フェラーリ、GTC4ルッソを披露【ジュネーブショー2016】

2016.02.09 自動車ニュース
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。
ジュネーブショー2016で公開される「フェラーリGTC4ルッソ」。 拡大

【ジュネーブショー2016】フェラーリ、「GTC4ルッソ」を披露

伊フェラーリは、スイスで開催される第86回ジュネーブ国際モーターショー(プレスデー:2016年3月1日~2日/一般公開日:3月3日~13日)で、「FF」の後継モデルに当たる「GTC4ルッソ」を世界初公開する。

「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。
「GTC4ルッソ」のサイドビュー。スタイリングの変更はフェラーリのデザイン部門が行った。 拡大
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。
インテリアはセンターパネルやセンターコンソールなどが変更されている。 拡大
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。
テールランプは4灯式に。リアディフューザーやルーフスポイラーなどの装着により、空力性能が改善されている。 拡大

■後輪操舵機構を採用

4WDドライブトレインと4シーターレイアウトを持つフェラーリ随一のオールラウンダー、FFがGTC4ルッソに進化する。

V12エンジンは6262ccの排気量はそのままに、圧縮比を12.3から13.5に高めるなどして30ps強化の690psを達成。0-100km/h:3.4秒という加速性能を得ている。最高速は335km/h。

フェラーリが特許を持つ4WDシステム「4RM」は、今回新たに後輪操舵(そうだ)機構が備わる「4RM-S」に更新される。また、スタイリングは自社のデザイン部門によって随所に変更が加えられ、ルーフスポイラーやリアディフューザーなどを装着することにより、空力性能が見直されている。

GTC4ルッソの主要諸元は以下のとおり。

全長×全幅×全高=4922×1980×1383mm/車重=1790kg(乾燥重量)/駆動方式=4WD/重量配分(前:後ろ)=47:53/エンジン=6.3リッターV12(バンク角65度)/最高出力=690ps(507kW)/8000rpm/最大トルク=71.1kgm(697Nm)/5750rpm

(webCG)

関連キーワード:
GTC4ルッソフェラーリジュネーブモーターショー2016自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る