第18回:『ハンドメイドの大衆車』スズキ・フロンテ800(1965〜69)(その3)

2006.09.13 エッセイ

第18回:『ハンドメイドの大衆車』スズキ・フロンテ800(1965〜69)(その3)

■そもそもが広告塔だった

当初のバリエーションは「スタンダード」と「デラックス」の2種で、価格は前者が46万5000円、後者が54万5000円。「フロンテ800」よりわずかに早い1965年11月に発売された「三菱コルト 800」(偶然ながらこちらもエンジンは水冷2ストローク3気筒、ただし駆動方式はコンベンショナルなFR)が「スタンダード」44万8000円、「デラックス」49万5000円だったことを考えると、ユニークな成り立ちの見返りとしてやや割高な感は否めなかった。

発売された「フロンテ 800」のライバルは、「トヨタパブリカ」、「マツダファミリア」、「ダイハツコンパーノ」、そして「三菱コルト800」など。このうち「コンパーノ」のみ1000ccモデルがあったほかは、いずれも排気量は700〜800ccだった。しかし、後年“マイカー元年”と呼ばれるようになる翌66年の4月には「サニー(1000)」、5月には「スバル1000」、そして11月には「カローラ(1100)」といった新世代のモデルが出現するに至って、大衆車の主流は完全に1リッタークラスに移行してしまった。そうしたライバルたちを前に、発売後1年も経たないうちに、「フロンテ800」の存在はすっかり霞んでしまったのである。

もっともスズキ自身、ハナから大量生産は考えてなかったという。そもそも「フロンテ800」の開発は、60年代初頭、貿易自由化対策として既存の自動車メーカーの合併・統合を進め、新規参入を阻もうと目論んだ通産省(当時)に対し、“独立独歩”を旨とするスズキがその技術力をアピールするために始められたものだからだ。結果的には廃案となったが、もしこの通産省の構想が実現していたらなら、スズキのような小型車生産実績のないメーカーは、それ以後も実績のある二輪と軽しか作れなくなってしまうことを意味していた。そうした事態を避けるために、小型車生産を既成事実化する必要があったのである。

そういう経緯で生まれただけに、車格的には大衆車とはいえ、「フロンテ800」はほとんど手作り。加えて自転車店の延長線上にある街のモーター屋さんでも扱える軽とは異なり、小型車となると販売網やサービス体制の問題もあって、スズキ自身積極的に売るつもりはなかったのだ。

発売から半年に満たない1966年4月には早くも小変更が施され、フロントシートがそれまでのベンチからセパレートとなった。次いで6月には「デラックス」にリクライニングシート仕様を追加、さらに8月にはワイドバリエーション化を進める時流に逆らうように車種を「デラックス」のみに絞ってしまった。このことからも、スズキがライバルたちと同じ土俵で勝負する気がなかったことがわかる。また価格も52万5000円(リクライニング仕様は54万円)に下げられたが、4月に発売された「サニー」が「デラックス」で46万円という、大量生産にモノをいわせた低価格を打ち出してきたこともあって、割高感は相変わらずだった。(以下、次号)

(文=田沼 哲/2003年5月6日)

度計と水温/燃料の集合計の2連円形メーターを中心としたブラックフェイスのインパネ。スポーティなパーソナルカーという触れ込みだったが、フロアシフト仕様は用意されなかった。
度計と水温/燃料の集合計の2連円形メーターを中心としたブラックフェイスのインパネ。スポーティなパーソナルカーという触れ込みだったが、フロアシフト仕様は用意されなかった。
1966年4月以降のモデルに標準となったフロント・セパレートシート。同年6月からはリクライニングシート仕様も選べた。
1966年4月以降のモデルに標準となったフロント・セパレートシート。同年6月からはリクライニングシート仕様も選べた。
2連テールランプをフィーチャーしたリアビューもコーベア調である。 クリックすると拡大
2連テールランプをフィーチャーしたリアビューもコーベア調である。
クリックすると拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

田沼 哲

田沼 哲

NAVI(エンスー新聞)でもお馴染みの自動車風俗ライター(エッチな風俗ではない)。 クルマのみならず、昭和30~40年代の映画、音楽にも詳しい。