第2回:最強バージョンの実力に迫る ~シャシー カップ

これぞ絶品、名人芸 2014.02.12 特集 ルノーが放つホットハッチ「ルーテシアR.S.」に試乗。「シャシー スポール」に続いては、一段とスポーティーに仕立てられた「シャシー カップ」の素顔に迫る。

速さだけが目当てじゃない

前回からのつづき
シツコイようだが、私は普段、先代「ルーテシアR.S.」に乗っている。「構造からして専用のフロントサスを持つ先代モデルのほうが、エンスーなウンチクに富んでいる」とか「回頭性のビビッドさでは、今もって先代に軍配が上がる」、あるいは「同じ200ps級なら高回転型自然吸気のほうが気持ちいい」だの「デュアルクラッチ式ATがどんなにイージーで速くても、MTに萌える」などなど、あえて自分が乗る旧型(泣)にこだわる理由はいくつもある。

しかし、こうしてあらためて新旧ルーテシアR.S.に乗って、完膚なきまで敗北感にさいなまれるポイントがひとつだけある。それは乗り心地だ。

知っている人も多いかと思うが、私が乗る先代の日本仕様は、本国でいうソフトなほうの「シャシー スポール」(以下スポール)である。だが、新型ルーテシアR.S.と比較すると、新型のスポールはもちろん、硬いほうのシャシー カップ(以下カップ)でも、私の旧型スポールより乗り心地がいい。それも「ふと気づいてみれば……」といった微妙な差ではなく、圧倒的に新型のカップのほうが快適である。単純に目地段差などのいなしが豊かで潤いがあるだけでなく、とにかく上屋がフラットで動かない。
しかも直進性も雲泥の差。今回も新型のスポールとカップにたっぷり乗った後、自分の先代に乗ると、路面のちょっとしたワダチやうねり、目地段差で、いちいちフラついて、盛大に飛び跳ねるのだ。

前回もご登場いただいたロラン・ウルゴン(敬称略)にインタビューしたとき、新型ルーテシアR.S.の開発秘話について、彼はこんなことも語っていた。
「R.Sの開発でも当然ながら仕様書があります。そこには、いろんなポイントでの性能目標が書かれていますが、先代の仕様書には“乗り心地”の項目そのものがなかったんです。対する新型では、“乗り心地”の項目が付け加えられただけでなく、その優先順位が最上位のひとつになっていました」

先代ルーテシアR.S.でも、操縦性と乗り心地のバランス点は、今の目で見ても十分に高い次元にあると信じている。新型のほうが比べ物にならないくらいの高めにあるとしても……である。しかし、先代のそれは欧州のあらゆる路面での速さと楽しさを追求した結果の副産物でしかなかったということか。
対する新型は、当初から積極的に「乗り心地よく、そして速さも世界トップに」という二律背反を解決すべく開発されたわけだ。

 
「ルーテシアR.S.」の「シャシー カップ」。サーキット走行も視野に入れた、「シャシー スポール」よりハードな仕様のモデルである。
こちらは先代の「ルーテシアR.S.」。現行モデル(5ドアハッチバック)とは異なり3ドアのハッチバックで、ノンターボの2リッター直4エンジンを搭載する。
現行モデルの1.6リッター直4ターボ。近年の流行であるカバー類はなく、配管類はむき出しに。200psと24.5kgmを発生する。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る