キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)

優しい怪物 2016.07.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生する過給機付きV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。

“アクセル一発”で感じる凄み

これはコルベット・セダンか!? と思った。パワーユニットとトランスミッションが「コルベットZ06」と同じであることを忘れていたわけじゃないが、それにしても車重が300kgも重いわけだからね、と思っていたところはあった。セダンだから少しマイルドに仕立て上げられているだろうと考えていたところもあった。真新しいスーパースポーツカーに対峙(たいじ)するときのような過大な期待をしていたわけでもなかったことは認めざるを得ない。けれど新しいキャデラックCTS-Vは、そうしたパリッとしてない気持ちでアクセルペダルを奥まで蹴り入れたドライバーに、それが完全な認識不足であったことを加速一発で伝えてきた。

極太のリアタイヤがわずかの間グリップを放棄することで壮絶なパワーとトルクの爆発をやり過ごし、頃合いを見て路面を捉えると、腰が一瞬にしてシートにメリ込み、頭蓋骨が置き去りにされないようアゴと首にチカラを入れなければならず、僕は気が遠くなるような怒濤(どとう)の加速感の中に放り込まれた。それが延々と続くような感覚に見舞われる。そんな中でおそらく、僕はニヤリとした、と思う。そうした気分でいられたのは、ホイールスピンに見舞われているときも猛然とダッシュを続けているときも、クルマがどこかかなたに飛んでいってしまうような怖さとは無縁だったからだ。車体の骨格もシャシーの制御も、凶暴とすらいえるほどのチカラの発散をキッチリと受け止めている。

コイツは並じゃない。ただのスーパースポーツセダンなんかじゃない。“ウルトラ”スーパースポーツセダンとでもいうべきシロモノだろう。

2015年1月のデトロイトショーで発表された現行型「キャデラックCTS-V」。日本では、2016年1月に販売がスタートした。
カーボンファイバーの装飾パネルやマイクロファイバーのステアリングホイールが特徴的な「CTS-V」のインストゥルメントパネルまわり。
「CTS-V」にはベーシックな「スペックA」と、レカロ製のスポーツシートや専用空力パーツなどを備えた「スペックB」の2つの仕様が用意される。
ボディーカラーは全6色。テスト車には「ステラ―ブラックメタリック」が採用されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CTSセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 第4回:究極のATSセダンの実力は?(最終回)
    キャデラックATS-Vに試乗する
    2016.11.24 特集 2カ月にわたってお届けしてきた「キャデラックATSセダン」の長期試乗記もいよいよ最終回。今回は470psを誇る3.6リッターV6ツインターボエンジン搭載のスーパーセダン「ATS-V」の走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
ホームへ戻る