フェラーリが488GTBを日本初公開

2015.05.14 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。


	本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。
	拡大

フェラーリが「488GTB」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年5月14日、V8エンジンを搭載する新型ミドシップスポーツカー「488GTB」を日本で初公開した。価格は3070万円。

ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。
ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。 拡大
「488GTB」のインテリア。
「488GTB」のインテリア。 拡大
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。 拡大

■レースの技術を投入

488GTBは「458イタリア」の後継モデル。670psと760Nm(77.5kgm)を発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.0秒でこなす。最高速は330km/h以上。ターボチャージャーは摩擦低減やツインスクロール技術の採用などにより“ターボラグ・ゼロ”を実現したという。

ボディーデザインはフェラーリ・スタイリング・センターが手がけた。458イタリアと比べて大幅に改良された空力性能が自慢で、250km/h時のダウンフォースは325kg(458イタリアの50%増し)に達するとうたわれる。ボディー側面に設けられた大型のエアインテークは往年のミドシップスポーツカー「308GTB」を意識したもの。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。同氏は「伝統、パフォーマンス、革新が488GTBのキーワード。F1レースやさまざまな耐久レースにおける経験が生かされている」と語り、488GTBとサーキットの密接な関係をアピールした。

(webCG)

→「フェラーリ488GTB」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
488GTBフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る