クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

デザイナーが語る新型「インディアン・チーフ」の魅力

芳醇なるバイクカルチャーの体現者 2021.05.24 Indian Chief 100年目の進化と継承<AD> 1921年の誕生以来、インディアンの歴史とともに歩んできたモーターサイクル「チーフ」が、いよいよフルモデルチェンジ。ブランドの基幹を担う一台にデザイナーが託した思いとは? インディアンのデザイン責任者であるオラ・ステネガルド氏が語った。

あらゆる意味で特別な一台

インディアンモーターサイクル(以下、インディアン)が、伝統のモデルであるチーフをフルモデルチェンジし、2022年モデルとして今夏より日本でも販売を始める。

思い起こせば、ATVやサイド・バイ・サイド、スノーモービルなどを手がけるポラリスインダストリーズが、歴史あるモーターサイクルブランド、インディアンを復活させたのが2011年。2013年に復活第1号車としてリリースしたのは、新たに開発した第2世代のチーフだった。また新型チーフがリリースされる今年(2021年)は、初代がデビューしてから100周年のアニバーサリーイヤーにあたる。そこに狙いを定めて新型を発表したのだ。インディアンにとってチーフが特別なモデルあることが理解できると同時に、新型に対する意気込みが伝わってくる。

「確かに、2021年はチーフの100周年記念にあたる年だが、私がバイクデザインの仕事に就いて20周年の記念イヤーでもあるんだ」

そう語るのは、インディアンのデザイン部門の責任者であり、新型チーフのデザインはもちろん、車両開発の全般に深く関わったオラ・ステネガルド氏だ。彼はビデオインタビューというかたちで行われた今回の取材で、開口一番に「個人的な話で申し訳ない」と前置きしつつ、そう話し始めた。

「私はポラリス以前の、いわゆる“ギルロイ・インディアン(※)”で、初めて憧れのバイクデザイナーになった。そのときから、新しい時代に合わせたチーフをデザインすることを想像し続けていて、特に新しいチーフファミリーにラインナップした『チーフ ボバー』のスタイルは、ずっと夢見ていたデザインだった。新型チーフはインディアンにとって非常に重要なモデルであると同時に、私にとってもとても重要なプロジェクトなんだ」

※アメリカの投資家グループがブランドを復活させようと、1998年にカリフォルニア州ギルロイで旗揚げしたインディアンモーターサイクルカンパニー・オブ・アメリカを指す。

→「インディアン・チーフ」の詳しい情報はこちら

排気量1890ccの空冷Vツインエンジンを搭載した大型クルーザー「チーフ」。今日におけるインディアンの基幹車種だ。
排気量1890ccの空冷Vツインエンジンを搭載した大型クルーザー「チーフ」。今日におけるインディアンの基幹車種だ。拡大
1921年に登場した初代「チーフ」。1リッターの大型エンジンを搭載した高性能モデルであり、排気量の拡大などを経て、長きにわたり生産され続けた。
1921年に登場した初代「チーフ」。1リッターの大型エンジンを搭載した高性能モデルであり、排気量の拡大などを経て、長きにわたり生産され続けた。拡大
インディアンモーターサイクルのデザイン部門を統括するオラ・ステネガルド氏。新型「チーフ」ではデザインのみならず、車両開発の全般に携わった。(写真:Hermann Koepf)
インディアンモーターサイクルのデザイン部門を統括するオラ・ステネガルド氏。新型「チーフ」ではデザインのみならず、車両開発の全般に携わった。(写真:Hermann Koepf)拡大
ステネガルド氏が「夢に見たデザイン」と語る、新型「チーフ ボバー」。写真はメッキ装飾を排した「ダークホース」だ。
ステネガルド氏が「夢に見たデザイン」と語る、新型「チーフ ボバー」。写真はメッキ装飾を排した「ダークホース」だ。拡大

デザイナーでありカスタムビルダー

ステネガルド氏は、1901年に最初のインディアンをつくり上げたエンジニア、オスカー・ヘッドストロームと同じ、スウェーデンの生まれだ。米国に渡り、カリフォルニア州パサディナのArt Center College of Designでカーデザインを学んだあと、先述の通り“ギルロイ・インディアン”でデザイナーに就任。その2年後に米国を離れ、BMWモトラッドのデザイナーとしてドイツ・ミュンヘンに移った。彼がインディアンに戻り、そしてデザイン部門の責任者に就任したのは2018年のことだ。

