第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗る

2003.12.12 小沢コージの勢いまかせ!

第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗る

 
第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗るの画像
 
第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗るの画像

■刺激的なデザイン

新型「ルノー・メガーヌ」に乗ってきました。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを獲ったってこともそうだけど、すんげぇ気になるモデルだったから。だってカッコいいじゃん。やたら“挑戦的”なデザインが気になるじゃん! 人もクルマも“チャレンジャー”ってのは魅力あるよね。松井稼頭央とかさ。
だいたい、最近のBMWとルノーのデザインってすごいよね。ほとんど「ノルかソルか」のバクチ的デザイン。なかでもメガーヌは、全ルノーラインナップのなかでもキーになると思った。ヨーロッパの街なかで見た時、「すんげぇ刺激的だなぁ」って感じたし。

だけど、メガーヌは、BMWでいう3シリーズ的存在でしょ?「ヴェルサティス」や「アヴァンタイム」がBMWの7、6シリーズが、ある種アドバルーン的存在だとしたら、メインはコイツ。本当に数売って“実”を取らなきゃならない、一番重要で深刻なモデル。
ヨーロッパじゃ幸いなことに、デザインにしろ、アヴァンギャルド精神にしろ受け入れられて、売れてるみたいだけど、果たして日本ではどうか?

 
第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗るの画像
運転席に俺が普通に座って、リアシートはこのくらい。別に窮屈ってほどじゃないんだけさ、ほかが最近スゴいからね。
運転席に俺が普通に座って、リアシートはこのくらい。別に窮屈ってほどじゃないんだけさ、ほかが最近スゴいからね。

■退屈へのレジスタンス

率直にいいましょう。エクステリアデザインはステキだと思った。驚きのキャッチフレーズ“退屈へのレジスタンス”もよかったし、実際そういう印象を受けた。冷静に見ると、日本では多少埋没する部分もあるけど、街がゴチャゴチャし過ぎてるからかもしれない。とにかく、俺的には二重マル。

問題なのはインテリアだね。ほとんどアヴァンギャルドさがない。質感も高いし、わざとシンプルにしたんだと思うんだけど、俺にいわせるとオーソドクスすぎるっちゅうか、フルーすぎるっちゅうか。

それに、最近の日産車にしろ、「トヨタ・プリウス」にしろ、いまの日本車ってインテリア凄いじゃない? まるで新手のパソコンみたいな勢い。正直、メガーヌはエクステリアのわりに、インテリアに刺激がない。なおかつ、ルノーの場合、BMWみたいに「オーソドックスだけど、それがBMWらしい!」みたいな言い訳も使えない。日本におけるブランドイメージがないから。

それから乗り味。ステアリングから乗り心地からペダルのタッチから、すんげぇしっかりしてて厚みがあってイイ。ただ、どうにも「軽さ」がない。昔のルノー、俺が持ってるトゥインゴみたいな、お気楽さがない。
これはまあ、ないものねだりみたいなもんで、「ユーロNCAP★★★★★」っていう、超高い衝突安全性の見返りでもある。ドアにしろボディにしろ、異様に堅牢感あります。乗ってると「死なねぇなぁ」って感じ。

でも、日本じゃオーバークオリティな気もするんだよね。おそらく、アウトバーンとか200km/hぐらいで飛ばしてるとうれしいでしょう。その「死なねぇ感」がヒシヒシと伝わって。ところが、日本じゃ本当の価値を実感できない気がする。よっぱど飛ばす人しか。

 
第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗るの画像
 
第81回:キブンはハムレット!?“退屈へのレジスタンス”「ルノー・メガーヌ」に日本で乗るの画像

■ハムレットみたいに悩む

なによりの問題は、室内の狭さ。フロントシートはイイのよ。クッションに厚みがあって、フランス車らしくて凄くいい。だけどハッキリとリアシートは狭い。特にヒザまわりは、正直俺のトゥインゴ並みかとも思った。ここだけにスポット当てたら、マジ、ホンダ「フィット」とか買っちゃう。あんなに小さくて、あんなにバカ広いんだから。安全性も高いし、だいたい値段も半分!
それもこれも、あのシルクハットみたいなスタイルと、「ドライバーを車両の真ん中に置いて、ドライブフィールをよくしたい」っていう、ルノーの理想主義からきてるとはいえ、果たしてその考えが日本で理解されるかどうか……。

ヨーロッパで乗ると、心底欲しくなるでしょう。カッコいいし、安心できるし、乗っててキモチよさそう。リアの狭さも気になんない気がする。俺なんか買うなぁ……、理想主義って結構好きだし。
だけど日本じゃぁね。日本って「理想」より「現実」の社会じゃない? クルマにしろ政治にしろ。ホントはどこの世界も同じかもしれないけど。「理想」を取るべきか「現実」を取るべきか。ハムレットみたいに悩むね。このクルマは。

ちなみに聞いて驚いたけど、フランスじゃこの新型メガーヌになって、平均購買年齢が10歳ぐらい落ちたんだって。どこのメーカーも、ユーザーの若返りにメチャクチャ苦労してるから、これってスゴイことです。面白い国だよね、フランスって。

(文=小沢コージ/2003年12月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.25 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール」の中でも、“最高峰モデル”とされる「トロフィー」に試乗。専用チューンのエンジンや足まわりを吟味しつつワインディングロードを走らせてみると、ルノースポールならではの職人技が見えてきた。
ホームへ戻る