外観一新、ボルボが2014年モデルを一斉発売

2013.08.27 自動車ニュース
2014年モデルの「V60」「XC60」と、ボルボ・カー・コーポレーション シニアセーフティマネージャーのヤン・イバーソン氏。
2014年モデルの「V60」「XC60」と、ボルボ・カー・コーポレーション シニアセーフティマネージャーのヤン・イバーソン氏。

ボルボ、デザイン一新の2014年モデルを発表

ボルボ・カー・ジャパンは2013年8月27日、「S60」「V60」「XC60」「V70」「XC70」「S80」の一部改良を実施。同時に「XC90」の仕様変更を行い、2014年モデルとして販売を開始した。

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のアラン・デッセルス氏(左)とヤン・イバーソン氏(右)。車両は2014年モデルの「V60」。
ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のアラン・デッセルス氏(左)とヤン・イバーソン氏(右)。車両は2014年モデルの「V60」。

外観一新、ボルボが2014年モデルを一斉発売の画像

今回の改良は、外装デザインの大幅な変更と、安全装備の強化が中心となっている。

特に安全装備については、「シティセーフティ」の作動速度を30km/hから50km/hに引き上げたほか、「ヒューマンセーフティ(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム)」に、新たに自転車を検知する「サイクリスト検知機能」を追加。同機能を「セーフティパッケージ」として、XC90を除く全モデルにオプション設定した。
またS60、V60、XC60の「セーフティパッケージ」および「アクティブベンディングデュアルキセノンヘッドライト」装着車に、新機構の「フルアクティブハイビーム」を採用した。このシステムは、カメラセンサーを利用して対向車のヘッドライトや先行車のテールライトを検知し、ヘッドライト内部のシェードを制御して光を部分的に遮光するというもの。対向車や先行車のドライバーにまぶしい思いをさせることなく、常にハイビームの状態で走行することが可能となる。

インテリアの仕様や装備も変更となっており、「XC90」を除く全車に、「Elegance」「Eco」「Performance」の3種類の表示を選択できるデジタル液晶メーターやピアノブラック調のシフトノブを採用。新たにステアリングホイールヒーターも設定した。

車種ごとの変更点は以下の通り。

 

手前から2014年モデルの「S60」「V60」「XC60」。
手前から2014年モデルの「S60」「V60」「XC60」。
「V60」
「V60」
ボディーカラーに新色のリッチジャバメタリックを採用した「XC60」。
ボディーカラーに新色のリッチジャバメタリックを採用した「XC60」。
インテリアでは液晶メーターの採用がトピック。シフトノブは、従来のクリスタルからピアノブラック調にデザインを変更した。
インテリアでは液晶メーターの採用がトピック。シフトノブは、従来のクリスタルからピアノブラック調にデザインを変更した。
一部の仕様には、サイドサポートの張り出したスポーツシートをオプション設定。
一部の仕様には、サイドサポートの張り出したスポーツシートをオプション設定。

■S60、V60、XC60

ラインナップを見直し、S60、V60に「T4 SE」、XC60に「T5 SE」を追加した。

デザインに関しては、フレームレスのワイドな大型フロントグリルや、大型化されたボルボのエンブレム、バンパーのLEDポジションランプ、新形状のボンネットなどの採用により、フロントマスクを一新。ホイールのデザインも変更したほか、S60、V60の「T6 AWD」とXC60の全グレードに、バンパー埋め込み型のデュアルクロムテールパイプを採用した。
さらにS60、V60ではリアバンパーのボディー同色部分を拡大。「S60 T6 AWD」には新デザインのトランクスポイラーを採用した。
またXC60では、これまで黒だったボディー下部をボディーカラーと同色に変更。T6 AWDのテールゲートにクロムトリムを採用したほか、全グレードでドアミラーの形状を変更した。
ボディーカラーも見直され、新色としてパワーブルーメタリック(S60、V60のみ)、リッチジャバメタリック(XC60のみ)、クリスタルホワイトパールとブライトシルバーメタリックが設定されている。

