ウラカンの後輪駆動モデルを日本初公開

2015.12.16 自動車ニュース
本邦初公開された「ウラカンLP580-2」。2015年11月にワールドデビューを果たしたばかり。
本邦初公開された「ウラカンLP580-2」。2015年11月にワールドデビューを果たしたばかり。

「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデルを日本初公開

ランボルギーニ・ジャパンは2015年12月16日、「ウラカン」のラインナップに加わったばかりの新しい後輪駆動(RWD)モデル「ウラカンLP580-2」を日本初公開した。

メーカー公表の動力性能は、0-100km/h加速が3.4秒で最高速は320km/h。
メーカー公表の動力性能は、0-100km/h加速が3.4秒で最高速は320km/h。
「ミュゼオ・ウラカン」は青山通り沿い、スパイラルホールの隣で開催される。会場には「ウラカンLP580-2」のほか「ウラカンLP610-4スパイダー」など計4台が展示される。
「ミュゼオ・ウラカン」は青山通り沿い、スパイラルホールの隣で開催される。会場には「ウラカンLP580-2」のほか「ウラカンLP610-4スパイダー」など計4台が展示される。

■展示イベントで2016年1月まで一般公開

ウラカンLP580-2は、展示イベント「Museo Huracán - INSTINCTIVE, INSPIRING, ENJOYABLE TECHNOLOGY」(略称:ミュゼオ・ウラカン)の、報道関係者向けプレビュー&パーティーで公開された。

4WDモデルの「ウラカンLP610-4」と同じ5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載し、RWD車ならではの、運転する楽しさを重視した設計になっているのが特徴。最高出力は4WDモデルが610psであるのに対して580psに抑えられている。車両価格は2462万4000円。(関連記事はこちら)

展示イベント「ミュゼオ・ウラカン」は、2015年12月17日から2016年1月24日まで東京・南青山で開催される。「ウラカンLP580-2」のほか、オープンモデルの「ウラカンLP610-4スパイダー」やワンメイクレース用車両「ウラカンLP620-2スーパートロフェオ」など、計4台が展示される。

(webCG)

→ランボルギーニ展示イベント「ミュゼオ・ウラカン」の会場の様子はこちら。

関連キーワード:
ウラカンランボルギーニ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.3 試乗記 さらなるパワーを手に入れて「S」のイニシャルを得た「ランボルギーニ・アヴェンタドール」。740psまで高められた6.5リッターV12自然吸気ユニットと最新のシャシー技術によって、このフラッグシップスポーツの走りはどこまで研ぎ澄まされたのか。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」シリーズの頂点に君臨する「ウラカン ペルフォルマンテ」。640psまで強化されたV10エンジンをはじめ、エアロダイナミクスや軽量化など、同社が誇る先進技術が投入された“完全無欠のウラカン”の走りをサーキットで試した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記
  • フェラーリ488GTB(MR/7AT)【試乗記】 2017.9.22 試乗記