ランボ、戦闘機イメージのウラカンを発表【ジュネーブショー2016】

2016.03.04 自動車ニュース
戦闘機のイメージでドレスアップした限定車「ランボルギーニ・ウラカン アヴィオ」。
戦闘機のイメージでドレスアップした限定車「ランボルギーニ・ウラカン アヴィオ」。

【ジュネーブショー2016】ランボルギーニ、戦闘機をイメージした「ウラカン」の限定車を発表

伊ランボルギーニはジュネーブショー2016で、限定車「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4 アヴィオ」を発表した。世界限定250台で、日本へは2016年夏に上陸する予定。車両価格は2820万円。

室内には黒いレザーのほか、六角形の模様が刻まれたアルカンターラが使用されている。
室内には黒いレザーのほか、六角形の模様が刻まれたアルカンターラが使用されている。

■ボディーカラーは全5色

ウラカン アヴィオ(Avio)のドレスアップイメージは戦闘機。ボディーカラーは全5色で、パール光沢仕上げの標準色「グリージョ・ファルコ」(グレー系)のほかに、「ブル・グリフォ」(ブルー系)、「グリージョ・ニッビオ」「グリージョ・ヴルカーノ」(ともにグレー系)、「ヴェルデ・トゥルビネ」(グリーン系)というつや消し色が設定される。これらの色名はイタリア空軍アカデミーのコースを示す紋章にちなんでいるという。

そして、これらとは対照的な白、またはグレーのアクセントが、サイドシルやサイドミラー、フロントスポイラーのリップなどに施され、同様に白かグレーの2本ラインが、ルーフからボンネットまで前後方向に入るのが外観上の特徴。ドアパネルにはランボルギーニの頭文字と、同社設立年(1963年)を組み合わせた「L63」というロゴが付く。

内装には、黒いレザーのほか、レーザー彫刻によって六角形の模様を刻んだアルカンターラが、シートの中央部、アームレスト、ニーサポート、ドアトリムなどに用いられている。この特別なアルカンターラはウラカン アヴィオで初めて使用されたものという。

5.2リッターのV10自然吸気エンジン(610ps)を搭載し、トランスミッションは7段デュアルクラッチ式。0-100km/h加速は3.2秒で、最高速は325km/h以上と発表されている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.6.14 試乗記 可変空力システムの導入、フォージドコンポジットによる軽量化、そして5.2リッターV10ユニットの強化――。ランボルギーニ・ウラカンの新たな高性能モデル「ペルフォルマンテ」の実力を、イタリアのイモラ・サーキットで解き放った。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ 2017.6.8 画像・写真 ドイツのニュルブルクリンクで量産車最速記録を樹立した、ランボルギーニのハイパフォーマンスモデル「ウラカン ペルフォルマンテ」が日本上陸。2017年6月8日、国内で初披露された。その姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
ホームへ戻る