日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露

2016.04.01 自動車ニュース

「日産GT-R」(2017年モデル)


	「日産GT-R」(2017年モデル)

日産、「GT-R」の2017年モデルを国内初披露

日産自動車は2016年4月1日、ハイパフォーマンスカー「GT-R」の2017年モデルを、国内で初めて公開した。

 
日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露の画像
 
日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露の画像
 
日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露の画像
 
日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露の画像

ニューヨーク国際オートショー(会期:2016年3月23日~4月3日)で世界初公開された日産GT-Rの2017年モデルが、日本国内で初めて披露された。

既報の通り、2017年モデルのGT-Rには、従来の年次改良よりも大幅な仕様変更が施されており、走行性能のみならず洗練性の向上も図られている。(関連ニュース

具体的な変更点は、空力性能を向上させるべく手直しされたエクステリアや、水平基調の意匠が採用されたインストゥルメントパネル、シフトパドルや車両設定スイッチなどの操作系、パワーアップしたエンジン、ボディー剛性の向上とともにリファインされた足まわり、そして“音”の演出などである。

披露会であいさつに立った、日産自動車代表取締役CCOの西川廣人氏は、この最新モデルを「日産の“ものづくりパッション”を詰め込んで開発した、特別なクルマ」と紹介。同じ日、同社の入社式もGT-Rの前で行い、新入社員を鼓舞したというエピソードを披露した。

GT-Rの2017年モデルの正式発表は、2016年夏ごろになる予定だ。

(webCG)

→2017年型GT-Rのフォトギャラリーはこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る