ランボ、戦闘機イメージのウラカンを発表【ジュネーブショー2016】

2016.03.04 自動車ニュース
戦闘機のイメージでドレスアップした限定車「ランボルギーニ・ウラカン アヴィオ」。
戦闘機のイメージでドレスアップした限定車「ランボルギーニ・ウラカン アヴィオ」。

【ジュネーブショー2016】ランボルギーニ、戦闘機をイメージした「ウラカン」の限定車を発表

伊ランボルギーニはジュネーブショー2016で、限定車「ランボルギーニ・ウラカンLP610-4 アヴィオ」を発表した。世界限定250台で、日本へは2016年夏に上陸する予定。車両価格は2820万円。

室内には黒いレザーのほか、六角形の模様が刻まれたアルカンターラが使用されている。
室内には黒いレザーのほか、六角形の模様が刻まれたアルカンターラが使用されている。

■ボディーカラーは全5色

ウラカン アヴィオ(Avio)のドレスアップイメージは戦闘機。ボディーカラーは全5色で、パール光沢仕上げの標準色「グリージョ・ファルコ」(グレー系)のほかに、「ブル・グリフォ」(ブルー系)、「グリージョ・ニッビオ」「グリージョ・ヴルカーノ」(ともにグレー系)、「ヴェルデ・トゥルビネ」(グリーン系)というつや消し色が設定される。これらの色名はイタリア空軍アカデミーのコースを示す紋章にちなんでいるという。

そして、これらとは対照的な白、またはグレーのアクセントが、サイドシルやサイドミラー、フロントスポイラーのリップなどに施され、同様に白かグレーの2本ラインが、ルーフからボンネットまで前後方向に入るのが外観上の特徴。ドアパネルにはランボルギーニの頭文字と、同社設立年(1963年)を組み合わせた「L63」というロゴが付く。

内装には、黒いレザーのほか、レーザー彫刻によって六角形の模様を刻んだアルカンターラが、シートの中央部、アームレスト、ニーサポート、ドアトリムなどに用いられている。この特別なアルカンターラはウラカン アヴィオで初めて使用されたものという。

5.2リッターのV10自然吸気エンジン(610ps)を搭載し、トランスミッションは7段デュアルクラッチ式。0-100km/h加速は3.2秒で、最高速は325km/h以上と発表されている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4(4WD/7AT)【短評】 2014.4.22 試乗記 トップカテゴリーのレーサーすらしのぐパワーや、路面に貼り付くようなハンドリングだけが、「アヴェンタドール」をして“スーパー”たらしめているわけではない。その低く、幅広く、異様なまでの存在感に満ちた外形が、人々の心に畏れを抱かせるのだ。東京から一路、西へ。伊豆のワインディングロードで試乗した。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.6.30 試乗記 ランボルギーニというと、とかくアバンギャルドなイメージを抱きがち。しかし、そこに込められた作り手の思いは意外や“古風”だ。車両の挙動を楽しませてくれる後輪駆動の「ウラカンLP580-2」は、クラシコの粋がわかるドライバーに薦めたい。
ホームへ戻る