アウディ、Q2でコンパクトSUV市場に参入【ジュネーブショー2016】

2016.03.02 自動車ニュース
「アウディQ2」
「アウディQ2」

【ジュネーブショー2016】アウディが「Q2」でコンパクトSUV市場に参入

独アウディは2016年3月1日、ジュネーブショー2016(開催期間:2016年3月1日~13日)で新型コンパクトSUV「Q2」を発表した。

「Q2」のリアビュー。
「Q2」のリアビュー。
「Q2」のインストゥルメントパネルまわり。
「Q2」のインストゥルメントパネルまわり。
「アウディS4アバント」
「アウディS4アバント」
「S4アバント」のインストゥルメントパネルまわり。
「S4アバント」のインストゥルメントパネルまわり。
「アウディRS Q3パフォーマンス」
「アウディRS Q3パフォーマンス」

■アウディSUVシリーズにおける最小モデル

Q2は全長4.19mというコンパクトなボディーサイズのクロスオーバーSUVであり、アウディのルパート・シュタートラー会長は同車について「アウディならではの技術ノウハウと、高い実用性、エモーショナルなキャラクターを融合したコンパクトSUV」と説明している。

「あえて定石どおりのものにすることで、アウディのQファミリーのなかで独自のキャラクターを備えたSUVとなった」というエクステリアについては、ユーザーの好みに応じて各部をカスタマイズすることが可能。インテリアともども、鮮やかなカラーが設定される。またインテリアでは、シートポジションをステアリングホイールに対して低めとなるスポーティーな設定としたほか、操作類については誰でもすぐなじめることに配慮して設計したという。

エンジンはガソリン、ディーゼル合わせ全6種類の設定で、最高出力が150ps以上のエンジンを搭載したモデルについては、フルタイム4WDシステムの「クワトロ」を設定。またすべてのモデルにおいて、トランスミッションには「Sトロニック」を採用している。

装備についても充実しており、ギア比可変ステアリング機構の「プログレッシブステアリング」を標準で、可変ダンパーと走行モード切り替え機構「アウディドライブセレクト」をオプションで採用。液晶メーターの「アウディバーチャルコックピット」やヘッドアップディスプレイなども用意されている。

発売は、欧州において2016年秋の予定。

■2台のハイパフォーマンスモデルを発表

アウディはこのほかにも、今回のジュネーブショーにおいて「S4アバント」と「RS Q3パフォーマンス」を発表。前者は最高出力354psを発生する新開発の3リッターV6ターボエンジンを搭載した「A4アバント」の高性能モデルであり、また2015年秋のフランクフルトショーで発表された「S4セダン」のステーションワゴンバージョンにあたる。フルタイム4WDシステムとの組み合わせにより、0-100km/h加速は4.9秒を実現。最高速はリミッターによって250km/hに抑えられている。市場導入は2016年夏の予定で、価格はドイツで6万1150ユーロ(約764万円、1ユーロ=125円で換算)とされている。

一方、RS Q3パフォーマンスは、アウディ伝統の5気筒ターボエンジンを搭載した高性能SUV「RS Q3」のさらなるハイパフォーマンスモデルにあたる。最高出力はベース車比27psアップの367psに高められており、動力性能は0-100km/h加速が4.4秒、最高速は270km/hと公表されている。価格はドイツで6万1000ユーロ(約762万5000円、1ユーロ=125円で換算)。

(webCG)

→「アウディQ2」のより詳しい写真はこちら
→「アウディS4アバント」「RS Q3パフォーマンス」の写真はこちら

関連記事
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第409回:「アウディQ2」のデザイナー
    若者が求める“クルマ像”を語る
    2017.5.8 エディターから一言 アウディのコンパクトSUV「Q2」の発売に伴い、同車のデザイナーを務めたマティアス・フィンク氏が来日。同車がターゲットとしている、若者が求める“クルマ像”とはどのようなものなのか、自身も30代という若手デザイナーが語った。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
ホームへ戻る