第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ

2017.05.09 カーマニア人間国宝への道

加速はナンバーワン

前回、「483万円もする『MINIクーパーSD クロスオーバーALL4』はいらん! それより『BMW 320dツーリング』の中古!」という結論で終了したが、そのBMW 320dツーリング(中古)の良きライバルが、「プジョー308SW GT BlueHDi」なのです。

同じ2リッターディーゼルで価格は378万8000円。新車同士で比べると200万円くらい安い! ブランドもステイタスも違うといえばそれまでだが、地元の杉並区にもウヨウヨ走ってる「3シリーズ」に比べると、プジョーの方がレア感は断然上! サイズも同じくらいだし、お買い得感は相当高い。

早速試乗させていただくと、うおお! また一踏みぼれ! すごいトルクだぜ!

実はこれに乗る前、「メルセデス・ベンツGLC220dクーペ スポーツ」に試乗していたのですが、そっちに比べるとメッチャ出足がいい。エンジンスペックは同程度で車両重量が400kg以上軽いんだからアタリマエだが。

なにせ今回そろえてもらった4台のディーゼル車のうち、「メルセデス・ベンツS300hエクスクルーシブ」を除く3台の最大トルクは、400Nmでピッタリ同じ。なんでこんなに切りがいいんだ!?

馬力は多少のバラつきがあるけど、トルクはまったく同じなんよ。ディーゼルってどれ乗っても同じじゃねぇの? と思ってしまうゆえんですね。

エンジンスペックにはほとんど差はないので、加速はほぼ車重で決まる。んでもって今回のプジョー308SWはMINIクロスオーバーより100kg軽い。よって加速はナンバーワン。そういうことになります。

最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。
最新ディーゼル車4台をイッキ乗り! 左から「メルセデス・ベンツSクラス」「プジョー308SW」「MINIクロスオーバー」「メルセデス・ベンツGLCクーペ」。拡大
プジョーのクリーンディーゼルモデルは2016年7月に日本に導入された。エンジンは1.6リッターと2リッターの2タイプ。今回試乗したのは「プジョー308SW GT BlueHDi」で、「308」シリーズとしては最上級グレードとなる。
プジョーのクリーンディーゼルモデルは2016年7月に日本に導入された。エンジンは1.6リッターと2リッターの2タイプ。今回試乗したのは「プジョー308SW GT BlueHDi」で、「308」シリーズとしては最上級グレードとなる。拡大
搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高出力180ps、最大トルク400Nmを発生する。
搭載する2リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高出力180ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大
「308」「508」ともに、「GT」モデルには2リッターエンジンが搭載される。
「308」「508」ともに、「GT」モデルには2リッターエンジンが搭載される。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.5.24 試乗記 ライバルがひしめき合うコンパクトSUVの世界に現れた、ボルボ渾身(こんしん)のニューモデル「XC40」。そのデザインや走りは、北欧ブランドならではの個性にあふれていた。
  • 「プジョー308/308SW」に充実装備の特別仕様車 2018.1.5 自動車ニュース 「プジョー308/308SW」に特別仕様車の「スペシャルエディション」が登場。「アリュール」「アリュールBlueHDi」の2グレードをベースに、17インチアルミホイールやサンルーフ、DENON製のオーディオシステムなどを特別装備している。
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
ホームへ戻る