トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売

2016.11.09 自動車ニュース
「トヨタ・ルーミー カスタムG-T」。ボディーカラーはレーザーブルークリスタルシャイン。
「トヨタ・ルーミー カスタムG-T」。ボディーカラーはレーザーブルークリスタルシャイン。

トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。

「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック。
「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック。
「トヨタ・タンクG“S”」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック。
「トヨタ・タンクG“S”」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック。
「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック×フレッシュグリーンメタリック。
「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック×フレッシュグリーンメタリック。
新開発となる1リッター直列3気筒ターボエンジン。98psと14.3kgmを発生する。
新開発となる1リッター直列3気筒ターボエンジン。98psと14.3kgmを発生する。

広さと使いやすさを両立

ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車。「ダイハツ・トール/トールカスタム」の姉妹車であり、トヨタはダイハツからOEM供給を受けて販売する。

ボディーサイズは、全長3725mm(タンクは3700mm)×全幅1670mm×全高1735mm。コンパクトでありながら広々とした室内空間、最小回転半径4.6mと小回りの利く取り回しがアピールされるほか、後部座席にはワンタッチオープン機能付きパワースライドドアを採用。パワーユニットは1リッター3気筒エンジン(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)に加えて、新開発となる1リッター3気筒ターボエンジン(同98ps/同14.3kgm)を搭載したパワフルなグレードも設定される。トランスミッションはすべてのグレードでCVTを採用する。そのほか、「X」「G」「カスタムG」以外のグレードには衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報機能などを備えた衝突回避安全システム「スマートアシストII」も搭載している。エクステリアでは、ルーミーは「品格と艶(あで)やかさ」を、タンクは「ダイナミックさとアグレッシブさ」を表現したとされ、それぞれにメッキ加飾や専用バンパーなどを装備したカスタムグレードも用意されている。

ルーミー、タンクとも同一のグレード構成となっており、そのラインナップと価格は以下の通り。

  • X:146万3400円(FF)/163万6200円(4WD)
  • X“S”:152万8200円(FF)/170万1000円(4WD)
  • G:162万円(FF)/179万2800円(4WD)
  • G“S”:168万4800円(FF)/185万7600円(4WD)
  • G-T:180万3600円(ターボ・FF)
  • カスタムG:177万1200円(FF)/194万4000円(4WD)
  • カスタムG“S”:183万6000円(FF)/200万8800円(4WD)
  • カスタムG-T:196万5600円(ターボ・FF)

(webCG)

→「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の様子を写真でリポート

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • ダイハツ・トール/トヨタ・ルーミー/タンク【開発者インタビュー】 2016.12.15 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場に割って入るべく、ダイハツが開発した「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。コンパクトなボディーに広い室内、また数々の便利な装備には、どんな気持ちが込められているのか。開発責任者の思いを聞いた。
ホームへ戻る