸さ”を保とうとするタイヤの剛性は、しっかり感のある正確な操縦性に加え、スムーズで滑るような乗り心地にもつながる。
負荷がかかった状態でも“丸さ”を保とうとするタイヤの剛性は、しっかり感のある正確な操縦性に加え、スムーズで滑るような乗り心地にもつながる。拡大
高負荷をかけてのコーナリングや強いブレーキングを試しても、「アレンザLX100」は、つぶれたり、よじれたりといった、ドライバーを不安にさせるインフォメーションを伝えてくることがなかった。
高負荷をかけてのコーナリングや強いブレーキングを試しても、「アレンザLX100」は、つぶれたり、よじれたりといった、ドライバーを不安にさせるインフォメーションを伝えてくることがなかった。拡大
「アレンザLX100」はサイドウォールに専用のチューニングが施されており、高剛性ケースの採用とも相まって、高い荷重にも負けない剛性が確保されている。
「アレンザLX100」はサイドウォールに専用のチューニングが施されており、高剛性ケースの採用とも相まって、高い荷重にも負けない剛性が確保されている。拡大

コンパクトなSUVでもぜひ試してみたい

今回、ボルボXC90とアレンザLX100の組み合わせを試して、あらためて「SUV用タイヤの開発は難易度が高い」ことを実感した。

同じサイズのハッチバックやセダンに比べると、SUVは全高が高く、それゆえに車重も増す。車高の高さを意識させないよう、タイヤにはロールを抑えて安定した姿勢を保つ能力が要求されるし、SUVの質量をがっちりと受け止める強さも必要とされる。一方で、現在のSUVの使われ方を考えれば、ハッチバックやセダンと遜色のない静粛性や乗り心地のよさも求められる。

「強さ」「しなやかさ」「グリップ力の高さ」「静かさ」と、さまざまな要件が高いレベルで要求され、その中には背反の関係にある性能さえも含まれる。オンロード向けのSUV用タイヤをゼロから開発しなければならない理由がそれだ。そして、こうしてSUV用タイヤに求められる性能を並べてみると、アレンザLX100が難しい要求に高いレベルで応えていることも理解できた。

今回は大型のプレミアムSUVでアレンザLX100を試したけれど、サイズ展開を見ると、このタイヤはコンパクトSUVにも対応している。コンパクトSUVの場合は、大型のそれと比べてタイヤからキャビンまでの距離が物理的に近くなるので、アレンザLX100の静粛性の高さがさらに効果的となるのではないか。スポーツ仕様のアレンザ001とともに、いずれ試してみたい。

(文=サトータケシ/写真=荒川正幸)

→「ブリヂストン・アレンザLX100」の詳しい情報はこちら

 

webCGタイヤセレクション 他のリポートを読む

→GOODYEAR EfficientGrip RVF02
→Continental ExtremeContact DWS06 PLUS
→YOKOHAMA ADVAN dB V552

 

背反の関係にある要件も含め、さまざまな性能が高次元で求められるSUV用タイヤ。同じオンロード用タイヤであっても、SUV用の商品だけに“専用開発”が求められる理由はそこにある。
背反の関係にある要件も含め、さまざまな性能が高次元で求められるSUV用タイヤ。同じオンロード用タイヤであっても、SUV用の商品だけに“専用開発”が求められる理由はそこにある。拡大
SUV特有の使われ方を考慮し、トレッドパターンには左右非対象のデザインを採用。ブロック剛性を最適化することで、耐摩耗性能の向上も図っている。
SUV特有の使われ方を考慮し、トレッドパターンには左右非対象のデザインを採用。ブロック剛性を最適化することで、耐摩耗性能の向上も図っている。拡大
サイズバリエーションは全41種類。今回は大型SUV「XC90」で試したが、コンパクトSUV向けのサイズも用意されている。
サイズバリエーションは全41種類。今回は大型SUV「XC90」で試したが、コンパクトSUV向けのサイズも用意されている。拡大
今回の試走で実感できた静粛性や快適性の高さに加え、ロングライフ性能にも優れるという「アレンザLX100」。SUV用コンフォートタイヤに求められるあまたの要件を、高次元で実現したタイヤといえるだろう。
今回の試走で実感できた静粛性や快適性の高さに加え、ロングライフ性能にも優れるという「アレンザLX100」。SUV用コンフォートタイヤに求められるあまたの要件を、高次元で実現したタイヤといえるだろう。拡大

車両データ

ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4950×1960×1760mm
ホイールベース:2985mm
車重:2170kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:300PS(220kW)/5400rpm
エンジン最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/2100-4800rpm
モーター最高出力:13.6PS(10kW)/3000rpm
モーター最大トルク:40N・m(4.1kgf・m)/2250rpm
タイヤ:(前)275/45R20 110W/(後)275/45R20 110W(ブリヂストン・アレンザLX100)
燃費:10.5km/リッター(WLTCモード)
価格:1004万円

 

ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション
ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション拡大
 
「BRIDGESTONE ALENZA LX100」にみるSUV専用プレミアムタイヤの真価の画像拡大