三菱、次期型「ランエボ」用の新技術を発表

2007.07.10 自動車ニュース

三菱、次期型「ランエボ」用の新技術を発表

三菱自動車は、2007年7月10日、今秋発売予定の次期型「ランサー・エボリューション」に採用する新技術の内容を発表した。

■4つのシステムをフル活用

今回発表されたのは、車両の動きを制御する「S-AWC」と、俊敏な変速を可能にするギアボックス「TC-SST」、2つの技術だ。

「S-AWC」(スーパーオールホイールコントロール)は、4輪のトラクションを総合的に制御し、操縦安定性を高めようというもの。
前後輪間の差動制限をコントロールする「ACD」(アクティブセンターデファレンシャル)、同じく後輪を制御する「AYC」(アクティブヨーコントロール)、ブレーキのロックを防止する「ABS」(アンチロックブレーキシステム)、4輪のブレーキ力とエンジン出力を制御する「ASC」(アクティブスタビリティコントロール)という、4つのシステムを統合制御する。

これにより、加速、減速、旋回すべての状況において、シームレスなトラクションコントロールが可能になるという。

■次期ランエボは「2ペダルMT」

もうひとつは、「TC-SST」(ツインクラッチ・スポーツシフトトランスミッション)。いわゆる2ペダルMTだ。

ギアボックス内に「1、3、5速用」と「2、4、6速用」2枚のクラッチ版を用意し、交互に素早いエンゲージを可能にする……という基本構造はフォルクスワーゲン・グループの「DSG」(ダイレクトシフトギアボックス)と同じ。ただし、あちらが2つのクラッチ版を駆動軸の内側と外側に配するのと違い、三菱は、それぞれを並列に並べる。
結果的にギアボックスは大きくなるものの、冷却の面で有利になるという。

「TC-SST」は高トルク型エンジンの使用に対応するもので、今秋発売が予定されるハイパフォーマンスカー「ランサー・エボリューション」はもちろん、今後は、大排気量ディーゼルエンジン車への使用も予定しているとのことだ。

同社では、「『S-AWC』と『TC-SST』を協調して使い、誰もが走る喜びと確かな安心を享受できるようにしたい」としている。

(webCG 関)

写真は、次期型「ランサー・エボリューション」のプロトタイプモデル。
三菱、次期型「ランエボ」用の新技術を発表
会場に展示された、「S-AWC」のシャシーモデル。ちなみに、赤いブレーキキャリパーはブレンボ製なり。
三菱、次期型「ランエボ」用の新技術を発表
「TC-SST」は、独ゲトラク社との共同開発。約450Nm(45.9kgm)の高トルクに耐えるよう設計されており、将来的には「アウトランダー」以上のディーゼルモデルへの搭載が予定されている。
なお、燃費は5ATに比べて20%近く向上するとのこと。
三菱、次期型「ランエボ」用の新技術を発表
説明会のスライドには、次期型「ランエボ」のイメージ映像もちらほら。
三菱、次期型「ランエボ」用の新技術を発表

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る