フェラーリが488GTBを日本初公開

2015.05.14 自動車ニュース

本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。


	本邦初公開された「フェラーリ488GTB」。

フェラーリが「488GTB」を日本初公開

フェラーリ・ジャパンは2015年5月14日、V8エンジンを搭載する新型ミドシップスポーツカー「488GTB」を日本で初公開した。価格は3070万円。

ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。
ドライサンプの3902ccのV8ターボエンジン。670ps/8000rpmと760Nm(77.5kgm)/3000rpmを発生する。「458イタリア」比で100psと220Nmの向上。
「488GTB」のインテリア。
「488GTB」のインテリア。
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。
ボディーサイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm。ホイールベースは「458イタリア」と同じ2650mm。

■レースの技術を投入

488GTBは「458イタリア」の後継モデル。670psと760Nm(77.5kgm)を発生する新型3.9リッターV8ターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速を3.0秒でこなす。最高速は330km/h以上。ターボチャージャーは摩擦低減やツインスクロール技術の採用などにより“ターボラグ・ゼロ”を実現したという。

ボディーデザインはフェラーリ・スタイリング・センターが手がけた。458イタリアと比べて大幅に改良された空力性能が自慢で、250km/h時のダウンフォースは325kg(458イタリアの50%増し)に達するとうたわれる。ボディー側面に設けられた大型のエアインテークは往年のミドシップスポーツカー「308GTB」を意識したもの。

今回のお披露目式は極東地区における初公開イベントでもあり、フェラーリの極東エリア統括マネージングディレクターのディーター・クネヒテル氏が出席した。同氏は「伝統、パフォーマンス、革新が488GTBのキーワード。F1レースやさまざまな耐久レースにおける経験が生かされている」と語り、488GTBとサーキットの密接な関係をアピールした。

(webCG)

→「フェラーリ488GTB」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
488GTBフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 ターボエンジンを搭載する新時代のV8ミドシップフェラーリ、「488GTB」に試乗。今やピークパワーが670psに達した跳ね馬の自慢は、ここ一番の速さだけではなかった。日常をさらりとスマートにこなす、大人な振る舞いをも身につけていた。
  • 第62回:謎の快音マフラーふたたび(その1) 2017.10.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第62回は「謎の快音マフラーふたたび(その1)」。暑い夏を前に、いったん休んでいたフェラーリ話が復活! 筆者が“赤い玉号”に用意した、新たな戦闘力とは? マフラー作りに賭けるあの工房を訪ねる。  
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記