第443回:続・タダより高いモノはない? 反論! BMWが語るオイル交換の本質

2012.01.11 エッセイ

第443回:続・タダより高いモノはない?反論! BMWが語るオイル交換の本質

「モチは餅屋」で、オイルの話

ところ変われば人変わる、立場変われば見方も変わる……ってなわけで、やっぱ両方取材せにゃアカンでしょ! と行ってきましたBMWジャパン!

というのも、2011年9月に公開した「第435回:タダより高いモノはない!?迫り来る“フリーウェイ系”中古車の恐怖」の反響があまりにデカかったんでね。
アレは多少一方的だとは思ったんですが、あえて街のメンテナンス現場の生の声を伝えたまで。特に俺が感じてたのは、最近クルマに対する愛情全般が薄れているんじゃないか、手入れとかおざなりになっていないかってこと。「洗車好き」とか最近聞かないしね。

中でもオイル交換は、その象徴。効果的なノウハウについては意見がまちまちで、真実が見えにくい。ぶっちゃけよく分からない! そこで極端とは思いつつ、最悪のケースをお伝えしたんですが、そしたらやっぱり来ましたわ。各方面から異論・反論が!

ってなわけで、今回はメーカー側の言い分を聞いてみることにした。突撃インタビューしたのはBMWジャパンでアフターセールス・ディビジョンのテクニカル・サービス・マネジャーを務める加瀬俊一さん。メンテナンスについては博識で、ドイツの本社とも密接な関係にある。

今回話をうかがったBMWが掲げるスペックは圧倒的だ。ざっと調べたところ、オイルの交換インターバルは、同じドイツ系のメルセデス・ベンツが1万km、フォルクスワーゲンとアウディが1万5000km、国産ではトヨタが1万5000km(シビアコンディションで7500km)、日産もほぼ同条件を推奨する中、BMWはダントツの3万km! 圧倒的なノーメンテナンス性をうたう。

(写真はイメージです)
(写真はイメージです)
今回お話をうかがった、BMWジャパンのアフターセールス・ディビジョン テクニカル・サービス・マネジャー 加瀬俊一さん。
今回お話をうかがった、BMWジャパンのアフターセールス・ディビジョン テクニカル・サービス・マネジャー 加瀬俊一さん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』