ルノー・トゥインゴ インテンス(RR/6AT)/スマート・フォーフォー ターボ(RR/6AT)(前編)

お国柄は隠せない 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、もともとは国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおりである。そこで今回は試乗記の趣向を変え、トゥインゴとフォーフォーに登場願った。前編では主にトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。

ノーズの軽さが新鮮

トゥインゴは久々に登場した見て楽しく乗って面白い種類の車だ。フランス製の小型車は「シトロエン2CV」や「ルノー4(キャトル)」を引き合いに出すまでもなく個性的で魅力的な車が多い。新しいトゥインゴもまたそんなフランス製小型車の香りを惜しみなく発散している。かわいらしい雰囲気に負けると欲しくなってしまうから個人的には我慢我慢。エンジンや駆動系、ボディー骨格などをスマート・フォーフォーと共用する成り立ちを持つものの、そこはドイツとフランスの味付けの違いが色濃く出ている。この2台の比較は後編でお届けするとして、まずはトゥインゴ単体でのインプレッションから始めよう。

トゥインゴは外観のサイズから受ける印象よりも、中に入ってシートに座った方が広々と感じる。それは爪先にエンジンや駆動関連の張り出しがなくて、フロア形状にも足元の空間的にも余裕があるからかもしれない。

リアエンジンゆえのノーズの軽さ、回頭性の良さは言うまでもなく、スッと鼻先が動き出すときの軽快さは長らくご無沙汰していた感覚だナーと懐かしく思う。これは単にギア比を小さくしたり、操舵力を軽めにアシストして作り出したものとは根本的に異なる。小型車は特に前輪駆動車が主流になってしまい、駆動輪であり同時に操舵輪でもある前輪に荷重がしっかり掛かっていて、パワーステアリングの恩恵もあって軽く向きを変えてくれることに慣らされてしまった。エンジンが前軸の前にオーバーハングしていても、今ではそれが気にならないほどにチューニングも進んでいる。しかしながら、前半部重量マスの大きさまで完全に消し去ることはできない。それは操舵に対する遅れとなって感じる。

前輪荷重400kg台の軽さを久しぶりに実感すると、ああ昔はこうだったよナー……と思い出す。今では太くてグリップのいいタイヤ装着車がちまたにあふれ、操舵レスポンス自体に不満を感じる例はまれになってしまったけれども、切り始めにスッと動き出す感覚はヨーレスポンスというよりも、横Gが発生する強引さにごまかされてしまうような気もする。たとえ操舵角に対するゲインは大きくとも、その遅れは操舵感を紛らわすことにはならない。

最近はエアバッグの重さやセンターパッド上のスイッチ類、そしてハンドル自体の太いグリップなどにより、ホイール全体の慣性モーメントも大きく、手応えとして鈍なものが一般化されてしまっているので、この遅れ感覚もまた看過されてしまう傾向にある。そんな時代ゆえに、なおさらこのノーズの軽い感覚は新鮮であり、イイナー……と思えてしまう。

「トゥインゴ」に設定されるグレードは「インテンス」のみ。今回試乗したメタルルーフ仕様(車両価格189万円)のほか、キャンバストップ仕様(199万円)も用意されている。
「トゥインゴ」に設定されるグレードは「インテンス」のみ。今回試乗したメタルルーフ仕様(車両価格189万円)のほか、キャンバストップ仕様(199万円)も用意されている。
スポーティーさとポップさが同居するインテリア。インテリアトーンはボディーカラーに合わせて「ブルー」(写真)、「ルージュ(赤)」「ブラン(白)」が用意されている。
スポーティーさとポップさが同居するインテリア。インテリアトーンはボディーカラーに合わせて「ブルー」(写真)、「ルージュ(赤)」「ブラン(白)」が用意されている。
ヘッドレスト一体型のフロントシート。縁にはインテリアトーンに合わせたパイピングが施されている。
ヘッドレスト一体型のフロントシート。縁にはインテリアトーンに合わせたパイピングが施されている。
ホイールベースは先代「トゥインゴ」より125mm長い2490mm。このクラス最大級の後席ニールームを得たのが自慢。
ホイールベースは先代「トゥインゴ」より125mm長い2490mm。このクラス最大級の後席ニールームを得たのが自慢。
試乗車のボディーカラーは「ブルー ドラジェ」。
試乗車のボディーカラーは「ブルー ドラジェ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーフォーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る