ダイハツの新型「タント エグゼ」は、大人のタント

2009.12.24 自動車ニュース
「タント エグゼS」
ダイハツの新型「タント エグゼ」は、大人のタント

ダイハツの新型「タント エグゼ」は、大人のタント

ダイハツ工業は2009年12月24日、軽乗用車「タント」の姉妹モデルとなる「タント エグゼ」「タント エグゼカスタム」を発表。同日販売を開始した。

「タント エグゼL」
「タント エグゼL」
4枚すべてがスイングドアに変更された。それぞれ90度の角度まで開くことができる。
4枚すべてがスイングドアに変更された。それぞれ90度の角度まで開くことができる。
「タント エグゼL」のインテリア。
「タント エグゼL」のインテリア。

■タントより上質に

東京モーターショー2009では市販予定車として展示された「タント エグゼ」「タント エグゼカスタム」が、早くも発売された。

トールタイプの軽乗用車「タント」の広さを生かしたまま、上質感を高めているのが特徴のタント エグゼ。そのドレスアップモデルがタント エグゼカスタムである。
タントが子育てファミリー層にアピールするためのモデルであるのに対し、タント エグゼは未婚・新婚の男女や子離れ層を含む、より幅広いユーザーがターゲット。十分な広さと上質感を武器に、ミニバンからの乗り換えをも狙う“大人のタント”だ。
タントよりも上質なキャラクターを明確にするため、遮音材の採用も拡大し、静粛性も高められたという。

■スライドドアは廃止

タント エグゼのデザインコンセプトは、「スタイリッシュ&スペーシャス」。Aピラーはタントより寝かされるなど、躍動感が演出された。リアドアに注目すると、タント最大の特徴とも言える、ピラーレスのスライドドア(助手席側)が、スイング式に変更されていることが見て取れる。
ベージュとブラックで落ち着いた印象にしつらえられたインテリアも、タント エグゼのセリングポイント。特に「グラマラスシート」と呼ばれるシートには起伏とシートの厚みが十分に与えられ、全席で座り心地のよさをアピールする。さらに、シート高を15mm高め、室内高を20mm拡大(いずれもタント比)。「大人」が乗ることを、より意識したパッケージングとされた。
一方で、収納スペースなどのユーティリティ面では、一部装備が省略された。

ドレスアップ版のタント エグゼカスタムには、エアロバンパーやリアスポイラーを装着。内装はブラック基調とされ、こちらは「クール&プレミアム」のテイストを追求したと謳われる。

「タント エグゼカスタムRS」
「タント エグゼカスタムRS」
「タント エグゼカスタムG」
「タント エグゼカスタムG」
「タント エグゼRS」のインパネ。
「タント エグゼRS」のインパネ。

■軽量化で燃費アップ

シャシーはタントのそれを受け継ぎ、サスペンション形式は、前マクファーソンストラット/後トーションビーム(4WD車は3リンク)が採用された。
エンジンは2種をラインナップ。0.66リッター直3DOHCのNA版(58ps、6.6kgm)と、タント エグゼカスタムのみに用意される同ターボ版(64ps、10.5kgm)である。トランスミッションはCVTを基本とし、NAの4WD車にのみ4ATが組み合わされる。燃費はNAが21.5km/リッター、ターボが19.0km/リッター(いずれもFF車)を記録する。

なお、スライドドアの廃止や、シート機構の見直しなどで、タントに比べておよそ60kgの軽量化も図られ、燃費向上に寄与したという。

価格はタント エグゼが113.0万円〜133.1万円、タント エグゼカスタムが135.0万円〜169.1万円。それぞれにFFと4WDが用意される。

(webCG 本諏訪)

一体式のリアシートは前後にスライドが可能。リクライニングは左右独立して行える。
ダイハツの新型「タント エグゼ」は、大人のタント

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る