フェラーリ、GTC4ルッソを披露【ジュネーブショー2016】

2016.02.09 自動車ニュース
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。

【ジュネーブショー2016】フェラーリ、「GTC4ルッソ」を披露

伊フェラーリは、スイスで開催される第86回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2016年3月1日~2日/一般公開日:3月3日~13日)で、「FF」の後継モデルに当たる「GTC4ルッソ」を世界初公開する。

「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。
「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。

■後輪操舵機構を採用

4WDドライブトレインと4シーターレイアウトを持つフェラーリ随一のオールラウンダー、FFがGTC4ルッソに進化する。

V12エンジンは6262ccの排気量はそのままに、圧縮比を12.3から13.5に高めるなどして30ps強化の690psを達成。0-100km/h:3.4秒という加速性能を得ている。最高速は335km/h。

フェラーリが特許を持つ4WDシステム「4RM」は、今回新たに後輪操舵(そうだ)機構が備わる「4RM-S」に更新される。また、スタイリングは自社のデザイン部門によって随所に変更が加えられ、ルーフスポイラーやリアディフューザーなどを装着することにより、空力性能が見直されている。

GTC4ルッソの主要諸元は以下のとおり。

全長×全幅×全高=4922×1980×1383mm/車重=1790kg(乾燥重量)/駆動方式=4WD/重量配分(前:後ろ)=47:53/エンジン=6.3リッターV12(バンク角65度)/最高出力=690ps(507kW)/8000rpm/最大トルク=71.1kgm(697Nm)/5750rpm

(webCG)

関連キーワード:
GTC4ルッソフェラーリジュネーブモーターショー2016自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
ホームへ戻る