ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露

2017.04.15 自動車ニュース
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」
「ランボルギーニ・アヴェンタドールS」

ランボルギーニ・ジャパンは2017年4月14日、「アヴェンタドール」の進化版である「アヴェンタドールS」を東京都内で披露した。

 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像
 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像
 
ランボルギーニ、「アヴェンタドールS」を披露の画像

従来比40ps強化の740psへ

アヴェンタドールSは従来のアヴェンタドールの改良進化版。エンジン出力の強化に加え、空力性能を改善した新デザインや四輪操舵システムの採用が主な特徴となっている。

6.5リッターV12自然吸気エンジンの最高出力は、従来比40psプラスの740psへと強化された。動力性能は0-100km/h加速が2.9秒、最高速は350km/h以上と発表されている。

また、新型ではエクステリアデザインが改められ、空力性能が大幅に改善された。より長くなったフロントスプリッターは空気の流れを変え、空力の効率だけでなく、エンジンの冷却も同時に改善している。フロントのダウンフォースは従来型と比べて130%増加しているという。

四輪操舵システムは、ランボルギーニの量産車としては初採用となる。このシステムは、低速走行時には後輪を前輪と逆相に操舵して回転半径を抑え、一方、高速走行時には前輪と同相に切って安定した走行を可能にするものだ。

車両価格は4490万4433円。

(webCG)

→「アヴェンタドールS」の関連ニュースはこちら。

→「アヴェンタドールS」の詳細な写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アヴェンタドールの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
ホームへ戻る