アウディA3スポーツバックe-tron(FF/6AT)

クルマとしてよくできている 2015.10.20 試乗記 アウディにとって初のプラグインハイブリッド車(PHEV)である「A3スポーツバックe-tron」が、いよいよ日本でデビューを果たした。自動車の“電化”で先行する日本勢に対し、アウェイの地で戦いを挑むドイツ生まれのPHEVの出来栄えを試す。

電気だけで52.8kmを走れる

「アウディ初のプラグインハイブリッドモデル」であるところのA3スポーツバックe-tron(長い車名なので以下「A3e」と略します)は、総電力量8.7kWhのリチウムイオン二次電池に、ある程度かもっと電力がたまっている状態で走ると、これはかなり、またはほとんどただの電気自動車(EV)である。
わざわざEV走行モードにしなくても。国土交通省審査値的には、電気駆動のみでの航続距離は52.8km。リアルワールド上ではハナシ半分、いや仮に6割としても30km超。横浜みなとみらい近辺で開催されるプレス試乗会のひと枠で走る距離が、一般道メインのコースだとだいたいそれくらい……かな~。

なおご参考までに、ほかのプラグインハイブリッド車=PHEV(そのスジの人たちは“ピーヘブ”と呼んだりします)の走行用というか駆動用の二次電池の総電力容量を列挙すると……

・トヨタ・プリウスPHV:4.4kWh
・三菱アウトランダーPHEV:12kWh
・ホンダ・アコード プラグインハイブリッド:6.7kWh

……ザッとこんな具合。あと、純EVの「日産リーフ」がたしか、24kWhとか。

で、A3e。PHEV化に伴う重量増は250kgだそうで、試乗した個体の車両重量は1600kg(車検証記載値)。うちわけは、前軸重量が910kgで後軸重量が610kg。計算上、全体の57%弱がフロントアクスルに載っかっている。わかりやすくいうと、ハナが重めのFRぐらいの感じの前後配分。

リチウムイオン二次電池は、フツーの「A3」だったら燃料タンクがある場所にある。つまり後席の下。ではA3eの燃料タンクはどこにあるかというと、荷室の下。容量40リッター。「MQBはPHEVへの対応も当初より織り込み済み」うんぬんとは、そのへんのこと(例えば後突時のタンクの保護能力とか)もふくめてのこと……なんでしょう。どれどれと思いながらノゾいてみたところ、まず目に入ったのはダンパー。貼られたラベルにいわくSACHS。おー。「一般的なツインチューブダンパーのいっこいっこの部品の足りないところ、ダメなところをぜーんぶ直していくと……SACHSになるんですよ(笑)」とは、某サスペンションの達人談。

「A3スポーツバックe-tron」は、アウディ初の量産プラグインハイブリッド車として、2013年のジュネーブショーで発表された。
「A3スポーツバックe-tron」は、アウディ初の量産プラグインハイブリッド車として、2013年のジュネーブショーで発表された。
インストゥルメントパネルまわりの意匠については、基本的に純ガソリン車と共通。ただし、メーターやダッシュボード上のモニターには「e-tron」専用の表示機能が採用されている。
インストゥルメントパネルまわりの意匠については、基本的に純ガソリン車と共通。ただし、メーターやダッシュボード上のモニターには「e-tron」専用の表示機能が採用されている。
フロントまわりでは、14本のメッキバーを備えたフロントグリルが「e-tron」の特徴。「S line」用のものをベースに、左右のエアインレットに装飾を施したバンパーも、純ガソリン車との違いとなっている。
フロントまわりでは、14本のメッキバーを備えたフロントグリルが「e-tron」の特徴。「S line」用のものをベースに、左右のエアインレットに装飾を施したバンパーも、純ガソリン車との違いとなっている。
リフレクター付きのバンパーや、専用デザインのディフューザー、サイドスカートなども「e-tron」の目印である。
リフレクター付きのバンパーや、専用デザインのディフューザー、サイドスカートなども「e-tron」の目印である。
フロントのフェンダーパネルを飾る「e-tron」のロゴ。
フロントのフェンダーパネルを飾る「e-tron」のロゴ。
関連記事 ホームへ戻る