日産、GT-Rの2017年モデルを国内初披露

2016.04.01 自動車ニュース

「日産GT-R」(2017年モデル)


	「日産GT-R」(2017年モデル)
	拡大

日産、「GT-R」の2017年モデルを国内初披露

日産自動車は2016年4月1日、ハイパフォーマンスカー「GT-R」の2017年モデルを、国内で初めて公開した。

ニューヨーク国際オートショー(会期:2016年3月23日~4月3日)で世界初公開された日産GT-Rの2017年モデルが、日本国内で初めて披露された。

既報の通り、2017年モデルのGT-Rには、従来の年次改良よりも大幅な仕様変更が施されており、走行性能のみならず洗練性の向上も図られている。(関連ニュース

具体的な変更点は、空力性能を向上させるべく手直しされたエクステリアや、水平基調の意匠が採用されたインストゥルメントパネル、シフトパドルや車両設定スイッチなどの操作系、パワーアップしたエンジン、ボディー剛性の向上とともにリファインされた足まわり、そして“音”の演出などである。

披露会であいさつに立った、日産自動車代表取締役CCOの西川廣人氏は、この最新モデルを「日産の“ものづくりパッション”を詰め込んで開発した、特別なクルマ」と紹介。同じ日、同社の入社式もGT-Rの前で行い、新入社員を鼓舞したというエピソードを披露した。

GT-Rの2017年モデルの正式発表は、2016年夏ごろになる予定だ。

(webCG)

→2017年型GT-Rのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • 日産が「Nissan GT-R50 by Italdesign」の限定生産を示唆 2018.7.10 自動車ニュース 日産が、イタルデザインと共同開発したプロトタイプモデル「Nissan GT-R50 by Italdesign」をベースとした市販車を、限定生産する可能性があると発表。価格はおおむね90万ユーロから。生産台数は50台以下で、イタルデザインによる生産を想定しているという。
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • 新型「GTR」、最高出力は450psでキマリ!? 2007.3.16 自動車ニュース 2007年4月のニューヨークショーで、スカイライン「G37スポーツクーペ」がデビュー。そこから見えてくる新型「GTR」の姿とは? アメリカからのリポート。
ホームへ戻る