ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(FF/6AT)/プジョー208GTi(FF/6MT)/フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)/フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)(前編)

ものすごく楽しいクルマ 2016.01.20 試乗記 “最強のルーテシアR.S.”とうたわれる「ルノー・ルーテシアR.S.トロフィー」の実力は、どれほどのものなのか? レーシングドライバーの谷口信輝が、ライバルメーカーの最新ホットハッチとともに、サーキットで試乗。走りの印象を報告する。

見た目で伝わるポテンシャル

「ぱっと見た感じ、あの白いクルマが一番走りそうですね」

袖ヶ浦フォレストレースウェイのパドックに並んだルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー(以下、R.S.トロフィー)と、「プジョー208GTi」「フォルクスワーゲン・ポロGTI」「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」を合わせた4台をやや遠くから眺めただけで、レーシングドライバーの谷口信輝はそう言い放った。

ちなみに、谷口のいう“白いクルマ”とはルーテシアR.S.トロフィーのこと。もっとも、この時点ではやや長めの車名やそのスペックはおろか、ルノーがフランスのメーカーであることさえ明確には意識していなかったのだから、谷口のめざとさには驚くしかない。

むろん、根拠がないわけではなかった。
「まず、車高が低いでしょ。それにボディーがワイドで、いかにも重心が低そう。見たところ、タイヤのパフォーマンスも白いクルマが一番高そうですね」
一方、何の先入観も予備知識も持たない谷口が、用意した4台のホットハッチを公平な目で評価してくれそうなことも明らかになった。なお、今回のテスト車両はルーテシアR.S.トロフィーのみ2ペダルの6段DCTで、そのほかのモデルはいずれも6段MTをチョイスした(プジョー208GTiはMTのみの設定)。

ルノーの高性能ハッチバック「ルーテシアR.S.」の中でも、最もサーキット寄りの仕様とされる「ルーテシアR.S.トロフィー」。日本国内では2015年11月に発売された。
ルノーの高性能ハッチバック「ルーテシアR.S.」の中でも、最もサーキット寄りの仕様とされる「ルーテシアR.S.トロフィー」。日本国内では2015年11月に発売された。
「ルーテシアR.S.トロフィー」のインテリア。黒を基調に、差し色の赤で飾られる。
「ルーテシアR.S.トロフィー」のインテリア。黒を基調に、差し色の赤で飾られる。
「ルーテシアR.S.トロフィー」の18インチアルミホイール。テスト車には、ミシュランの「パイロットスーパースポーツ」が装着されていた。
「ルーテシアR.S.トロフィー」の18インチアルミホイール。テスト車には、ミシュランの「パイロットスーパースポーツ」が装着されていた。
谷口信輝(たにぐち のぶてる)
1971年生まれのレーシングドライバー。「トヨタ・アルテッツァ ワンメイクレース」を皮切りに、30歳で本格的にレース活動を開始。以来、スーパー耐久のST1クラスやSUPER GTのGT300クラスでチャンピオンを獲得するなど、国内のレースで数々の勝利を重ねる。
谷口信輝(たにぐち のぶてる)
	1971年生まれのレーシングドライバー。「トヨタ・アルテッツァ ワンメイクレース」を皮切りに、30歳で本格的にレース活動を開始。以来、スーパー耐久のST1クラスやSUPER GTのGT300クラスでチャンピオンを獲得するなど、国内のレースで数々の勝利を重ねる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る