シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)

うしろめたいくらい気持ちいい 2015.03.04 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。

先代モデルより見た目はアッサリ

このクルマのプレス試乗会で知り合いにあった。職業:フォトグラファー(仲間うちに1人いるといろいろ使える感じのクルマ好き)。その試乗会へも乗ってきていたはずの現マイカーは先代C4ピカソ7人乗りで、彼はそれを気に入っている。せっかくなので新型C4ピカソの印象をたずねたところ、「クルマはいいです。ただし、新型になって得たものと失ったものが……」。ほう。じゃあ、その失ったものって、なに? 「ギミックさ」。

ギミック“さ”。この場合の「さ」は「高さ」とか「デカさ」の「さ」と同じで、もうちょっとフツーに通じやすい日本語(じゃないけど)に直すとギミック度、あるいはギミック充実度……ぐらいか。そのギミックが具体的にどんなものかは、きいて教えてもらったけど忘れてしまった。例えば運転席のドアの内側の収納スペースのなかの照明……だったかナンだったか。

ナルホドというか、今度のC4ピカソは内外見た目が先代比アッサリ化しているように思える。見える。あるいはフツー化無難化の方向。日本の路上で“ガイシャさ”を発揮しまくりうる物件としては先代C4ピカソ、もっというとその短いほう=5人乗りはかなりのものだった。もちろん、5人乗りの日本仕様はなかったわけだけど。

「日本で売るなら、やっぱりこのテは3列シートじゃないと……」かなんか、ヒョーロンカはいいがちである。得意顔で。♪ホワ~イなぜに? ま、きくまでもないゼはっはっは。

2014年10月に発売された「シトロエンC4ピカソ」。3列7人乗りの「グランドC4ピカソ」とはボディーの大きさだけでなく、ピラーなどのデザインも異なっている。
2014年10月に発売された「シトロエンC4ピカソ」。3列7人乗りの「グランドC4ピカソ」とはボディーの大きさだけでなく、ピラーなどのデザインも異なっている。
「C4ピカソ」のインテリア。インストゥルメントパネルには、メーターの役割を果たす12インチパノラミックスクリーンと、空調やオーディオ、ドライビングアシスト機能などを操作する7インチタッチスクリーンが備わる。
「C4ピカソ」のインテリア。インストゥルメントパネルには、メーターの役割を果たす12インチパノラミックスクリーンと、空調やオーディオ、ドライビングアシスト機能などを操作する7インチタッチスクリーンが備わる。
シートの色はブラックとグレーのツートンカラーで、表皮にはファブリックを採用。オプションでブラック/シャンパンのナッパレザーシートも用意される。
シートの色はブラックとグレーのツートンカラーで、表皮にはファブリックを採用。オプションでブラック/シャンパンのナッパレザーシートも用意される。
後席は3人乗り。3座個別にスライド調整や床下格納が可能となっている。
後席は3人乗り。3座個別にスライド調整や床下格納が可能となっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4ピカソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る