アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)

人々にスーパーカーを! 2013.10.09 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。

目指したのは「アフォーダブルな」スーパーカー

搭載するエンジンが4気筒であることを意味する「4C」という素っ気ないネーミングをもって登場した新しいアルファ・ロメオが、エンスージアストの熱い注目を集めている。その成り立ちをシンプルに表現すれば、「ジュリエッタ」の高性能モデルに搭載されている1.75リッターDOHC 4気筒ターボエンジンを一段とチューンし、2座クーペボディーのコックピット後方に横置きしたミドエンジンのロードゴーイングスポーツカー、ということになる。

少々意外な感じもするが、ミドエンジンの市販型ロードカーというのは、アルファ・ロメオにとって初めてのモデルである。この4Cのスタイリングイメージのベースになったといわれる「33ストラダーレ」はたしかにミドエンジンのロードカーだが、純レーシングモデルの「アルファ33」をベースに18台だけ造られたとされる好事家向けの少量生産車であって、本来の意味のロードカーとも、本当の意味の市販モデルともいえないからだ。

しかもそれに加えてアルファ4Cには、注目に値するポイントがもうひとつある。そのシャシーに、レーシングカーや超高級なスーパースポーツと同様の、カーボンファイバー製モノコックを採用しているのだ。排気量2リッターに満たない4気筒エンジンを搭載したクルマには過剰とも思える設計だが、しかしそこには明確な理由があった。高性能スポーツカーに不可欠な高い剛性を確保すると同時に、類いまれな軽量を達成するためである。

実はカーボンモノコックの採用には、もうひとつ理由があったと推測できる。それはアルファが4Cを単なるミドエンジンスポーツカーではなく、「アフォーダブルな」スーパーカー、つまり「手に余らない」スーパーカー、あるいは「入手しやすい」スーパーカーというべきクルマに位置づけたいと意図していたからだ。そのためには、カーボンモノコックの持つ先進性やプレミアム感は、極めて有効な武器になるに違いない。

スタイリングのモチーフとなった「33ストラダーレ」(右)。1967年から18台が造られたとされる。
スタイリングのモチーフとなった「33ストラダーレ」(右)。1967年から18台が造られたとされる。
インパネデザインは装飾性を排したシンプルなもの。メーターは液晶モニター表示のデジタル式となる。
インパネデザインは装飾性を排したシンプルなもの。メーターは液晶モニター表示のデジタル式となる。
アクセルとブレーキのペダルは支点を下に持つオルガン式。レーシーな雰囲気を醸し出す。
アクセルとブレーキのペダルは支点を下に持つオルガン式。レーシーな雰囲気を醸し出す。
シート表皮は赤ステッチ入りの黒いファブリックが標準。本国ではオプションとしてレザーのほか、マイクロファイバー・ファブリックとレザーのコンビタイプが用意される。
シート表皮は赤ステッチ入りの黒いファブリックが標準。本国ではオプションとしてレザーのほか、マイクロファイバー・ファブリックとレザーのコンビタイプが用意される。
関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
ホームへ戻る