インテリアでは、S60、V60の「T4 SE レザーパッケージ装着車」とT6 AWD、XC60の「T5 SE レザーパッケージ装着車」とT6 AWDにスポーツシートをオプション設定。S60、V60のT4 SEとT6 AWD、XC60のT5 SEとT6 AWDにはパドルシフトを標準装備した。また、XC60には一部の仕様に新デザインのウッドパネルを設定したほか、T5 SEとT6 AWDのテールゲート開口部下部にはステンレスパネルを採用している。

仕様、装備も強化しており、安全装備では冒頭で紹介した変更のほかに、セーフティパッケージにレーダー方式の「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」や、前向き駐車の駐車場から出る際に車両の後方を監視する「CTA(クロストラフィックアラート)」、「LCMA(レーンチェンジマージエイド)を追加。XC60には「コーナートラクションコントロール」を標準装備した。

ラインナップと価格は以下の通り。

S60
・S60 T4:379万円
・S60 T4 SE:409万円
・S60 T6 AWD:539万円

V60
・V60 T4:399万円
・V60 T4 SE:429万円
・V60 T6 AWD:559万円

XC60
・XC60 T5:489万円
・XC60 T5 SE:529万円
・XC60 T6 AWD:629万円

 

「V70」
「V70」
「XC70」
「XC70」

■V70、XC70

前後バンパーやフロントグリル、ヘッドランプのデザインを変更。XC70には、ハニカムパターンのフロントグリルを採用した。また、ホイールのデザインも変更したほか、テールゲートには(V70ではテールライト下部にも)新たにクロムトリムを採用。ボディーカラーには新色のクリスタルホワイトパールとブライトシルバーメタリックを追加している。

インテリアでは、新グレードの「V70 T4 SE」を除くV70、XC70の全車にパドルシフトを装備。XC70には3スポークタイプの本革巻き/シルクメタルステアリングホイールを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

V70
・V70 T4 SE:479万円
・V70 T6 AWD:719万円

XC70
・XC70 T6 AWD:649万円

 

「S80」
「S80」

■S80

前後バンパーやフロントグリル、ヘッドランプのデザインを変更。ホイールのデザインも変更となったほか、テールゲートやテールライト下部にクロムトリムを採用した。ボディーカラーには新色のクリスタルホワイトパールとブライトシルバーメタリックを追加している。

また、19インチアルミホイールとスポーツサスペンションの組み合わせを無償オプションとして設定。新グレードとして、充実した仕様、装備が特徴の最上級モデル「Executive」をラインナップに追加した。

Executiveの専用装備は以下の通り。
・専用エンブレム
・パーフォレーテッドソフトレザーシート(フロント:ベンチレーション機能およびマッサージ機能付き)
・ウッドレザーステアリングホイール(4本スポーク)
・レザーダッシュボード
・クラシックウッドパネル
・サンブラインド(リアドアウィンドウ)
・リアシートヒーター
・専用フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

S80
・S80 T6 AWD:719万円
・S80 T6 AWD Executive:769万円

 

「XC90」
「XC90」

■XC90

ボディーカラーに新色のクリスタルホワイトパールを設定。盗難防止システムの「ボルボガードシステム(インテリアムーブメントセンサー付き)」を標準装備化した。

ラインナップでは、これまでパッケージ設定だった「R-DESIGN」をカタログモデルとして採用。また最上級グレードとしてExecutiveを新設定した。

Executiveの専用装備は以下の通り。
・専用エンブレム
・パーフォレーテッドソフトレザーシート(フロント:ベンチレーション機能およびマッサージ機能付き)
・専用フロアマット
・ウッドレザーステアリングホイール(3本スポーク)
・ウォールナットウッドパネル
・ウォールナットウッドシフトノブ
・リアシートヒーター(2列目)
・専用クロムドアミラーカバー
・新19インチアルミホイール”Galateia”(シルバーブライト)

ラインナップと価格は以下の通り。

XC90
・XC90 3.2 AWD:659万円
・XC90 3.2 AWD R-DESIGN:684万円
・XC90 3.2 AWD Executive:709万円

(webCG 堀田)
 

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る