本人も述べている通り、ステネガルド氏がメーカーでバイクのデザイナーとなったのは渡米してからだが、彼はそのずっと前から、バイクをデザインし続けていた。彼は若いころから、実家の農場にあったあらゆるエンジン付きの乗り物や道具を、兄と一緒にカスタムしまくっていたのだ。

そこで得た知識と経験をもとに、モペット用エンジンのチョッパーをつくり上げ、カスタムコンテストに出展。その車両がモペット部門で最優秀賞をとったことから、10代半ばでスウェーデンのカスタムバイクシーンのど真ん中に飛び込むことになる。彼が仲間たちと設立し、今も所属している“Plebs Choppers(プレブス・チョッパー)”というバイククラブは、スウェーデンのカスタムシーンに大きな影響を与えている。彼はメーカーで新型車を開発するデザイナーであると同時に、カスタムバイクビルダーでもあるのだ。

→「インディアン・チーフ」の詳しい情報はこちら

実家の納屋にあった機械をカスタムするという、“実地”からデザインを学び始めたステネガルド氏。今日もメーカーにおいてデザイナーとして働く傍らで、カスタムバイクビルダーとして活動を続けている。(写真:Hermann Koepf)
実家の納屋にあった機械をカスタムするという、“実地”からデザインを学び始めたステネガルド氏。今日もメーカーにおいてデザイナーとして働く傍らで、カスタムバイクビルダーとして活動を続けている。(写真:Hermann Koepf)拡大
新型「チーフ」の開発に際しては、スケッチやCADの作業と並行して、1/1モデルを製作。カスタムメイドのモデルにも見られる、“昔ながらのバイクづくり”の方法でもって、車体のプロポーションやパーツ同士の位置関係、フレームの曲がり具合などを確かめていった。
新型「チーフ」の開発に際しては、スケッチやCADの作業と並行して、1/1モデルを製作。カスタムメイドのモデルにも見られる、“昔ながらのバイクづくり”の方法でもって、車体のプロポーションやパーツ同士の位置関係、フレームの曲がり具合などを確かめていった。拡大

デザインの背景にある濃密なカスタム文化

ステネガルド氏と彼のチームがつくり上げた新型チーフは、クルーザーセグメントの中核となる“パフォーマンスクルーザー”カテゴリーに属する。このジャンルをけん引するのは、ハーレーダビッドソンの「ソフテイル」ファミリーであり、その牙城を狙うのが「BMW R18」シリーズだ。

インディアンも、これまでビンテージテイストの大型車「チーフテン」や、ライトウェイトなスポーツクルーザー「スカウト」、バガーと呼ばれる大型バッグ付きの「チャレンジャー」と、各カテゴリーにモデルを投入し、存在感を高めてきた。そして新型チーフにより、あらためて中核カテゴリーに切り込もうとしているのだ。

このように、インディアンにとって重要なモデルである新型チーフだが、ユニークなのはそのデザインソースが、過去のデザイナーが積み上げてきたチーフのヘリテージでなく、アメリカ中を駆け巡ったチーフのオーナーたちがつくり上げた、カスタムスタイルにあるという点だ。

「前後のホイールをディープフェンダーで覆った、古いチーフの美しいストリームラインは誰もが知っている、まさにヘリテージだ。しかし同時に、チーフはこれまで多くのライダーやカスタムビルダーによって特徴的な外装が外され、切り刻まれてきた。そうして、今ではメーカーまでもが注目する、“チョッパー”や“ボバー”といったカスタムスタイルの土台になっていたんだ。チーフをカスタムしたバイクファンやカスタムビルダーは、メーカーのデザイナーとは異なる手法で、スタイルやメカニカルな優位性をアピールしていった。しかも彼らは、クラブと呼ばれるグループを構成し、純粋にバイクを愛し、ライダーとして成熟し、大陸横断もいとわないほどディープにバイクに乗っていった。今回の新型でわれわれは、いままで語られてこなかった“チーフがつくり上げたバイクカルチャー”をピックアップしたんだ」

