メルセデス・ベンツSLS AMG GT(FR/7AT)

もっと“アガる”メルセデス 2013.05.03 試乗記 メルセデスのスーパースポーツ「SLS AMG」に、動力性能を高めてハンドリングを磨いた「GT」モデルが登場。ドアも走りも“アガる”SLSは今回の改良でどう進化した? 箱根を目指した。

スペシャルのなかのスペシャル

「SLS AMG」は2009年のフランクフルトモーターショーでデビューを飾り、翌2010年に発売されたメルセデス・ベンツのスーパースポーツだ。今やインハウスのスペシャルモデル開発部門であるAMGが、既存のモデルの性能を高めるのではなく、ゼロから設計したモデルだ。だからAMGの付かないSLSはない。

「SLS AMG GT」は、SLS AMGの動力性能を高めたスペシャルのなかのスペシャルだ。明確なモデルチェンジとはうたっていないものの、実質的な後継モデルといってもいい。ガルウイングのクーペと、コンベンショナルなドアとソフトトップの組み合わせであるロードスターがある。ちなみに、SLSには、さらに性能を高めた「ブラックシリーズ」というスペシャルのなかのスペシャル、のなかのスペシャルも存在する。

SLS AMG GTは、SLS AMGと見た目は変わらない。ブラックシリーズのように大きな羽根が前後に付いているわけではなく、パッと見て通常モデルと見分けられる人は少ないはずだ。

これまでのSLS AMGは6.2リッターV8エンジンを積み、最高出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmという途方もないパワーを発生した。このエンジンはM159といって「63 AMG」と呼ばれるモデルに搭載されてきたM156エンジンをドライサンプ化したエンジンだ。さらにGTのエンジンは型式こそM159のままだが、最高出力が20psアップの591psに高められた。最大トルクは変わらず。

「SLS AMG」の動力性能やハンドリング性能を高めたモデルが「SLS AMG GT」。2012年11月に発売され、2013年春に納車が始まった。
「SLS AMG」の動力性能やハンドリング性能を高めたモデルが「SLS AMG GT」。2012年11月に発売され、2013年春に納車が始まった。
ボディー各所のフィンやドアミラーなど、細部がグロスブラックに塗られるのがGT仕様の外観上の特徴。
ボディー各所のフィンやドアミラーなど、細部がグロスブラックに塗られるのがGT仕様の外観上の特徴。
6.2リッターV8自然吸気エンジンはGT専用のチューニングが施され、最高出力が標準モデル+20psの591psへ。アクセルレスポンスも向上した。
6.2リッターV8自然吸気エンジンはGT専用のチューニングが施され、最高出力が標準モデル+20psの591psへ。アクセルレスポンスも向上した。
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
ホームへ戻る