ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

2007.04.11 自動車ニュース
発売予定の4車種を前に、「ダッジは生活を楽しむ人たち向けのクルマ」と発表会でコメントした、ダイムラークライスラー日本クライスラー部門の、クリストファー・エリス代表取締役副社長。
ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

ダイムラークライスラー日本は2007年4月11日、ダッジブランドの日本上陸を発表するとともに、「キャリバー」「ナイトロ」「アベンジャー」「チャージャー」の4車種を発売することをアナウンスした。2007年6月より順次発売される予定。
なお、ダッジ車の販売ディーラーは従来の「クライスラー・ジープ」販売店となり、名称も「クライスラー・ジープ・ダッジ」と改められる。

「ダッジ・キャリバー」
ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

6月より販売されるのは以下の4車種。

■SUVライクな5ドアハッチ「キャリバー」

全長×全幅×全高=4415×1800×1535mmというディメンションの5ドアハッチバック。シートポジションが高く、SUVに近いプロポーションを持つのが特徴。前後オーバーハングを抑えることで、高い居住性も確保された。
搭載する2リッターエンジンに組み合わせられるのは、6段のマニュアルモードがついたCVT。

「ダッジ・ナイトロ」
ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

■チェロキーの兄弟車「ナイトロ」

次期「ジープ・チェロキー(リバティ)」と基本コンポーネンツを同じくし、ダッジデザインである十字グリルを備えるのが「ナイトロ」。3.7リッターV6 SOHCエンジンを搭載、パートタイムの4WDシステムを採用する。

「ダッジ・アベンジャー」
ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

■アグレッシブデザインのFFセダン「アベンジャー」

ダッジの十字グリルやブラックアウトされたBピラーなどでアクセントを与えられ、リアドア部分にキックアップさせるなど、アグレッシブなデザインを採り入れた4ドアセダン。前輪を駆動させるのは2.7リッターのV6エンジン。4輪独立懸架サスペンションを採用する、新しいプラットフォームを採用したと謳われる。

「ダッジ・チャージャーSRT8」
ダッジ「チャージャーSRT8」を含む4車種を日本で発売

■現代のマッスルカー「チャージャーSRT8」

NASCARでも活躍する、スポーティセダンが「チャージャー」。日本には、クライスラーやジープブランドにも存在するハイパフォーマンスバージョン「SRT(ストリートアンドレーシングテクノロジー)」が投入される。6.1リッターのHEMIエンジンは431psを発生、0-100km/h加速は5秒というパフォーマンスをみせるという。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

チャージャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る