ハイブリッド車「トヨタSAI」新デザインで発売

2013.08.29 自動車ニュース
「トヨタSAI」。傍らに立つのは、テレビCMのキャラクターを務める、女優の真木よう子さん。
「トヨタSAI」。傍らに立つのは、テレビCMのキャラクターを務める、女優の真木よう子さん。
    拡大

ハイブリッドセダン「トヨタSAI」、新たなデザインで発売

トヨタ自動車は、ハイブリッド専用車「SAI(サイ)」のデザインおよび仕様を変更し、2013年8月29日に発売した。

「トヨタ車の中で最大級」といわれるワイドなヘッドランプが、個性を主張する。
「トヨタ車の中で最大級」といわれるワイドなヘッドランプが、個性を主張する。
    拡大
リアのコンビランプも超ワイドに。パンパーのデザインも変更された。
リアのコンビランプも超ワイドに。パンパーのデザインも変更された。
    拡大
インテリア。センターコンソール各部の形状が新たなものに。
インテリア。センターコンソール各部の形状が新たなものに。
    拡大
カーオーディオの調節ノブはアルミ製。質感の向上が図られた。
カーオーディオの調節ノブはアルミ製。質感の向上が図られた。
    拡大

ハイブリッド車「トヨタSAI」新デザインで発売の画像 拡大

SAIは、2009年12月にデビューしたトヨタの4ドアセダン。「レクサスHS250h」の兄弟車にあたるハイブリッド専用モデルで、今回、内外装のデザインを中心に大幅な手直しが施された。

エクステリアは、超ワイドなヘッドランプやリアコンビランプなどで、すっかりイメージチェンジ。これまでのユーザーの中心だった「60代の子離れ層」だけでなく、そのジュニア層にまでアピールできるよう、先進感や高級感を表現したという。
これにあわせて、前後バンパーやボンネット、フェンダー、トランクリッド、アルミホイール(標準16インチ、オプション18インチ)のデザインも新しいものになった。

インテリアも、さまざまな手直しが施された。スキーのジャンプ台のように突き出たセンターコンソールをはじめ、基本的なレイアウトこそ変わらないが、エアコン吹き出し口やボタン&スイッチ類など細部のデザインはリニューアル。マウス感覚で扱える操作デバイス「リモートタッチ」にも、新たな意匠が採用された。オーディオノブに無垢(むく)のアルミ材を用いるなど、質感の向上も図られている。カラーリングは、赤系の新色「茜(あかね)」を含む、3色4種類。

機関については、基本的なメカニズムはそのままに、回生の制御をよりエネルギー効率の高いものに変更。アウトプット(エンジン:150ps、19.1kgm/モーター:143ps、27.5kgm)は据え置きとなるものの、低車高化(-10mm)を含む空力性能の向上とあいまって、燃費は21.0km/リッターから22.4km/リッター(JC08モード)へと向上した。

「スポーツドライブモード」が選べるようになったのもニュース。一方で、吸遮音材の増強や遮音ガラスの採用で静粛性が向上したことや、ボディーの強度アップとサスペンションの再チューニングによる乗り心地の改善なども、新型のセリングポイントとなっている。

価格は以下の通り。
・「S」:321万円
・「S“Cパッケージ”」:331万円
・「G」:382万円
・「G“Aパッケージ”」:421万円

(webCG 関)

→最新型「トヨタSAI」のディテールや発表会の様子は、こちらから

関連キーワード:
SAIトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • 15代目となる新型「トヨタ・クラウン」がデビュー 2018.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年6月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」を発売した。従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」といったモデル体系は廃止。2リッターターボ車と、2.5と3.5のハイブリッド車がラインナップされている。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る