新型ミニバン トヨタ・エスクァイア登場

2014.10.29 自動車ニュース
「トヨタ・エスクァイアGi」
「トヨタ・エスクァイアGi」

新型ミニバン「トヨタ・エスクァイア」登場

トヨタ自動車は2014年10月29日、新型ミニバン「エスクァイア」を発表。同日に販売を開始した。

フロントには、「エスクァイア」の象徴である、大きなグリルが鎮座する。
フロントには、「エスクァイア」の象徴である、大きなグリルが鎮座する。
サイドビュー。ベルトラインがステンレスのモールで飾られる。
サイドビュー。ベルトラインがステンレスのモールで飾られる。
インテリアの造形は、基本的に「ヴォクシー/ノア」と共通。ダッシュボードやシートなどの材質を変えることで高級感が演出されている。
インテリアの造形は、基本的に「ヴォクシー/ノア」と共通。ダッシュボードやシートなどの材質を変えることで高級感が演出されている。
超ロングスライド(写真の状態)が可能な、7人乗り仕様のセカンドシート。室内高はクラストップの1400mmを誇る。
超ロングスライド(写真の状態)が可能な、7人乗り仕様のセカンドシート。室内高はクラストップの1400mmを誇る。
荷室の様子。写真は、サードシートを左右に跳ね上げ容量を最大化させたもの。
荷室の様子。写真は、サードシートを左右に跳ね上げ容量を最大化させたもの。

新型ミニバン トヨタ・エスクァイア登場の画像

■ポイントは「クラスを超えた高級感」

エスクァイアは、5ナンバークラスの新たなキャブワゴン。居住性や使い勝手といったミニバンとしての基本性能を高めつつ、従来このクラスでは得られなかった高級感・上質感を追求したモデルとアピールされる。
クルマとしての基本的な作りは、2014年1月に発売された3代目「ヴォクシー/ノア」と共通。つまり、それらのデザインやマテリアルを変更することで“高級車化”が図られた、派生モデルといえる。

デザイン的に近いのは、ヴォクシーよりもノアのほう。これをベースに、高級サルーン「クラウンマジェスタ」を思わせる大きなメッキグリルやLEDヘッドランプ、サイドウィンドウ下端のステンレス製ベルトモール、大型のバックドアガーニッシュなどで、高級感が演出される。
ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4695×1695×1825mmで、ホイールベースは2850mm。ノアと共通の値となっている。

インテリアでも“本物感”が追求される。デザインそのものはノアと同じであるものの、合成皮革で覆われたインストゥルメントパネルや、黒木目調の装飾が施されたステアリングホイールとシフトノブ、ピアノブラックのパネル類、落ち着いた配色のシートなどで質感の向上が図られている。
低くフラットな床面や、クラストップを誇る1400mmの室内高、810mmの超ロングスライドを可能とする7人乗りのセカンドシート、6:4分割のチップアップも可能な8人乗りのセカンドシート、開口幅805mmのスライドドア、簡単操作で跳ね上げ収納できるサードシートなど、ミニバンのキモである広さと使い勝手のセリングポイントは、ノアゆずりだ。

パワートレインもヴォクシー/ノアと共通で、ガソリン車とハイブリッド車の2本立てとなる。前者は、152psと19.3kgmを発生する2リッター直4ガソリンエンジンで、7段スポーツシーケンシャルシフトマチック付きのCVTが組み合わされる。駆動方式はFFと4WDが選択可能で、燃費は最高16.0km/リッター。
後者は、ノアやヴォクシーだけでなくハイブリッド車の代名詞「プリウス」にも用いられる、1.8リッター直4エンジンとモーターからなるハイブリッドシステム。こちらの駆動方式はFFのみで、燃費は23.8km/リッターとなっている(燃費はすべてJC08モード)。

価格は、ガソリン車が「Xi」(8人乗り/FF車)の259万2000円から「Gi」(7人乗り/4WD車)の302万9142円まで。ハイブリッド車は7人乗り仕様限定の2グレード展開で、「Xi」(7人乗り/FF車)が304万3543円、「Gi」(7人乗り/FF車)が320万4000円。

(webCG)

「トヨタ・エスクァイア」のさらに詳しい写真はこちら
→「トヨタ・エスクァイア」発表会の様子はこちら

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る