フェラーリ、GTC4ルッソを披露【ジュネーブショー2016】

2016.02.09 自動車ニュース
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。

【ジュネーブショー2016】フェラーリ、「GTC4ルッソ」を披露

伊フェラーリは、スイスで開催される第86回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2016年3月1日~2日/一般公開日:3月3日~13日)で、「FF」の後継モデルに当たる「GTC4ルッソ」を世界初公開する。

「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。
「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。

■後輪操舵機構を採用

4WDドライブトレインと4シーターレイアウトを持つフェラーリ随一のオールラウンダー、FFがGTC4ルッソに進化する。

V12エンジンは6262ccの排気量はそのままに、圧縮比を12.3から13.5に高めるなどして30ps強化の690psを達成。0-100km/h:3.4秒という加速性能を得ている。最高速は335km/h。

フェラーリが特許を持つ4WDシステム「4RM」は、今回新たに後輪操舵(そうだ)機構が備わる「4RM-S」に更新される。また、スタイリングは自社のデザイン部門によって随所に変更が加えられ、ルーフスポイラーやリアディフューザーなどを装着することにより、空力性能が見直されている。

GTC4ルッソの主要諸元は以下のとおり。

全長×全幅×全高=4922×1980×1383mm/車重=1790kg(乾燥重量)/駆動方式=4WD/重量配分(前:後ろ)=47:53/エンジン=6.3リッターV12(バンク角65度)/最高出力=690ps(507kW)/8000rpm/最大トルク=71.1kgm(697Nm)/5750rpm

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GTC4ルッソの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2016.1.14 試乗記 エンジンを自然吸気からターボに改めた新時代のV8フェラーリ「488GTB」に試乗。670psと760Nmを生み出す3.9リッターV8ターボユニットは、ミドシップフェラーリの歴史にいかなる1ページを加えたのだろうか?
  • ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を発表 2016.12.21 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2016年12月19日(現地時間)、「アヴェンタドール」の次世代モデルとなる「アヴェンタドールS」を発表した。今回のアヴェンタドールSは、エンジンの強化に加えて、空力にこだわった新デザインや4輪操舵システムなどが採用されている。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • 新デザインの「マセラティ・クアトロポルテ」発売NEW 2017.1.16 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2017年1月16日、マイナーチェンジでデザインや装備に変更が加えられた、4ドアセダン「クアトロポルテ」を発表。同日、国内販売を開始した。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る