第33回:ディーゼルLOVE(前編)

2017.03.14 カーマニア人間国宝への道

ディーゼルはすばらしい!

清水草一(以下 清):今回は、当連載にてこれまで延々と書き連ねてきた「ディーゼル愛」を総括すべく、同じディーゼル乗用車ユーザーである塩見 智君と対談しようというわけです!

塩見(以下 塩):ご指名いただいて光栄です(笑)。

清:塩見君は「ボルボV40 D4」だよね。いつ買ったの。

塩:去年の暮れです。

清:なぜまたV40に。

塩:今度の自家用車は全車速ACC付きのディーゼルにしようと決めてたんですよ。自動運転の萌芽(ほうが)を感じつつ、まだ買ったことのないディーゼルに乗ってみたくて。やっぱりディーゼルは速くて燃費がよくて、ロングドライブの多い我々にとってすばらしい選択じゃないですか。

清:すばらしいよね!

塩:ガソリンV8みたいなトルクを楽しんで、一日中走って軽油代4000円くらいでしょ? 多少の音や振動は我慢できますよ。

清:我慢できるね!

塩:で、条件を満たすクルマを探したら、ボルボV40になったんです。

清:いくらだった?

塩:車両本体価格399万円なんですけど、登録済み未使用車なので実質大幅値引きです。ボディーカラーは白か黒しかなかったので、色は妥協して、なんとか白内装を探しました。

清:うーん、やっぱり我々自動車ライターも、自家用車を買う時はシビアだね!

塩:そりゃシビアですよ~。

当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と、今回のゲスト、塩見 智氏。それぞれの愛車と一緒に。
当連載を担当するモータージャーナリストの清水草一氏と、今回のゲスト、塩見 智氏。それぞれの愛車と一緒に。
塩見氏が「ボルボV40  D4」を選んだ理由について興味津々の清水氏。現在は「ランチア・デルタ1.6ディーゼルターボ」ほか「フェラーリ458イタリア」「DS 3」を所有。

 

塩見氏が「ボルボV40  D4」を選んだ理由について興味津々の清水氏。現在は「ランチア・デルタ1.6ディーゼルターボ」ほか「フェラーリ458イタリア」「DS 3」を所有。
	 
モータージャーナリストの塩見 智氏。『NAVI』『Bagnole』編集長を経て、現在は当サイトのほか、『NAVI CARS』『GQ』等で活躍中。昨2016年末に「ボルボV40 D4」を愛車として迎えたばかり。

 

モータージャーナリストの塩見 智氏。『NAVI』『Bagnole』編集長を経て、現在は当サイトのほか、『NAVI CARS』『GQ』等で活躍中。昨2016年末に「ボルボV40 D4」を愛車として迎えたばかり。
	 
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ セダクション(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.23 試乗記 退屈なミニバンも、シトロエンが手がけるとこんなに楽しくなる。小田急ロマンスカーもかくやの前席視界を備え、シトロエン的発想に満ちた「グランドC4ピカソ」でショートツーリングに出かけた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る