外観一新、ボルボが2014年モデルを一斉発売

2013.08.27 自動車ニュース
2014年モデルの「V60」「XC60」と、ボルボ・カー・コーポレーション シニアセーフティマネージャーのヤン・イバーソン氏。

ボルボ、デザイン一新の2014年モデルを発表

ボルボ・カー・ジャパンは2013年8月27日、「S60」「V60」「XC60」「V70」「XC70」「S80」の一部改良を実施。同時に「XC90」の仕様変更を行い、2014年モデルとして販売を開始した。

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長のアラン・デッセルス氏(左)とヤン・イバーソン氏(右)。車両は2014年モデルの「V60」。

今回の改良は、外装デザインの大幅な変更と、安全装備の強化が中心となっている。

特に安全装備については、「シティセーフティ」の作動速度を30km/hから50km/hに引き上げたほか、「ヒューマンセーフティ(歩行者検知機能付き追突回避・軽減フルオートブレーキシステム)」に、新たに自転車を検知する「サイクリスト検知機能」を追加。同機能を「セーフティパッケージ」として、XC90を除く全モデルにオプション設定した。
またS60、V60、XC60の「セーフティパッケージ」および「アクティブベンディングデュアルキセノンヘッドライト」装着車に、新機構の「フルアクティブハイビーム」を採用した。このシステムは、カメラセンサーを利用して対向車のヘッドライトや先行車のテールライトを検知し、ヘッドライト内部のシェードを制御して光を部分的に遮光するというもの。対向車や先行車のドライバーにまぶしい思いをさせることなく、常にハイビームの状態で走行することが可能となる。

インテリアの仕様や装備も変更となっており、「XC90」を除く全車に、「Elegance」「Eco」「Performance」の3種類の表示を選択できるデジタル液晶メーターやピアノブラック調のシフトノブを採用。新たにステアリングホイールヒーターも設定した。

車種ごとの変更点は以下の通り。

 

手前から2014年モデルの「S60」「V60」「XC60」。
「V60」
ボディーカラーに新色のリッチジャバメタリックを採用した「XC60」。
インテリアでは液晶メーターの採用がトピック。シフトノブは、従来のクリスタルからピアノブラック調にデザインを変更した。
一部の仕様には、サイドサポートの張り出したスポーツシートをオプション設定。

■S60、V60、XC60

ラインナップを見直し、S60、V60に「T4 SE」、XC60に「T5 SE」を追加した。

デザインに関しては、フレームレスのワイドな大型フロントグリルや、大型化されたボルボのエンブレム、バンパーのLEDポジションランプ、新形状のボンネットなどの採用により、フロントマスクを一新。ホイールのデザインも変更したほか、S60、V60の「T6 AWD」とXC60の全グレードに、バンパー埋め込み型のデュアルクロムテールパイプを採用した。
さらにS60、V60ではリアバンパーのボディー同色部分を拡大。「S60 T6 AWD」には新デザインのトランクスポイラーを採用した。
またXC60では、これまで黒だったボディー下部をボディーカラーと同色に変更。T6 AWDのテールゲートにクロムトリムを採用したほか、全グレードでドアミラーの形状を変更した。
ボディーカラーも見直され、新色としてパワーブルーメタリック(S60、V60のみ)、リッチジャバメタリック(XC60のみ)、クリスタルホワイトパールとブライトシルバーメタリックが設定されている。

インテリアでは、S60、V60の「T4 SE レザーパッケージ装着車」とT6 AWD、XC60の「T5 SE レザーパッケージ装着車」とT6 AWDにスポーツシートをオプション設定。S60、V60のT4 SEとT6 AWD、XC60のT5 SEとT6 AWDにはパドルシフトを標準装備した。また、XC60には一部の仕様に新デザインのウッドパネルを設定したほか、T5 SEとT6 AWDのテールゲート開口部下部にはステンレスパネルを採用している。

仕様、装備も強化しており、安全装備では冒頭で紹介した変更のほかに、セーフティパッケージにレーダー方式の「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」や、前向き駐車の駐車場から出る際に車両の後方を監視する「CTA(クロストラフィックアラート)」、「LCMA(レーンチェンジマージエイド)を追加。XC60には「コーナートラクションコントロール」を標準装備した。

ラインナップと価格は以下の通り。

S60
・S60 T4:379万円
・S60 T4 SE:409万円
・S60 T6 AWD:539万円

V60
・V60 T4:399万円
・V60 T4 SE:429万円
・V60 T6 AWD:559万円

XC60
・XC60 T5:489万円
・XC60 T5 SE:529万円
・XC60 T6 AWD:629万円

 

「V70」
「XC70」

■V70、XC70

前後バンパーやフロントグリル、ヘッドランプのデザインを変更。XC70には、ハニカムパターンのフロントグリルを採用した。また、ホイールのデザインも変更したほか、テールゲートには(V70ではテールライト下部にも)新たにクロムトリムを採用。ボディーカラーには新色のクリスタルホワイトパールとブライトシルバーメタリックを追加している。

インテリアでは、新グレードの「V70 T4 SE」を除くV70、XC70の全車にパドルシフトを装備。XC70には3スポークタイプの本革巻き/シルクメタルステアリングホイールを採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

V70
・V70 T4 SE:479万円
・V70 T6 AWD:719万円

XC70
・XC70 T6 AWD:649万円

 

「S80」

■S80

前後バンパーやフロントグリル、ヘッドランプのデザインを変更。ホイールのデザインも変更となったほか、テールゲートやテールライト下部にクロムトリムを採用した。ボディーカラーには新色のクリスタルホワイトパールとブライトシルバーメタリックを追加している。

また、19インチアルミホイールとスポーツサスペンションの組み合わせを無償オプションとして設定。新グレードとして、充実した仕様、装備が特徴の最上級モデル「Executive」をラインナップに追加した。

Executiveの専用装備は以下の通り。
・専用エンブレム
・パーフォレーテッドソフトレザーシート(フロント:ベンチレーション機能およびマッサージ機能付き)
・ウッドレザーステアリングホイール(4本スポーク)
・レザーダッシュボード
・クラシックウッドパネル
・サンブラインド(リアドアウィンドウ)
・リアシートヒーター
・専用フロアマット

ラインナップと価格は以下の通り。

S80
・S80 T6 AWD:719万円
・S80 T6 AWD Executive:769万円

 

「XC90」

■XC90

ボディーカラーに新色のクリスタルホワイトパールを設定。盗難防止システムの「ボルボガードシステム(インテリアムーブメントセンサー付き)」を標準装備化した。

ラインナップでは、これまでパッケージ設定だった「R-DESIGN」をカタログモデルとして採用。また最上級グレードとしてExecutiveを新設定した。

Executiveの専用装備は以下の通り。
・専用エンブレム
・パーフォレーテッドソフトレザーシート(フロント:ベンチレーション機能およびマッサージ機能付き)
・専用フロアマット
・ウッドレザーステアリングホイール(3本スポーク)
・ウォールナットウッドパネル
・ウォールナットウッドシフトノブ
・リアシートヒーター(2列目)
・専用クロムドアミラーカバー
・新19インチアルミホイール”Galateia”(シルバーブライト)

ラインナップと価格は以下の通り。

XC90
・XC90 3.2 AWD:659万円
・XC90 3.2 AWD R-DESIGN:684万円
・XC90 3.2 AWD Executive:709万円

(webCG 堀田)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る