クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ラインナップから読み解くジャガーのいま【I-PACE×島下泰久】

未来と向き合う名門の象徴 2020.10.09 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> ジャガーが初めて手がけた100%電気自動車(EV)「I-PACE」。そのステアリングを握ったモータージャーナリスト島下泰久は、このブランドが培ってきた独自のテイストと、未来に向けての強いメッセージを感じとったのだった。

ジャガーらしさが生きるEV

ワールドデビューから2年が経過したというのに、ジャガーI-PACEの外観は今見てもやはり超・先進的だ。後を追うように出てきた他のプレミアムブランドのEVのほとんどが、ディテールはともかくプロポーションについては冒険を避けた印象なのに対して、I-PACEのそれはまさにEVならではのものと言える。すなわち、エンジンが無いノーズを短縮し、フロアにバッテリーを敷き詰めるために背が高くなる分をSUVフォルムで吸収して……という具合である。

斬新だけれど、決して奇をてらった感じに見えないのは、カタチにちゃんと意味があるからだろう。実際このプロポーションは、「XJ」をも凌(しの)ぐ室内長にしっかり反映されているなど、すべてが理にかなっている。

そうなれば当然、プラットフォームもEV専用に完全新設計とされている。妥協は一切ない。

振り返ればフォード傘下を離れて以降のジャガーは、ずっとこんな風にアグレッシブであり続けてきた。歴史の遺産にすがるのではなく、それを土台に新しい未来をどんどん切り開いていく。個人的にはそんなここ十数年のジャガーというブランドが大好きで、故にI-PACEのあり方も、とてもしっくりきたのだ。

しっくりきたのは、乗ればこれが、紛(まご)うかたなきジャガーだったからというのも大きい。しなやかな足さばきによる卓越したロードホールディングもそうだし、アクセル操作に対する得も言われぬリニアリティーなども、やっぱりちゃんとジャガーしている。

確かにエンジンの息吹はないけれど、電気モーターならではのレスポンスの良さと、このシャシーの有機的な絡み合いという意味では、ジャガーらしさがさらに濃いとすら感じられるのだ。

まさに見ての通り、I-PACEは「EVになっても変わりません、安心してください」という存在ではない。むしろ、このクルマは「EVになったら、そのうまみを生かしてもっと変わります。そしてジャガーネスを磨いていきます」という高らかな宣言なのである。

(写真=郡大二郎)

→最寄りのジャガー正規ディーラーはこちらから
→ジャガーI-PACE【試乗記】

 

特集TOP< 前の記事へ

 

著者プロフィール:島下泰久

1972年神奈川県生まれ。2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。走行性能だけでなく先進環境・安全技術、ブランド論、運転そのもの等々クルマを取り巻くあらゆる事象を守備範囲に執筆しているモータージャーナリスト。『間違いだらけのクルマ選び』(草思社)など著書多数。YouTubeチャンネル「Ride Now」主宰。

 

これまで多くのEVに試乗経験のある島下泰久さんに、今回はジャガー初のEVである「I-PACE」の走りの印象を聞いた。
これまで多くのEVに試乗経験のある島下泰久さんに、今回はジャガー初のEVである「I-PACE」の走りの印象を聞いた。拡大
「I-PACE」はジャガーが初めて開発した量産型EV。海外での評価も高く、デビュー以来、欧州カー・オブ・ザ・イヤーほか、さまざまな賞を獲得している。
「I-PACE」はジャガーが初めて開発した量産型EV。海外での評価も高く、デビュー以来、欧州カー・オブ・ザ・イヤーほか、さまざまな賞を獲得している。拡大
アグレッシブなフロントデザイン。空力性能を高めるべく、グリルの上部にはエアスクープが設けられている。
アグレッシブなフロントデザイン。空力性能を高めるべく、グリルの上部にはエアスクープが設けられている。拡大
「I-PACE」のコックピットは新鮮味がある一方で、奇をてらわないデザインであるがゆえに安心感も得られる。
「I-PACE」のコックピットは新鮮味がある一方で、奇をてらわないデザインであるがゆえに安心感も得られる。拡大
バッテリーの状況を伝える、EVならはのインフォメーション。一方、モニターを介してモーターやステアリング、足まわりの設定を変えられる。
バッテリーの状況を伝える、EVならはのインフォメーション。一方、モニターを介してモーターやステアリング、足まわりの設定を変えられる。拡大
0-100km/hの加速タイムは4.8秒。高性能スポーツカー並みのパフォーマンスを誇る。
0-100km/hの加速タイムは4.8秒。高性能スポーツカー並みのパフォーマンスを誇る。拡大