メルセデス・ベンツSLS AMG GT(FR/7AT)

もっと“アガる”メルセデス 2013.05.03 試乗記 メルセデスのスーパースポーツ「SLS AMG」に、動力性能を高めてハンドリングを磨いた「GT」モデルが登場。ドアも走りも“アガる”SLSは今回の改良でどう進化した? 箱根を目指した。

スペシャルのなかのスペシャル

「SLS AMG」は2009年のフランクフルトモーターショーでデビューを飾り、翌2010年に発売されたメルセデス・ベンツのスーパースポーツだ。今やインハウスのスペシャルモデル開発部門であるAMGが、既存のモデルの性能を高めるのではなく、ゼロから設計したモデルだ。だからAMGの付かないSLSはない。

「SLS AMG GT」は、SLS AMGの動力性能を高めたスペシャルのなかのスペシャルだ。明確なモデルチェンジとはうたっていないものの、実質的な後継モデルといってもいい。ガルウイングのクーペと、コンベンショナルなドアとソフトトップの組み合わせであるロードスターがある。ちなみに、SLSには、さらに性能を高めた「ブラックシリーズ」というスペシャルのなかのスペシャル、のなかのスペシャルも存在する。

SLS AMG GTは、SLS AMGと見た目は変わらない。ブラックシリーズのように大きな羽根が前後に付いているわけではなく、パッと見て通常モデルと見分けられる人は少ないはずだ。

これまでのSLS AMGは6.2リッターV8エンジンを積み、最高出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmという途方もないパワーを発生した。このエンジンはM159といって「63 AMG」と呼ばれるモデルに搭載されてきたM156エンジンをドライサンプ化したエンジンだ。さらにGTのエンジンは型式こそM159のままだが、最高出力が20psアップの591psに高められた。最大トルクは変わらず。

「SLS AMG」の動力性能やハンドリング性能を高めたモデルが「SLS AMG GT」。2012年11月に発売され、2013年春に納車が始まった。
「SLS AMG」の動力性能やハンドリング性能を高めたモデルが「SLS AMG GT」。2012年11月に発売され、2013年春に納車が始まった。
ボディー各所のフィンやドアミラーなど、細部がグロスブラックに塗られるのがGT仕様の外観上の特徴。
ボディー各所のフィンやドアミラーなど、細部がグロスブラックに塗られるのがGT仕様の外観上の特徴。
6.2リッターV8自然吸気エンジンはGT専用のチューニングが施され、最高出力が標準モデル+20psの591psへ。アクセルレスポンスも向上した。
6.2リッターV8自然吸気エンジンはGT専用のチューニングが施され、最高出力が標準モデル+20psの591psへ。アクセルレスポンスも向上した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る