新型ミニバン トヨタ・エスクァイア登場

2014.10.29 自動車ニュース
「トヨタ・エスクァイアGi」
「トヨタ・エスクァイアGi」
    拡大

新型ミニバン「トヨタ・エスクァイア」登場

トヨタ自動車は2014年10月29日、新型ミニバン「エスクァイア」を発表。同日に販売を開始した。

フロントには、「エスクァイア」の象徴である、大きなグリルが鎮座する。
フロントには、「エスクァイア」の象徴である、大きなグリルが鎮座する。
    拡大
サイドビュー。ベルトラインがステンレスのモールで飾られる。
サイドビュー。ベルトラインがステンレスのモールで飾られる。
    拡大
インテリアの造形は、基本的に「ヴォクシー/ノア」と共通。ダッシュボードやシートなどの材質を変えることで高級感が演出されている。
インテリアの造形は、基本的に「ヴォクシー/ノア」と共通。ダッシュボードやシートなどの材質を変えることで高級感が演出されている。
    拡大
超ロングスライド(写真の状態)が可能な、7人乗り仕様のセカンドシート。室内高はクラストップの1400mmを誇る。
超ロングスライド(写真の状態)が可能な、7人乗り仕様のセカンドシート。室内高はクラストップの1400mmを誇る。
    拡大
荷室の様子。写真は、サードシートを左右に跳ね上げ容量を最大化させたもの。
荷室の様子。写真は、サードシートを左右に跳ね上げ容量を最大化させたもの。
    拡大

新型ミニバン トヨタ・エスクァイア登場の画像 拡大

■ポイントは「クラスを超えた高級感」

エスクァイアは、5ナンバークラスの新たなキャブワゴン。居住性や使い勝手といったミニバンとしての基本性能を高めつつ、従来このクラスでは得られなかった高級感・上質感を追求したモデルとアピールされる。
クルマとしての基本的な作りは、2014年1月に発売された3代目「ヴォクシー/ノア」と共通。つまり、それらのデザインやマテリアルを変更することで“高級車化”が図られた、派生モデルといえる。

デザイン的に近いのは、ヴォクシーよりもノアのほう。これをベースに、高級サルーン「クラウンマジェスタ」を思わせる大きなメッキグリルやLEDヘッドランプ、サイドウィンドウ下端のステンレス製ベルトモール、大型のバックドアガーニッシュなどで、高級感が演出される。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4695×1695×1825mmで、ホイールベースは2850mm。ノアと共通の値となっている。

インテリアでも“本物感”が追求される。デザインそのものはノアと同じであるものの、合成皮革で覆われたインストゥルメントパネルや、黒木目調の装飾が施されたステアリングホイールとシフトノブ、ピアノブラックのパネル類、落ち着いた配色のシートなどで質感の向上が図られている。
低くフラットな床面や、クラストップを誇る1400mmの室内高、810mmの超ロングスライドを可能とする7人乗りのセカンドシート、6:4分割のチップアップも可能な8人乗りのセカンドシート、開口幅805mmのスライドドア、簡単操作で跳ね上げ収納できるサードシートなど、ミニバンのキモである広さと使い勝手のセリングポイントは、ノアゆずりだ。

パワートレインもヴォクシー/ノアと共通で、ガソリン車とハイブリッド車の2本立てとなる。前者は、152psと19.3kgmを発生する2リッター直4ガソリンエンジンで、7段スポーツシーケンシャルシフトマチック付きのCVTが組み合わされる。駆動方式はFFと4WDが選択可能で、燃費は最高16.0km/リッター。
後者は、ノアやヴォクシーだけでなくハイブリッド車の代名詞「プリウス」にも用いられる、1.8リッター直4エンジンとモーターからなるハイブリッドシステム。こちらの駆動方式はFFのみで、燃費は23.8km/リッターとなっている(燃費はすべてJC08モード)。

価格は、ガソリン車が「Xi」(8人乗り/FF車)の259万2000円から「Gi」(7人乗り/4WD車)の302万9142円まで。ハイブリッド車は7人乗り仕様限定の2グレード展開で、「Xi」(7人乗り/FF車)が304万3543円、「Gi」(7人乗り/FF車)が320万4000円。

(webCG)

「トヨタ・エスクァイア」のさらに詳しい写真はこちら
→「トヨタ・エスクァイア」発表会の様子はこちら

関連キーワード:
エスクァイアトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る