スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表

2017.10.27 自動車ニュース
「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「S208」。写真は「NBR CHALLENGE PACKAGE」のカーボンリアウイング装着車。
「スバルWRX STI」をベースとしたコンプリートカー「S208」。写真は「NBR CHALLENGE PACKAGE」のカーボンリアウイング装着車。拡大

スバルは2017年10月25日、スバルテクニカインターナショナルと共同開発した「S208」を発表した。

 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大
 
スバル、STIと共同開発した高性能スポーツモデル「S208」を発表の画像拡大

目指したのは“究極のドライビングカー”

S208は、「Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した究極のドライビングカー」として開発された、「スバルWRX STI」をベースとした高性能スポーツモデルである。2015年に発売した「S207」に対して、加速性能の向上や、カーボンルーフの採用による低重心化などの改良がされている。

エンジンは独自のチューニングが施された2リッター水平対向4気筒ターボで、最高出力329psを発生。足まわりについてはギア比を11:1とクイックにしたステアリング機構や、フレキシブルタワーバーをはじめとしたSTIのパーツ類、可変減衰力サスペンション「DampMatic II」(フロント)、前後輪のアクティブトルクベクタリング機構の採用などにより、強靱(きょうじん)でしなやかな乗り味とシャープなコーナリング特性を実現したという。

また、BBS 19インチ鍛造アルミホイールや、255/35R19サイズの高性能タイヤ「ダンロップ SPORT MAXX RT」、ドライカーボントランクリップスポイラーの装着により、動力性能も強化。大型フロントアンダースポイラーやRECAROバケットタイプフロントシート、専用スポーツメーターなども装備している。

さらに、WRX STIが参戦し続けているニュルブルクリンク24時間レースを想起させるモデルとして、ドライカーボンルーフや「S208」のロゴ入りドライカーボンリアスポイラーを採用した、「NBR CHALLENGE PACKAGE」も設定。ボディーカラーは「WRブルー・パール」「クリスタルホワイト・パール」の2色とし、NBR CHALLENGE PACKAGEには「クールグレー・カーキ」も用意している。

販売台数はS208全体で450台。このうち、NBR CHALLENGE PACKAGEは350台までの限定となっている。購入に際しては、受け付け期間中(2017年10月26日から11月12日まで)に販売店での商談エントリーが必要で、販売台数を上回るエントリーがあった場合は抽選が行われる。

価格は以下の通り。

  • 標準仕様:626万4000円
  • NBR CHALLENGE PACKAGEカーボントランクリップ:689万0400円
  • NBR CHALLENGE PACKAGEカーボンリアウイング:710万6400円

(webCG)
 

関連キーワード:
WRX STIスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • 谷口信輝の新車試乗――スバルWRX STIタイプS(前編) 2017.12.14 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の主役は「スバルWRX STI」である。2017年5月のビッグマイナーチェンジを経てさらなる熟成が進んだスバルきってのスポーツモデルに、今あらためて谷口が挑む!
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化 2018.5.2 自動車ニュース スバルが「WRX S4/STI」に一部改良を実施。WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避支援機能を強化した。一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。
  • マツダCX-3【開発者インタビュー】 2018.5.17 試乗記 エンジン、シャシー、装備、そして内外装デザインと、文字通り“すべて”において大幅な改良・変更がなされたマツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」。発売当初から一貫して主査を務めるエンジニアに、今回の大幅改良の狙いを聞いた。
ホームへ戻る