クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)

いつまでもいつまでも 2013.06.02 試乗記 F1マシンを手掛けるマクラーレンが送り出す、最新のロードカー「MP4-12Cスパイダー」の走りを試した。

何もかもがケタ外れ

3.8リッターのV8エンジンにターボチャージャーを2丁掛けし、625psもの出力を絞り出すという“常識外れ”加減。そして、これを軽量なシャシーにミドマウントして、後輪だけを駆動して走らせるという“暴挙”! しかも、そのお値段は3000万円。テスト車はオプション装備がてんこ盛りで、総額3882万2000円。
これがTVショッピングだったら、きっともう1台付いてくるに違いない。
もはやあきれるばかりのスーパーカーを、「どうぞ」と編集担当から手渡されたとき、筆者は「この人、どこまでお人よしなのだろう?」と思った。

それほどの「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」だ。どんな条件であれ、乗っておくに越したことはない。だが案の定、当日試乗したワインディングロードは、微妙なウエット路面。クルマを前に、はっきり言って、生きた心地がしなかった。「こんな日に乗れるわけないだろ!」と逆ギレしたくなるほどのコンディションだったのである。

しかし結果的には、その緊張感は良いほうに作用した。おかげで、必要以上に体をこわばらせることなく、神経を集中させてドライブできた。蛮勇は振るわず、いわばレーシングカーを走らせる時の、予選のような気構え。そうした姿勢でステアリングを握ればこそ、アッという間に体になじんでしまったその操縦性の高さにも、えも言われぬ感動を覚えたのだと思う。

「マクラーレンMP4-12C」のオープンバージョン「スパイダー」。日本では、2012年10月にその姿が公開された。
「マクラーレンMP4-12C」のオープンバージョン「スパイダー」。日本では、2012年10月にその姿が公開された。 拡大
運転席まわりの様子。高く幅広いサイドシルや、それとは対照的な細身のセンターコンソールが特徴的。
運転席まわりの様子。高く幅広いサイドシルや、それとは対照的な細身のセンターコンソールが特徴的。
    拡大
メーターのアップ。中央のアナログ式回転計をはさんで、左側のディスプレイには距離や外気温が、右側には走行モードや油温・水温といった車両情報が表示される。
メーターのアップ。中央のアナログ式回転計をはさんで、左側のディスプレイには距離や外気温が、右側には走行モードや油温・水温といった車両情報が表示される。 拡大

「普通に乗れる」というすごさ

走りだした瞬間から、タイヤは“路面に吸い付いて”いた。フロントは235/35ZR19、リアに至っては305/30ZR20という、エアボリュームがほとんどないようなサイズ。F1のイメージを優先したチョイスであろう「ピレリPゼロ」は、タイヤに熱が入る前から、ステアリングホイールにしっかりとした接地感を伝えてきた。柔らかいゴムが、じんわり縮む安心感。それがタイヤの性能なのか、サスペンションセッティングによるものなのかはわからない。ひとつ確かなのは、それがまだダウンフォースが得られるほどの速度レンジではないということだ。

そこから徐々にアクセルを踏み込んでいく。筆者は相当に臆病者だから、迫り来るであろうターボの洗礼に、かなりの注意を払って身構えていた。しかしその予想は、全く裏切られることになった。
二次曲線的な唐突感がない、エンジンの回転上昇フィーリング。ターボ好きのドライバーには「ブースト掛かってんの?」なんて言われそうな出力特性だが、暴力的というよりは包容力があるという印象で、速度も相応に上がっていく。その証拠に、バックミラーには、跳ね上がるウオータースクリーンの幕が映りだす。ダウンフォースを感じるか? と問われればノーだが、グリップ感は確実に上がった。ダウンフォースとは、そういうものである。

ブレーキもいい。そのタッチはレーシングカーのような“一枚岩の感触”ではないが、タイヤと同様に、低温の状態から普通に働いてくれる。しかし、この“普通”が何より大切なのだ。

最近のスポーツカーは年々スペックを進化させる一方で、実はより狭い袋小路へと自らを追いやっている。スピードを追い求めては高出力なエンジンを搭載し、それに見合った大きなタイヤを付け、内側には大きなブレーキをしまい込む。それは一見「良さそうなこと」に思えるが、そのタイヤやブレーキが“作動温度領域”に入っていない状態で飛ばせば、危険なだけだ。スポーツカーはレーシングカーじゃない。では「MP4-12Cスパイダー」は? こんなコンディションでも安全に走れる、大したスポーツカーだった。

