【スペック】全長×全幅×全高=4190×1710×1405mm/ホイールベース=2540mm/車重=1130kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(108ps/5800rpm、15.0kgm/4000rpm)/車両本体価格=199.0万円(テスト車=同じ)

シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】

シトロエン・クサラVTR(5MT) 2003.06.25 試乗記 ……199.0万円総合評価……★★★★

帰ってきた大穴

前回のマイナーチェンジと同時に姿を消した「クサラVTR」が帰ってきた。クーペボディのMTなのに、エンジンは普通の1.6リッター。中途半端だと思う人もいるかもしれないが、本国仕様に近いベーシックなMTのおもしろさを味わえる貴重な存在でもある。
DOHC化された1.6リッターの加速は必要にして十分。吹け上がりや音は気持ちよく、なによりもパワーを使い切れる楽しさがある。硬められていない足まわりは、シトロエンらしい乗り心地と予想以上のハンドリングを両立。クーペといえども室内の広さはセダンと同じだ。これで価格は200万円以下。ベスト・クサラであることはもちろん、ベスト・イン・クラスだとも思う。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
シトロエンのCセグメントを担当するモデルとしてクサラがデビューしたのは1997年。その後2000年と今年2003年にマイナーチェンジが実施されている。ボディはセダン、クーペ、ブレークの3タイプを用意するが、セダンとクーペのルーフラインはまったく同じ。サスペンションはシトロエンお得意のハイドラクティブではなく、通常の金属バネを使う。
(グレード概要)
日本仕様のサクソには、1.6リッターと2.0リッターの2種類の直列4気筒DOHCエンジンが用意される。セダンとブレークはどちらのエンジンも選べるが、クーペは 1.6リッターの「VTR」のみ。エンジンのチューニングは共通だ。トランスミッションは、セダンとブレークがATのみなのに対し、「VTR」はMTだけとなる。 スポーティモデルとエントリーモデルの両方の性格を合わせ持つモデルだ。


【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
インパネのデザインはデビュー以来不変。ただし、VTRのインパネはホワイトメーターとシルバーのセンターパネル/助手席側ガーニッシュが特徴で、スポーティな雰囲気を演出している。オートエアコン、キーレスエントリー、4エアバッグなど、装備はひととおりそろっている。センターパネル下側にあるパワーウイン ドースイッチはやや使いにくい。
(前席)……★★★
ボディカラーによって赤と青が使い分けられるファブリック張りのシートは、セダンやブレークと比べるとクッションが薄く、かための座り心地をもたらすが、形状がいいので疲れにくい。
(後席)……★★★
クーペとはいっても全高はセダンと同じなので、長いドアと助手席のウォークイン機構を使っての後席へのアクセスは楽。スペースはこのクラスの平均レベルで、大人が座っても問題ない。クッションは前席よりも厚く感じるぐらいで、座り心地は快適。中央席にも3点式シートベルトとヘッドレストが用意されるなど、安全性に対する配慮も万全だ。
(荷室)……★★★★★
荷室の容量は後席を立てた状態でも408リッターと、300リッター台前半にとどまるライバルを大きく引き離す。奥行き、深さ、幅、どれをとっても申し分のないスペ ースだ。なかでも、凝ったリアサスペンションのおかげで、サスペンションの出っ張りがまったくないのがいい。リアシートは、座面を起こしたあと背もたれを倒し込むダブルフォールディング方式だ。


【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
1.6リッターエンジンは、ATとの組み合わせとなるセダンやブレークでは、アクセル全開となる場面も多かったが、トルコンの滑りがないMTのVTRはそんなことはなく、ペダルの踏み込み量に比例した、スポーティな加速を味わえる。爆発力はないがこれで十分だ。滑らかな吹け上がりと4000rpmから上での心地よいサウンドは、なかなかスポーティに思えた。シフトレバーの動きは軽く、スッスッと操作できる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★
まず感じるのはボディ剛性の高さ。タイヤはパワーを考えれば太めだが、低速でのゴツゴツした突き上げ感はほとんどない。速度を上げたときのしっとりした乗り心地はいかにもシトロエンだ。コーナーではこの足まわりがしっかりと路面に接地してくれるおかげで、かなりのペースで走ることができる。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:森口将之
テスト日:2003年5月7日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:−−
タイヤ:(前)195/55 R15(後)(いずれもミシュラン・パイロット・プライマシー)
オプション装備:--
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1):山岳路(9)
テスト距離:−−
使用燃料:−−
参考燃費:−−




シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】の画像


シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】の画像


シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】の画像
クリックするとシートアレンジが見られます

クリックするとシートアレンジが見られます


シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】の画像


シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クサラVTSはかなり速い 1998.11.13 自動車ニュース 新西武自動車販売が11月9日に発売した「シトロエンクサラ」の高性能モデル「VTS」に試乗した。やっぱりマニュアルはイイ。「シトロエンクサラVTS」はクサラシリーズにおけるホッテストバージョンで、全長x全幅x全高=4165x1710x1365の2ドアボディに、165psの2リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載している。トランスミッションはラインナップ中ゆいいつの5段マニュアルで、本革シートもおごられて価格は299.0万円となっている。「クサラVTS」はわかりやすいクルマだ。このクラスの欧州車によくあるように、「このクルマは速いんだ!」ということを大きなエンジン音と堅い乗り心地で直截的に表現している。革のシートは一見豪華快適風だが、じつはクッションが固く(最初からバケットシートにしてくれたほうがどんなに嬉しいか)、「VTS」が全身でスポーティさを強調していることがわかる。くどいくらいに。 乗ってみると、勇ましい吸気音はともかく、回転がスムーズにレッドゾーンまで上がっていくのに胸が躍る。走行距離が1000km台のせいかやや固めのギアを入れてクラッチをつなぎ、ガスペダルを踏んだときの加速感は爽快だ。19.7kgmの最大トルクを5500rpmで発生するエンジンは、実際は低中回転域から十分なトルクを出すので、ふつうに走るのもラクだ。クルマ好きだったら、楽しい!と思うのは確実だ。街中では路面からの突き上げを少なからず感じるが、高速に入ると乗り心地はフラットになる。このへんの味つけは上手だし、高速域でも風切り音が少なく、「VTS」の完成度の高さをうかがわせる。ハンドリングもニュートラルで、僕はエグザンティアのインフォメーションのないステアリングフィールより、「クサラ」のほうが好ましい。考えてみると、このクラスのドイツ車で、同じような感覚を味わわせてくれるMT車は、もはやわが国には輸入されていない。3ドアボディはリアに軽くノッチがついているので一見してクーペのようだが、じつはハッチバック。ラゲッジルームは驚くほど広くないが、そのぶん後部座席におとな2人がちゃんと座っていられる。問題はペダルレイアウトで、クラッチペダルが中央に寄りすぎている点が気になる。もっともしばらく走っていたら慣れたので、自分のクルマにすれば気にならなくなるだろう。ライバルはというと、プジョー306S16やアルファロメオ145がすぐに思い浮かぶ。「走りの2リッター」として比較した場合、全方位的に完成度の高い「クサラVTS」に僕は軍配をあげたい。価格をもうすこし安くしてほしいのと、スペシャルなクルマなんだという演出が室内外に盛り込んでほしい、というのが望みである。(Web CG オガワ)クサラVTSは、かつてのCXターボやBXスポール以来、ひさびさに胸のすくような痛快さを味あわせてくれるスポール・シトロエンでありました。かなりガチガチのサスペンションも、走行距離が伸びて当たりがついてくれば、シトロエンらしいしなやかさが増してくるだろうと思われた。スポーツ指向の武闘派シトロエニストには福音のようなクルマだといえるでしょう。ちなみに燃費は、最悪でリッター8.4km、最高でリッター11km。もっとも、かなり飛ばしたので、おとなしく走ればもう少しよくなると思うけれど。(Web CG スヤマ)
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • 「シトロエン・クサラ」に豪華装備の限定車 2004.6.22 自動車ニュース シトロエンジャポンは、「クサラ」シリーズに、電動ガラスサンルーフや6連奏CDチェンジャーなどを付与した特別限定車「ベルエアパッケージ」を設定。2004年7月1日から販売を開始する。ベルエアは、仏語で“素晴らしい雰囲気”の意。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
ホームへ戻る