ツートンカラーのダイハツ・ムーヴコンテ登場

2013.07.02 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴコンテ X」
「ダイハツ・ムーヴコンテ X」

ツートンカラーの「ダイハツ・ムーヴコンテ」登場

ダイハツ工業は2013年7月1日、軽乗用車「ムーヴコンテ」を一部改良し、販売を開始した。

ツートンカラーは「ナチュラルカラー(マスカットグリーンメタリック×パールホワイトIII)」「フレッシュカラー(ミストブルーマイカメタリック×パールホワイトIII)」「スウィートカラー(ムースピンクパール×パールホワイトIII)」の全3種類。
ツートンカラーは「ナチュラルカラー(マスカットグリーンメタリック×パールホワイトIII)」「フレッシュカラー(ミストブルーマイカメタリック×パールホワイトIII)」「スウィートカラー(ムースピンクパール×パールホワイトIII)」の全3種類。
「ムーヴコンテ X」のインパネまわり。
「ムーヴコンテ X」のインパネまわり。
「ムーヴコンテ X」のシート。
「ムーヴコンテ X」のシート。
「ムーヴコンテ カスタム」
「ムーヴコンテ カスタム」

今回の改良では、ボディーカラーのカラーバリエーションを一新。ムーヴコンテには「マスカットグリーンメタリック」「アーバンナイトブルークリスタルメタリック」「ムースピンクパール」の3色が、「ムーヴカスタム」には「ミストブルーマイカメタリック」が追加されたほか、ムーヴコンテでは3種類のツートンカラーも選べるようになった。

一方インテリアでは、ムーヴコンテのインパネとシートのアクセントカラーを、レッドからグリーンに変更。オーディオのデザインも変更されたほか、新たに3眼式のメーターが採用された。

パワートレインの改良も図られており、全仕様でCVTのフルードを低粘度化したほか、ターボ車の「カスタムRS」を除く全車にCVTサーモコントローラーを採用。また自然吸気(NA)エンジン搭載のFF車では、減速時にアイドリングストップが作動する車速が従来の7km/hから9km/hに引き上げられた。
これらの改良により、ムーヴコンテはNAのFF車で27.6km/リッター(JC08モード)の低燃費を実現。NAの全車がエコカー減税の免税対象車となった。

このほかにも、前後ブレーキのサイズアップによって制動力を強化。ダッシュサイレンサー(防音材)の性能やカウルの剛性の向上、スターターギアの改良などによって、車内に届く騒音を低減したほか、乗り心地を改善するためにブッシュの特性も変更された。

装備も強化しており、運転席シートリフターなどからなるアジャスタブルパックを全車に、キーフリー連動オート格納式ドアミラーやキーフリー電池残量警告灯を、「L」を除く全グレードに採用した。

価格とラインナップは以下の通り。
・L:112万5000円(FF)/124万6000円(4WD)
・X:122万5000円(FF)/134万6000円(4WD)
・G“NAVI”:132万5000円(FF)/144万6000円(4WD)
・カスタムX:132万5000円(FF)/144万6000円(4WD)
・カスタムG:142万5000円(FF)/154万6000円(4WD)
・カスタムRS:149万5000円(FF)/161万6000円(4WD)

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
ホームへ戻る