「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」が0-100km/h加速に要する時間は3.1秒。最高速度は329km/hと公称される。
「マクラーレンMP4-12Cスパイダー」が0-100km/h加速に要する時間は3.1秒。最高速度は329km/hと公称される。 拡大
ミドに搭載される3.8リッターV8は、2つのターボで過給され、625psと61.2kgmを発生する。
ミドに搭載される3.8リッターV8は、2つのターボで過給され、625psと61.2kgmを発生する。 拡大
ホイールは、写真の「ニュースタイルライトウェイト鍛造ホイール」(オプション価格:58万8000円)を含む4タイプが用意される。今回のテスト車は「車両リフトシステム」を備えており、段差を越える際など、スイッチ操作でフロントを40mm、リアを25mmリフトアップできる。
ホイールは、写真の「ニュースタイルライトウェイト鍛造ホイール」(オプション価格:58万8000円)を含む4タイプが用意される。今回のテスト車は「車両リフトシステム」を備えており、段差を越える際など、スイッチ操作でフロントを40mm、リアを25mmリフトアップできる。 拡大
電動式のルーフは17秒で開閉可能。30km/h以下ならば、走行中でも操作できる。(写真をクリックすると、ルーフの開閉動作が見られます)
電動式のルーフは17秒で開閉可能。30km/h以下ならば、走行中でも操作できる。(写真をクリックすると、ルーフの開閉動作が見られます) 拡大

F1の血筋を思わせる

ターンインでは、ミドシップらしさが垣間見えた。ブレーキをリリースしてステアリングを切り始めると、自分が思った以上にノーズが入ろうとする。その動きは素早くて、ちょっと神経質かと思えるくらい。これを安定させようとスロットルを開けてノーズを水平に保つが、どうしてもブレーキからペダルを踏み換える瞬間の「空走感」が調節しにくい。

一方で、リアタイヤの接地性は非常に高い。その特性を考えると、「左足ブレーキ」による操縦に行き着く。右足と左足を上手にリンクさせて走ると、このクルマは流れるようにコーナーを後にしていくのだ。

筆者の左足ブレーキは、操作のレベルでいえば人並みである。しかし、急激には制動力が立ち上がらないコントロール性のよいブレーキと、素晴らしいペダル配置が、上手な操作を可能にする。スポーツドライビングに関心がある方ならば、一度や二度はカートを運転したことがあるだろう。例えるなら、あのピュアな感じ。あたかも最初から左足ブレーキを要求してくるかのような自然さに、マクラーレンというF1コンストラクターの血統が見えた気がした。

ワインディングロードを行く「MP4-12Cスパイダー」。リアエンドのウイングは、状況に応じて大きく立ち上がり、エアブレーキの役目も果たす。
ワインディングロードを行く「MP4-12Cスパイダー」。リアエンドのウイングは、状況に応じて大きく立ち上がり、エアブレーキの役目も果たす。
    拡大
キャビンより前方のスペースは、ラゲッジルームにあてられる。その内壁には、書類や小物の収納に便利なネットが備わる。
キャビンより前方のスペースは、ラゲッジルームにあてられる。その内壁には、書類や小物の収納に便利なネットが備わる。 拡大
ドアは、クーペの「MP4-12C」と同じ跳ね上げ式。上方に689mm、横方向に497mm(片側)広がりつつ開く。
ドアは、クーペの「MP4-12C」と同じ跳ね上げ式。上方に689mm、横方向に497mm(片側)広がりつつ開く。 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

懐の深いスポーツカー

節度感のあるカーボン製のパドルをカチッ、カチッと上下させる。残念ながら、ギアポジションを固定するためにはトラクションコントロールもオフにする必要があるので、今回のウエット路面では「AUTOモード」で走らざるを得なかった。ただ、MP4-12Cスパイダーの性能を全て解き放つには、ドライ路面どころかサーキットが必要になるのだから、さしたる問題ではないのかもしれない。

乾燥重量1376kgという軽さは、実感としてはさほど印象に残らなかったが、それは先に述べた、空力性能がもたらす安定性のおかげだろう。走行モードを変えられる「アクティブ・ダイナミック・パネル」にせよ、一般道を走る限りは、遊び心でダイヤルを回すのがいいところ、「Nモード」でも十分スポーティーな走りをしてくれる。

