ウラカンの後輪駆動モデルを日本初公開

2015.12.16 自動車ニュース
本邦初公開された「ウラカンLP580-2」。2015年11月にワールドデビューを果たしたばかり。

「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデルを日本初公開

ランボルギーニ・ジャパンは2015年12月16日、「ウラカン」のラインナップに加わったばかりの新しい後輪駆動(RWD)モデル「ウラカンLP580-2」を日本初公開した。

メーカー公表の動力性能は、0-100km/h加速が3.4秒で最高速は320km/h。
「ミュゼオ・ウラカン」は青山通り沿い、スパイラルホールの隣で開催される。会場には「ウラカンLP580-2」のほか「ウラカンLP610-4スパイダー」など計4台が展示される。

■展示イベントで2016年1月まで一般公開

ウラカンLP580-2は、展示イベント「Museo Huracán - INSTINCTIVE, INSPIRING, ENJOYABLE TECHNOLOGY」(略称:ミュゼオ・ウラカン)の、報道関係者向けプレビュー&パーティーで公開された。

4WDモデルの「ウラカンLP610-4」と同じ5.2リッターV10自然吸気エンジンを搭載し、RWD車ならではの、運転する楽しさを重視した設計になっているのが特徴。最高出力は4WDモデルが610psであるのに対して580psに抑えられている。車両価格は2462万4000円。(関連記事はこちら)

展示イベント「ミュゼオ・ウラカン」は、2015年12月17日から2016年1月24日まで東京・南青山で開催される。「ウラカンLP580-2」のほか、オープンモデルの「ウラカンLP610-4スパイダー」やワンメイクレース用車両「ウラカンLP620-2スーパートロフェオ」など、計4台が展示される。

(webCG)

→ランボルギーニ展示イベント「ミュゼオ・ウラカン」の会場の様子はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ウラカンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.1.29 試乗記 パワーアップと軽量化によって、一段とどう猛に仕立てられた「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ」に試乗。2.03kg/psというパワー・ウェイトレシオを豪語する“荒ぶる神”を、いざ公道に解き放つ。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.7.28 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」の後輪駆動モデル「ウラカンLP580-2」に試乗。運転する楽しさの本質が追求されたこのモデルは、素晴らしく運転しやすくなった現代のランボルギーニの中でも“生粋のスーパーカー”といえる存在だ。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【試乗記】 2016.6.30 試乗記 ランボルギーニというと、とかくアバンギャルドなイメージを抱きがち。しかし、そこに込められた作り手の思いは意外や“古風”だ。車両の挙動を楽しませてくれる後輪駆動の「ウラカンLP580-2」は、クラシコの粋がわかるドライバーに薦めたい。
  • ランボルギーニ・ウラカンLP580-2(MR/7AT)【海外試乗記】 2016.5.24 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン」のラインナップに加わった後輪駆動モデルの「LP580-2」。運転する楽しさの本質を追究したというこのモデルの実力をサーキットで解き放った。オーストラリアからの第一報。
ホームへ戻る