マツダ、「アテンザ」をマイナーチェンジ

2016.08.25 自動車ニュース
アテンザセダンXD Lパッケージ
アテンザセダンXD Lパッケージ

マツダは2016年8月25日、フラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジを施し、同日発売した。

アテンザワゴンXDプロアクティブ
アテンザワゴンXDプロアクティブ
「アクセラ」に続き、「アテンザ」にも「G-ベクタリングコントロール」が採用された。
「アクセラ」に続き、「アテンザ」にも「G-ベクタリングコントロール」が採用された。
新色の「マシーングレープレミアムメタリック」。(写真は「アテンザセダン」)
新色の「マシーングレープレミアムメタリック」。(写真は「アテンザセダン」)
ピラーと天井をブラックにし、落ち着きのあるインテリア空間を表現した。(写真は「アテンザセダンXD Lパッケージ」)
ピラーと天井をブラックにし、落ち着きのあるインテリア空間を表現した。(写真は「アテンザセダンXD Lパッケージ」)
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」の表示画面上段を走行環境情報、下段を車両情報に分け、視認性を向上させた。
「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」の表示画面上段を走行環境情報、下段を車両情報に分け、視認性を向上させた。

■「G-ベクタリングコントロール」などを採用

今回のマイナーチェンジは、一足早く7月に商品改良を終えていた「アクセラ」の内容に準じている。

具体的には、まず人間の身体感覚に合ったクルマの自然な挙動を実現し、同時にドライバーや同乗者に安心感を提供することを目的とした「G-Vectoring Control(G-ベクタリングコントロール)」を全車に採用した。

これは、ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールしようとするもの。タイヤの接地荷重を最適化して、自然で滑らかな車両挙動を実現したとうたわれる。

クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」には、トルクの応答をより緻密にコントロールする「DE精密過給制御」や、ノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などを採用した。

また、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」では、歩行者検知が可能になった衝突回避支援・被害軽減技術「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」を採用。近赤外線レーザーセンサーだった検知デバイスをフォワード・センシング・カメラに変更することで、検知対象を車両のみから歩行者にまで拡大している。

ボディーカラーには金属の質感を実現した新色「マシーングレープレミアムメタリック」を加えた。さらに、インテリアの質感を向上させたほか、「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」(ヘッドアップディスプレイ)とメーターの視認性を向上させている。

車両価格は、276万4800円(「20S」のFF)から400万1400円(「XD Lパッケージ」の4WD)まで。

(webCG)

関連キーワード:
アテンザセダンアテンザワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」 2014.10.10 mobileCG
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記