フェラーリが488GTBを日本初公開

2015.05.14 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。


	本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。

フェラーリが「488GTB」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年5月14日、V8エンジンを搭載する新型ミドシップスポーツカー「488GTB」を日本で初公開した。価格は3070万円。

ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。
ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。
「488GTB」のインテリア。
「488GTB」のインテリア。
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。

■レースの技術を投入

488GTBは「458イタリア」の後継モデル。670psと760Nm(77.5kgm)を発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.0秒でこなす。最高速は330km/h以上。ターボチャージャーは摩擦低減やツインスクロール技術の採用などにより“ターボラグ・ゼロ”を実現したという。

ボディーデザインはフェラーリ・スタイリング・センターが手がけた。458イタリアと比べて大幅に改良された空力性能が自慢で、250km/h時のダウンフォースは325kg(458イタリアの50%増し)に達するとうたわれる。ボディー側面に設けられた大型のエアインテークは往年のミドシップスポーツカー「308GTB」を意識したもの。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。同氏は「伝統、パフォーマンス、革新が488GTBのキーワード。F1レースやさまざまな耐久レースにおける経験が生かされている」と語り、488GTBとサーキットの密接な関係をアピールした。

(webCG)

→「フェラーリ488GTB」のフォトギャラリーはこちら

関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 新型「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」日本上陸 2017.4.24 自動車ニュース アストンマーティンは2017年4月24日、フラッグシップモデル「アストンマーティン・ヴァンキッシュS」の新型を東京都内で披露した。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る