トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売

2016.11.09 自動車ニュース
「トヨタ・ルーミー カスタムG-T」。ボディーカラーはレーザーブルークリスタルシャイン。
「トヨタ・ルーミー カスタムG-T」。ボディーカラーはレーザーブルークリスタルシャイン。

トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。

「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック。
「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリック。
「トヨタ・タンクG“S”」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック。
「トヨタ・タンクG“S”」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック。
「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック×フレッシュグリーンメタリック。
「トヨタ・タンク カスタムG-T」。ボディーカラーはブライトシルバーメタリック×フレッシュグリーンメタリック。
新開発となる1リッター直列3気筒ターボエンジン。98psと14.3kgmを発生する。
新開発となる1リッター直列3気筒ターボエンジン。98psと14.3kgmを発生する。

広さと使いやすさを両立

ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車。「ダイハツ・トール/トールカスタム」の姉妹車であり、トヨタはダイハツからOEM供給を受けて販売する。

ボディーサイズは、全長3725mm(タンクは3700mm)×全幅1670mm×全高1735mm。コンパクトでありながら広々とした室内空間、最小回転半径4.6mと小回りの利く取り回しがアピールされるほか、後部座席にはワンタッチオープン機能付きパワースライドドアを採用。パワーユニットは1リッター3気筒エンジン(最高出力69ps/最大トルク9.4kgm)に加えて、新開発となる1リッター3気筒ターボエンジン(同98ps/同14.3kgm)を搭載したパワフルなグレードも設定される。トランスミッションはすべてのグレードでCVTを採用する。そのほか、「X」「G」「カスタムG」以外のグレードには衝突回避支援ブレーキや車線逸脱警報機能などを備えた衝突回避安全システム「スマートアシストII」も搭載している。エクステリアでは、ルーミーは「品格と艶(あで)やかさ」を、タンクは「ダイナミックさとアグレッシブさ」を表現したとされ、それぞれにメッキ加飾や専用バンパーなどを装備したカスタムグレードも用意されている。

ルーミー、タンクとも同一のグレード構成となっており、そのラインナップと価格は以下の通り。

  • X:146万3400円(FF)/163万6200円(4WD)
  • X“S”:152万8200円(FF)/170万1000円(4WD)
  • G:162万円(FF)/179万2800円(4WD)
  • G“S”:168万4800円(FF)/185万7600円(4WD)
  • G-T:180万3600円(ターボ・FF)
  • カスタムG:177万1200円(FF)/194万4000円(4WD)
  • カスタムG“S”:183万6000円(FF)/200万8800円(4WD)
  • カスタムG-T:196万5600円(ターボ・FF)

(webCG)

→「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の様子を写真でリポート

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーミーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る