→「インディアン・チーフ」の詳しい情報はこちら

新型「チーフ」の初期のスケッチ。多少の違いはあるものの、すでに完成形(=市販モデル)に通じるイメージを備えている。
新型「チーフ」の初期のスケッチ。多少の違いはあるものの、すでに完成形(=市販モデル)に通じるイメージを備えている。拡大
デザインチームがまとめたスケッチ。トップチューブ内の配線やフレームラインなどが1枚にまとめられており、CADチームはここから設計図を作成した。
デザインチームがまとめたスケッチ。トップチューブ内の配線やフレームラインなどが1枚にまとめられており、CADチームはここから設計図を作成した。拡大
クレイモデルの“職人”が、燃料タンクの模型を削り出す。新型「チーフ」の燃料タンクは、1940年代後半のチーフを参考にしつつ、新しいフレームやエンジンとマッチする形に仕上げられた。
クレイモデルの“職人”が、燃料タンクの模型を削り出す。新型「チーフ」の燃料タンクは、1940年代後半のチーフを参考にしつつ、新しいフレームやエンジンとマッチする形に仕上げられた。拡大
プロジェクトチーム全員で最終のクレイモデルをレビュー。クレイモデルには、微妙なラインを強調するための塗装が施されている。
プロジェクトチーム全員で最終のクレイモデルをレビュー。クレイモデルには、微妙なラインを強調するための塗装が施されている。拡大

“三車三様”のスタイルでカルチャーを表現

彼が語るバイクカルチャーのピックアップとはどういうことか。新型チーフには3つのバリエーションがあるが、実はいずれも、各年代のカスタムスタイルがベースとなっている。例えば「チーフ ダークホース」は、フロント19インチ/リア16インチのキャストホイールを履き、膝が曲がるくらいの位置にペダルがある“ミッドコントロール”で、肘を伸ばしたらつかめる低い位置にハンドルを配置。それによってスポーティーなキャラクターに仕上げられている。このスタイルは、アレン・ネスやペリー・サンズといったカスタムビルダーがつくり上げた、1970~80年代に流行したものだ。

これに対し、チーフ ボバーは高いハンドル位置に、足を前に投げ出したような“フォワードコントロール”、それに前後16インチホイールを履く1960年代のスタイルを体現している。バイククラブを数多く描いたアーティスト、デイブ・マンの世界がモチーフだ。最後に「スーパー チーフ」だが、こちらは1940年代のスタイル。幅広いハンドルにフロアボード、レザーのサイドバッグにスクリーンと、クラシカルなディテールを持つ。

意外なことに、このスーパー チーフは、日本のカスタムバイクシーンからも大きく影響を受けたという。

「仕事やプライベートで何度も日本に出かけているが、そのタイミングはいつも12月。横浜ホットロッドカスタムショーの開催に合わせている。ホットロッドショーに出かけるたびに新しいトレンドを見ることができ、それは世界に先んじていた。初めて古いチーフをベースにした完璧なボバーカスタムを見たのも日本だ。それをつくり上げるには、本質を見抜く目と、そのフィーリングを感じられる感性が必要だ。日本のカスタムビルダーやライダーたちは、それを持ち合わせている。この新型チーフ、特にスーパー チーフは、その影響を強く受けているんだ」

意外なところで日本とのつながりがあった新型チーフ。日本の道で、ぜひその走りを試してみたい。

(文=河野正士/写真=Hermann Koepf、Jenny Jurnelius、インディアンモーターサイクル)

→関連記事:新型「インディアン・チーフ」のパフォーマンスに触れる

→「インディアン・チーフ」の詳しい情報はこちら

装飾をそぎ落としたミニマルなデザインが特徴の「チーフ ダークホース」。新型「チーフ」のラインナップのなかでは、スポーティーな仕立てのモデルとなっている。
装飾をそぎ落としたミニマルなデザインが特徴の「チーフ ダークホース」。新型「チーフ」のラインナップのなかでは、スポーティーな仕立てのモデルとなっている。拡大
戦後期に流行したという“ボブ&チョップ”のカスタムデザインを意識したという「チーフ ボバー」。アップライトなライディングポジションとファットなタイヤが目を引く。
戦後期に流行したという“ボブ&チョップ”のカスタムデザインを意識したという「チーフ ボバー」。アップライトなライディングポジションとファットなタイヤが目を引く。拡大
日本で見た「チーフ」のカスタムバイクから影響を受けたという「スーパー チーフ」。充実した装備と、クラシックな趣が特徴の上級モデルである。
日本で見た「チーフ」のカスタムバイクから影響を受けたという「スーパー チーフ」。充実した装備と、クラシックな趣が特徴の上級モデルである。拡大
新型「チーフ」と、オラ・ステネガルド氏(写真:Jenny Jurnelius)
新型「チーフ」と、オラ・ステネガルド氏(写真:Jenny Jurnelius)拡大