“ゴン中山”にニュービートル

2002.11.19 自動車ニュース
 

“ゴン中山”にニュービートル

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、サッカーJ1リーグ、ジュビロ磐田の中山雅史選手(FW)に、「2001ジュビロMIP」の副賞として「ニュービートルRSi」を贈呈、その納車式を2002年11月14日に行った。


「ニュービートルRSiをひとに例えると」との問いに「自分自身。見た目はかわいいけどやるときはやるところが似ている」と答え、会場を沸かせる場面も
 

VGJは、2001年7月よりジュビロ磐田とスポンサー契約を締結している。その一環として、昨年行われた試合で、最も印象深いプレーをした選手を選ぶ「2001ジュビロMIP」の副賞として「ニュービートル」を提供。ファン投票の結果、中山選手が受賞することとなった。

贈呈されたモデルは、ニュービートルの中でも、3.2リッターV6エンジン、4WD「4MOTION」システムを搭載するハイパフォーマンスバージョン「RSi」。 世界限定250台、日本国内販売台数45台、価格895.0万円という希少モデルだ。
中山選手は納車式で「非常にうれしい。ニュービートルはスタイリングが気に入っていた」と喜びを語った。

(webCG 永瀧)

「フォルクスワーゲングループジャパン」:
http://www.vwj.co.jp/
「ジュビロ磐田(株式会社ヤマハフットボールクラブ)」:
http://www.jubilo-iwata.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ビートルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る