ひとつだけ注文が許されるとしたら、よりホールド性の高いシートが欲しい。何もフルバケットシートにする必要はない。顧客ひとりひとりの体形に合った、ぴたりと吸い付くような――えも言われぬコーナリングフィールと、扱いやすい625psに見合うだけのフィット感を持った、例えば低反発のウレタンシート。3000万円級のスポーツカーなら、望んでも許されるはずである。

このスポーツカーをドライブすると、「上善水如(じょうぜんみずのごとし)」という言葉が思い浮かぶ。
クセというクセがまるでないその乗り味は、逆を言えばどこまでも高い次元でスポーツドライビングに応えてくれる“懐の深さ”でもある。そこにスピードそのものの、高い低いは関係ない。

だからこのクルマは、ド派手なスーパーカーを好む向きには、それほど歓迎されないかもしれない。その性格のとおり、見た目もスーパースポーツにしては迫力満点ではない。
しかしその素朴なところが僕は好きだ。本当にスポーツドライビングを愛する者ならば、絶対にわかる良さがある。実直な純イギリス製スーパースポーツ。それがマクラーレンMP4-12Cスパイダー。
「いつまでもいつまでも、乗っていたい」。そう思えるスポーツカーだ。

(文=山田弘樹/写真=小林俊樹)

センターコンソールには、エンジンのスタートボタンや、「H(ハンドリング)」と「P(パワートレイン)」が個々に設定可能な、走行モード選択スイッチが備わる。
センターコンソールには、エンジンのスタートボタンや、「H(ハンドリング)」と「P(パワートレイン)」が個々に設定可能な、走行モード選択スイッチが備わる。 拡大
キャビンの様子。カーボン製のバスタブ型ハウジング「モノセル」に抱えられるように、2脚のスポーツシートが置かれる。
キャビンの様子。カーボン製のバスタブ型ハウジング「モノセル」に抱えられるように、2脚のスポーツシートが置かれる。 拡大
キャビン後方のルーフ収納スペースは、クローズ時には容量52リッターのラゲッジルームとして利用できる。リアウィンドウ(写真中央)は、電動開閉式。
キャビン後方のルーフ収納スペースは、クローズ時には容量52リッターのラゲッジルームとして利用できる。リアウィンドウ(写真中央)は、電動開閉式。
    拡大

マクラーレンMP4-12Cスパイダー(MR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
 

テスト車のデータ

マクラーレンMP4-12Cスパイダー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4509×2093×1203mm
ホイールベース:2670mm
車重:1376kg(乾燥重量)
駆動方式:MR
エンジン:3.8リッターV8 DOHC 32バルブターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:625ps(459kW)/7500rpm
最大トルク:61.2kgm(600Nm)/3000-7000rpm
タイヤ:(前)235/35ZR19/(後)305/30ZR20(ピレリPゼロ)
燃費:8.5km/リッター(英国国内値)
価格:3000万円/テスト車=3882万2000円
オプション装備:エリートペイント(62万2000円)/カーボンファイバースプリッター(34万6000円)/カーボンファイバーミラーケース(34万6000円)/カーボンファイバーターニングベーン(34万6000円)/カーボンファイバーディフューザー(48万4000円)/カーボンファイバーエンジンカバー(34万6000円)/スポーツエグゾースト(65万7000円)/ステルスパック(12万5000円)/ニュースタイルライトウェイト鍛造ホイール<TPMS含む>(58万8000円)/ダイヤモンドカットフィニッシュ(27万8000円)/スペシャルカラーブレーキキャリパー(13万9000円)/セミアニリンスポーツインテリア<電動メモリーシート&ヒーター付き>(138万6000円)/コントラスト・ステッチ(4万2000円)/カーボンファイバーインテリアアップグレード(48万4000円)/カーボンファイバーシートバック(48万4000円)/カーボンファイバーシルパネル(34万6000円)/カーボンファイバーホイールアーチ(34万6000円)/パーキングセンサー<リア&フロント>(24万9000円)/車両リフトシステム(55万9000円)/専用フロアマット(4万9000円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:4145.6km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(0)/高速道路(8)/山岳路(2)
テスト距離:347.3km
使用燃料:74.4リッター
参考燃費:4.7km/リッター(満タン法)

関連キーワード:
MP4-12Cマクラーレン試乗記

あなたにおすすめの記事