BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名

2013.06.17 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ クーペ」
「BMW 4シリーズ クーペ」

BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名

独BMWは2013年6月15日、新型ミドルサイズクーペ「BMW 4シリーズ」の概要を発表した。

 
BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名の画像
 
BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名の画像
 
BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名の画像
 
BMWのミドルサイズクーペが「4シリーズ」に改名の画像

4シリーズは、これまで「3シリーズクーペ」と名乗っていたモデルの後継車種にあたり、4シリーズと名を改めた新型でも、フロントマスクなどには現行型3シリーズに通じるデザインを採用している。またフロントフェンダー後方には、「3シリーズGT」にもみられる、空気抵抗を低減するダクト「エアブリーザー(Air Breathers)」が設けられている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4638×1825×1362 mm(4WD車は1377mm)、ホイールベースは2810mm。現行モデルの3シリーズクーペと比べ、全幅とホイールベースが大幅に拡大しており、よりクーペらしい低いシルエットを獲得している。
また、精巧なシャシー設計や、50:50の前後重量配分、空力性能や軽量化を考慮したボディー構造などにより、より正確で機敏なハンドリングを追及。重心高も地上から500mm以下と、最近のBMW車の中では最も低く抑えられている。

搭載されるエンジンは、最高出力306psを発生する「435i」の3リッター直6ターボのほか、「428i」の2リッター4気筒ターボ、「420d」の2リッター4気筒ディーゼルターボの3種類で、ガソリン車には4WD車の「xDrive」も設定。トランスミッションは6段MTが標準で、オプションで8段ATも選ぶことができる。
また、アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生システムを採用するなど、燃費性能も重視。先述のエアブリーザーや「エアカーテン」など、空気抵抗を低減する工夫も取り入れられている。

グレード構成は、「435iクーペ」「435i xDriveクーペ」「428iクーペ」「428i xDriveクーペ」「420dクーペ」の5種類。内外装には、他のBMW車と同じく、標準仕様に加えて「スポーツ」「モダン」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」などのパッケージが用意されている。

※数値はいずれも欧州仕様

(webCG 堀田)

→「BMW 4シリーズ」のさらに詳細な写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る