アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)

人々にスーパーカーを! 2013.10.09 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。

目指したのは「アフォーダブルな」スーパーカー

搭載するエンジンが4気筒であることを意味する「4C」という素っ気ないネーミングをもって登場した新しいアルファ・ロメオが、エンスージアストの熱い注目を集めている。その成り立ちをシンプルに表現すれば、「ジュリエッタ」の高性能モデルに搭載されている1.75リッターDOHC 4気筒ターボエンジンを一段とチューンし、2座クーペボディーのコックピット後方に横置きしたミドエンジンのロードゴーイングスポーツカー、ということになる。

少々意外な感じもするが、ミドエンジンの市販型ロードカーというのは、アルファ・ロメオにとって初めてのモデルである。この4Cのスタイリングイメージのベースになったといわれる「33ストラダーレ」はたしかにミドエンジンのロードカーだが、純レーシングモデルの「アルファ33」をベースに18台だけ造られたとされる好事家向けの少量生産車であって、本来の意味のロードカーとも、本当の意味の市販モデルともいえないからだ。

しかもそれに加えてアルファ4Cには、注目に値するポイントがもうひとつある。そのシャシーに、レーシングカーや超高級なスーパースポーツと同様の、カーボンファイバー製モノコックを採用しているのだ。排気量2リッターに満たない4気筒エンジンを搭載したクルマには過剰とも思える設計だが、しかしそこには明確な理由があった。高性能スポーツカーに不可欠な高い剛性を確保すると同時に、類いまれな軽量を達成するためである。

実はカーボンモノコックの採用には、もうひとつ理由があったと推測できる。それはアルファが4Cを単なるミドエンジンスポーツカーではなく、「アフォーダブルな」スーパーカー、つまり「手に余らない」スーパーカー、あるいは「入手しやすい」スーパーカーというべきクルマに位置づけたいと意図していたからだ。そのためには、カーボンモノコックの持つ先進性やプレミアム感は、極めて有効な武器になるに違いない。

スタイリングのモチーフとなった「33ストラダーレ」(右)。1967年から18台が造られたとされる。
スタイリングのモチーフとなった「33ストラダーレ」(右)。1967年から18台が造られたとされる。
インパネデザインは装飾性を排したシンプルなもの。メーターは液晶モニター表示のデジタル式となる。
インパネデザインは装飾性を排したシンプルなもの。メーターは液晶モニター表示のデジタル式となる。
アクセルとブレーキのペダルは支点を下に持つオルガン式。レーシーな雰囲気を醸し出す。
アクセルとブレーキのペダルは支点を下に持つオルガン式。レーシーな雰囲気を醸し出す。
シート表皮は赤ステッチ入りの黒いファブリックが標準。本国ではオプションとしてレザーのほか、マイクロファイバー・ファブリックとレザーのコンビタイプが用意される。
シート表皮は赤ステッチ入りの黒いファブリックが標準。本国ではオプションとしてレザーのほか、マイクロファイバー・ファブリックとレザーのコンビタイプが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4Cの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る